FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

高機動型フリーリグ


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は近頃気になっているリグ。
「高機動型フリーリグ」のお話です。

このリグは、まだまだ追っかけの過程でして、

結果がそう言っている・・と言った 結果(釣果)面からの逆算で
認めている・・というか、認めざる終えない感じになっている・・

そんなリグなんです。

いつもなら ここから1年位は水面下で追っかけて、
探究~納得してから公開するのが 私の流儀なのですが、

今回はあえて勇者殿と情報を共有し、共に謎解きに挑もう!!
と、そう思う訳なんです。

なので、このページにて情報共有な次第です。



さて、高機動型フリーリグですが、
具体的には通常のフリーリグに1つのパーツ
IMGP4459.jpg
↑写真のシンカーの上側の棒状のパーツをプラスしたリグです。

このパーツは、FUJI工業から発売されている
遊動浮き用のジョイント
でして

ラインを通す穴にロッドのガイド等で使われる
超すべりが良いリング=SICリングが
装着
されているのが特徴です。

このジョイントを使うことで
〇シンカーの滑りが向上する事で
 通常のフリーリグよりも 更にシンカー~ワーム間が大きく開く


〇シンカーが シャフトを介して2ジョイントで運動する様になる事で
 通常のフリーリグとは異なるアクションが演出できる


という2つの特徴を生み出します。

つまり、通常のフリーリグより滑り性能が更に向上し、
アクションがシャフトとのジョイント効果で
通常とは異なるリグ
だと言う事です。


私の評価は 基本 懐疑的な部分からのスタートとなるので
このリグも 疑いの眼差しで使い始めたのですが、

「使うと、とりあえず釣れる」
と言う釣果的な結果から 認めざるえない状況
になりまして

IMG_20190819_225832.jpg
そこから使いこむに従って
よく理由は判らないが、「とにかく釣れる」

となり 今現在に至る・・といった次第なんです。


とにかく 通常のリグとは釣れ方が異なる といった評価でして
冷静な自分なりの分析を書かせていただくと

確かにフォールでのワーム~シンカー間のスラッグは大きいので
フォール&タッチダウン直後のバイトも多いと感じはするのですが、

圧倒的に違うのは
着底後の 誘いのアクションを掛ける時
ですね。

この誘いのアクションでのバイトは
違いを感じると言うか・・確かな効率を感じます。

どうなってバイトが湯発されているのかは
現時点では正直「???」なのですが、

とにかくボトムでの誘いのアクション
細かい連続ホップアクションでバイトが起こります。
それも高い確率で・・・です。


想像の外側で何かしらのギミックが働いている事は
想像出来るのですが、
今現在は何がキモになっているのかは判りません。

私が言えるのは 意味が判らない
=理解できる次元の外側
=まだ解き明かされていない何かがあると言う事
なので

そう言った意味で 私は可能性を感じている次第なんですね。


このジョイントシャフトは、正直 少し高価でして
懐疑的な気持が大きかった間は、

この値段出すのはチョット・・
と、私自身も思わないではなかったのですが、

現段階では、自分の分は大量に確保しよう!!
と素直に思えています。


客観的な分析として
それ位、自身が重要視しているんだと・・
そう言う認識なんですな。

正直、少しチャレンジに根性が必要なリグですが、
やって見る価値はあると、思いますよ。


この高機動型フリーリグに必要なのは、
棒状のタンクステンシンカー
私の現時点のベストアンサーは、

IMGP4487.jpg
ジャッカルのこの形状のシンカー
5g&7gがマストです。


フックは、何故なのか?
スイベルが何かを起こしているのだろうか?

よくわかりませんが、
この組み合わせで圧倒的に効率が伸びたと言う理由で

IMGP4486.jpg
ノガレスのリングオフセット #1 &1/0
との組み合わせがベストだと判断。

2/0以上でもOKですが、
出来るだけ小さめのフックを使用した方が
良い結果に繋ながる・・気がしてます。

IMGP44593.jpg
そして ベストサイズの↑SICジョイントシャフト 
これが必要となります。

このシャフトのSICの口径と形状でも
釣果に変化が見られましたので 
このジョイントシャフト選びも重要
です。

このパーツは、通常簡単には売ってません
なにせ、ルアー用品では無いので・・ですね。

今回、私の分を注文する序でがありますので
必要な方は一緒に取り寄せ可能ですよ。

サイズは、おまかせ下さい。
6~20lbsラインまでで最高のバランス
=私が使うモデルを用意
します。

価格は、1個 400円+消費税
チョット抵抗がある価格ですが
威力を体感したら 気にならなくなります。
なにせ 私がそうですので・・です(笑)。

必要な方は↓のフォームから注文下さい。
9月第1週のデリバリーで部隊配備可能です。




高機動型フリーリグ パーツ注文フォーム



珍しく スクランブルで実戦投下の 高機動型フリーリグ

使えば、きっと可能性を 感じてしまいますよ。
私も現在進行形で そうですので・・〈笑)。

是非、実戦で体感してみて下さいね。
ではでは。
スポンサーサイト
  1. 2019/08/21(水) 16:45:41|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

今週の営業予定は・・・

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、今週の営業予定のお知らせです。

今週の営業予定は、
19日(月) 所用で臨時休業させていただきます。
20日(火) 終日外仕事です。 臨時休業させていただきます。

21日(水) 通常通り営業
22日(木) 定休日
23日(金) PM3:30分開店
24日(土) 通常通り営業
25日(日) しのはらカップのお手伝いです。臨時休業させていただきます。

と、言った営業予定となってます。

今週は水、金 土曜日のみの営業となります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

ではでは。
  1. 2019/08/18(日) 16:19:24|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

MOVE Power-Slot 勇者募集 開始!!


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

お待たせしました。

MOVE c-フラットカスタムシリーズの 重火器対応モデル
「POWER-SLIT」(パワースロット)
の限定生産勇者募集 只今より開始です。



MOVE C-FLAT COUSTOM
  POWER-SLOT(パワースロット)基本スペック

レングス: 7.3FT+ (218cm)
ブランク: CSグラスチューブラー+チタンワイヤーブレーディング


IMGP2598_2018080117500937f.jpg
グリップ
ECS16/KNリールシート
+EVAストレートグリップ(シェイプド)+EWBC

(フォア=8cm リアグリップ=30.5cm)
IMGP2600.jpg
ガイド 
オールチタンSIC
TOP6mm バット8mm Kガイド ナローセッテイング

今回の生産は 25本限定
価格は、 49500円(税込み) です。
 
ご注文希望の皆さんは↓の
注文フォームよりご注文よろしくお願いします。



MOVE C-フラットカスタム パワースロット 注文フォーム

因みに
納期は、予約順で 9月第1週より納品開始予定です。


IMGP2544_2019081119101347a.jpg
MOVE Cフラットカスタム POWER-SLOT

この トルク と、繊細 が融合した
広い守備範囲を持った トルク型グラスロッドは、

使いこなす事で 多角且つ攻撃的な運用を可能とします。
是非、実戦で パワースロットの真価を 体感下さい!!。

この機体を乗りこなしていただける 勇者の皆さんの名乗り
心よりお待ちしておりますね。

ではでは。
  1. 2019/08/16(金) 21:00:00|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

巨大空母級浮上!! 台風一過のあるある です!!



みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、ケロケロ特戦隊の若人と演習の予定だったんですが、
台風一過 と言う事で延期となりまして・・

ならばと 遅めの時間からのショートタイムで
一人ケロケロ攻略戦 展開でございました。


今日は、台風一過 と言う事で
状況は「急変」が折り重なった状況。

こういう「変化」 が色々な方向から重なると
大抵の場合 乗る反る=ゼロか100か?的な
攻略を強いられます。

更に、今日は ここ数回の攻略の反省を含め、
ここ数回の 確率論的戦術 を捨て

あえて茨の道を行く 方向で
突き進んでみたので

「限りなくゼロ だけど1発出れはホームラン!!」的な
そんな攻略戦となった次第です。


まぁ・・結果的に
2時間半 状況合わせに迷走して
残り30分で 納得のエリアに たどり着き
そこで 僅か1回のヘッドアップを引き出したのでして、

その1発が、真芯を捉えたホームラン!!
=空母級浮上!! と、なった訳です。

ネットインした直後
「よく真芯で捉えた!! 俺 」と、
自分自身で 自分を褒めた事は・・・
想像に おまかせします(笑)。

IMGP4476_2019081617500972b.jpg
因みに・・
今日 真芯を捉えたのは
↑ブロンズアイポッパーのシェルが薄く柔目の機体。

ここんとこ ブロンズ蛙 がパターンとなる時は
この薄軟いモデルか 厚柔い機体(2018モデルのグリパン)
のどちらかが良い仕事をしてくれてる感じなんですよね。


ともあれ、シビれた1発でしたね。
やっぱ空母クラスは、充実感が違います!!。
いやはや 満足 満足。

「台風一過で 1発当てると こうなるよね!!」的な
攻略戦でございました。

ケロケロ最高!! ブロンズ蛙最高!!

ではでは。



 
  1. 2019/08/16(金) 16:34:11|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

カゼニモマケズ・・ケロケロ演習


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は・・と言うか 今日もケロケロ演習。

何故に?・・ですか?
シーズン本番だから ですよ(笑)。

今日は、強風下のケロケロ演習だったので
地形と方向を加味した作戦計画を立て遂行しないと
釣りにならない可能性大。

と言う事で 地形逆算からエリアを選定し、
ショートレンジ攻略を軸に作戦を展開でした。

風の影響を受けない事を考えれば
まずショートレンジでのアプローチ・・これ大事。

そして、更に重要なのは
アプローチして数秒後には 風に流されてしまう事の解決。

これは、キャスト&1アクションの魔術師
IMGP4453.jpg
ボビー蛙の登板で解決なのであります。


風速はスタート時から既に 5mは軽くブッちぎってましたので・・
それでも 遅めの朝から 正午くらいまでは
何とかケロケロ攻略を展開。

そんで、いよいよ難しくなってきてたので
ストップフイッシングまでの残り1時間で Bプラン発動!!
IMGP4459.jpg
↑フリーリグ+旧ベビーブラッシュの
カバーアプローチ戦術へ移行です。

基本、フロックに対するミスバイトがあった点に絞って
再度時間を開けた状態で 打ち直す戦術で挑みまして

IMGP4458.jpg
同じ位置から 絞り出して行った・・そんな展開でした。

複数のほぼ同じ位置から 複数をカウント出来たので
フォローとして運用できてる感 に満足度↑なのでありました。

まぁ・・本来なら蛙のミスは蛙で・・が基本なのですが、
攻略困難につき、今回は良し!! です。

そんなこんなで
風にあらがってみた ケロケロ演習でございました。

ではでは。
  1. 2019/08/14(水) 23:55:03|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0
次のページ