FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

水面に蓋が掛かった早朝・・そんな攻略戦


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、早朝より数時間バスリバーで攻略戦展開でした。

今日の攻略戦は、夏の朝・・・と言う事で
TOP軸からの攻略展開をイメージ。

昨日、久々の夕立による 若干まとまった降雨があった事を考えても
期待値は大きく膨らむ訳です。

6時半現着。
さてさてと、フィールドを観察して見ると

水位=チョイプラス・・・GOOD!!
水温=29.8・・30をギリ下回っているのでGOOD!!
水質は・・・一面 膜を張ったような粉吹き状態・・BAD!!

と言う事で、最後の水質が全てを台無しにしてくれたな これは・・・
といった判断に 朝一発目から 至る訳です。


温かいシーズン(春~秋)に 久々雨が降ると どうしてなのか?
この状況 起こりますよね。

河川での あるある ではあるのですが・・
泡 ならまだしも 膜は・・ ですね。

今日のフィールドは いわゆる 水面に蓋が掛かった状態。
この薄膜が張ると 水面を割らない(TOPに出ない)状況に陥るのは多々。

故に TOP軸で・・という当初の計画は 必然的に再構築となる訳です。


とは言っても 実際引いてみないと・・
粉吹き状態は幻かもしれませんからね。

と言う事でパタクロからスタート。
そして30分後 TOPで・・という計画は捨て
素直に状況に向き合う事にした訳です。

この状況になると バスは、基本日光の到達レンジ付近にサスペンド。

浮いているけど 水面には出難い・・と言うか
30分引いた感じでは出ない と言って良い状況。

と言う事で 攻略レンジは バスのサスペンドラインより上
そして水面から約10センチより下の範囲内 と、言うことになります。

このレンジを バスを振り向かせる事のできる波動を持った存在 で攻略
これが 今日の早朝に軸となる機体に 課せされた条件だと言えます。

そんな条件からの逆算で 私が選ぶのは、
IMGP2705.jpg
スピナーベイト・・と、言うか SR-MINI です。

経験からの逆算なんですが、
水面がいきなり 薄い粉を吹いたら SR-MINI。

夏=高水温期 特有の
TOPで釣らなければならない位 ルアーを見るターゲットを
水面を活用しない=高解像度で分析されてしまう状況で・・

と、なると 答えは 形を持たない存在↑に 落ち着きますよね。


そんなこんなで、
SR軸で 急遽再構築した攻略プランは、
「SRのギミックを活用した喰わせ方向での波動合わせ」

1/2OZを基準とし(サスペンドラインからの逆算)
リアブレード№3 1/2(ノーマル) と リアブレード №3(カスタム)
をローテーションしながら 反応を確認し、喰う波動を検索。

そこから ブレードカラー、スカートカラーの順で ローテーションし、
確率追求をして行く と言うもの。

IMGP2694.jpg
この戦術に移行すると 15分くらいで↑本日のファーストフイッシュが
軽めのバイトで お出迎え してくれまして、ビンゴ!!。

そこから 更に絞り込んでいく事で
〇 リアブレード№3 1/2(ノーマル)
〇 ブレードカラー=シルバー
〇 スカートカラー=ホワイトチャートリュース 

と言った結論で まとまった次第です。

そして最終確認で残り数十分の時間を使って
ワームでスローな展開を確認しましたが ノーバイト。

そして やっぱSRなんだな・・と、変に納得なのでございました。


今日の攻略戦は、
残念ながら TOPでは楽しめませんでしたが、

プラン変更で挑んだ割には
コンスタントにカウント出来ましたので
楽しかったですね。

また 近々に参戦です。

ではでは。



スポンサーサイト
  1. 2018/08/14(火) 17:20:09|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

バスリバーで真夏攻略


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、午前中の時間を使ってバスリバーへGO!!。
真夏のリバー攻略を満喫でございました。

今日の水温は30度。
水量は少なめ そして減水傾向 といった
夏としては あまり良くない状況の組み合わせ。

午前中縛りと言う事もあって
両極端なスイッチフイッシングで 今日と言う日を紐解いた次第です。

今日の状況を早いタイミングで教えてくれたのは、
↑冒頭のバスさん。

IMGP2675.jpg
沖の地形変化の上を通した バタクロに
小さくカシュと出た1本でした。

この1本で、水通しの良い沖の地形変化に
バスが回遊している事を悟りまして、

カシュと小さく出た=垂直に上がってきた事から
バスのサスペンドポジションは深め
と言った可能性を理解でした。

このポジションを把握した後に

もう1つの可能性
=水通しの良いチャンネルのショアカバーを
IMGP2678_20180810195953230.jpg
ブルフロー+」20ポンド+ジカリグ(リーダーレスダウンショット)
でチエックし、

沖に伸びた・・と言うか
ショアから少しだけ沖にオフセットしたカバーの最も沖側から

IMGP2673_20180810195950a73.jpg
パワフルな筋肉質系のバスさんを引き出し キャッチ。

2つ目の可能性を発見なのでありました。


ここからは、この2つの可能性から
より有効だと判断できるポジションに絞り 攻略を進めていきます。

私の判断は、沖の地形変化に付く(回遊する)バス
これを メインのターゲットとして攻略すると言うもの。

何故なら、TOPに出てきた=バスが動ける状況だから・・
と、いった判断です。
 
そして 駄目だった場合&時間経過で渋くなったら
岸のカバー といった 一応バックアップも考えて

残り時間、沖の地形変化&インビジブルストラクチャー(大岩、ゴロタなど)
を中心に、攻略といった行動で攻略を進めました。

結果、本日の作戦終了時間 AM11時まで
バックアップに移行する事無く

IMGP2679_20180810195955a04.jpg
ジカリグ+↑の2種類(旧ベビーブラッシュ&ドンキーブー)
のローテーションで 沖の厳しめの地形を 攻め続け

コンスタンスにブルフローを曲げて行った・・
そんな攻略戦でございました。

モヤッとした感覚なんですが、
沖の地形攻略にも 意外にジカリグ有効なんですよね。

食わせれると言うか アクションで魅了できると言うか・・
なんか、カバーのぶら下がりバス攻略だけで
今まで評価してましたが、

何か気付けて無いギミックが そこに眠っているような・・
そんな感覚を感じています。

食わせのジカリグ・・
探求する価値ありそうです。

そんな可能性を感じた 灼熱のバスリバーでした。

そんなこんなで 暑さ対策を万全に
ここから更に 夏を楽しんで行きましょう!!

ではでは。


  1. 2018/08/09(木) 20:00:06|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

蛙の部隊編成 2018夏


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

近頃 問合せを頂いてる関係で、
今日は、2018年度の 我が隊の部隊編成について
書かせていただこうと思います。

IMGP2665.jpg
2018シーズンの1軍BOXです。

上の段が カバー奥で 着水&1アクションでバイトに持ち込むモデル
(2アイテム)
下の段が 影の中で動かしてバイトに持ち込むモデル
(2アイテム) です。

具体的には、
IMGP2654.jpg
ボビー蛙・・これに関しては書かなくてもOKですよね。
着水音でバイトに持ち込む王道的存在です。

IMGP2658.jpg
次に 昨年からお世話になってます
スナッグプルーフ社の ポッパーフロッグ。

ブサイク で 古っぽいディテールですが、
モデルとしては新しい存在でして

IMGP2659.jpg
異常なまでのシェル(蛙の皮)が柔らかい
と、言う特徴を最大評価してまして

〇ボビーと同じく着水音でバスの捕食スイッチを入れる事が出来る
 数少ない存在。


〇虫系のバイト=甘噛みのバイトに対して最大能力を発揮してくれる

この2点を評価して 一軍に採用されている存在です。

ちなみに、生産時期でアクションが変化してまして
IMGP2660_20180807192516a65.jpg
お尻シンカーが入ってないタイプ(写真左) 
と、入っているタイプ(写真右) の2種類でローテーション

を 基本として1軍に配備です。



続いて影の中で動かすタイプ。

これは、経験上 着水音重視・・つまりシェル(蛙の皮)の共振が最も重要で
この条件が大前提である上で、


〇動かし難いけど 動かすと何故だか水柱が上がるタイプ
〇最高に動かし易いタイプ
の2系統で布陣を構成しています。

動かし難いけど 動かすと何故だか水柱が上がるタイプ
としては、
IMGP2655.jpg
ブロンズアイPOP。
近頃 最もお世話になってるモデルです。

お世話になっている関係で 現在3つの仕様で部隊を構成。
(通常は2仕様で基本構成してます。)

IMGP2656.jpg
シリーズ中 最もジェルが柔らかい 2年前に生産された↑のカラー

そして、使える範囲内で 最も共振が早い皮を持った
昨年生産モデルの グリーンパンプキン(写真右)


と、その中間的存在の1色(写真 真中) 
の 基本性能が異なった 3つの仕様で構成しています。

因みに、
IMGP2657.jpg
↑皮の弾性=共振の違い
カップは同じ用に 蛙軟膏で補強してますが、
補強後でも ↑この位 シェルの張りが異なります。

このシエルの硬さ&張り は水の共振に幅を持たせる
といった考え方で このタイプに水柱が集中するシュチエーションでは
3つを回して 更に深いシンクロを模索しています。

そんでもって、最後の1アイテム
最高に動かし易いタイプは、
IMGP2662.jpg
ブロンズアイのスピットシャッド60

このモデルは、圧倒的に動く機体でして、
シェルの硬さ=水押し=波動の強弱 といった観点で
シェルの柔らかい、硬い(使える範囲内で・・)で2アイテムを布陣
です。

IMGP2663.jpg
因みに このモデルは カップ部分の水の受け方(硬さ)で
アクションのレスポンス(速さ&スライド幅)が変化する
ので

蛙軟膏のカップ部分に対する補強の ある&なし で
バリエーションに幅を作って運用・・・これが基本となります。



以上が、2018年度の 我が蛙小隊の1軍登録機体達 です。
これ意外にも 数機有望株が登録してますが、

この機体達に関しては、時が満ちれば・・と言う事で。

2018年度の1軍構成
皆さんの小隊構成の 参考にしていただければ 幸いです。

そんなこんなで ここからいよいよ 蛙シーズン本番。
乗り損なう事無く 腹一杯楽しみましょう!!。

ではでは。


  1. 2018/08/07(火) 20:29:55|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

パタな早朝


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今朝は、いろいろなテストのモデルの確認業務で
バスリバーに出船でした。

確認業務自体は2時間半位あれば完了できる
という部分からの逆算で 予定より2時間早出。

早い話、テスト終ってだと灼熱になるかもしれないので
逆に早く出て 2時間釣りをしたかった・・と言う事です。

そんな理由で6時には出船した今日のバスリバー。
朝の時間で2時間ほど 夏の朝を感じてみました。


今日のバスリバー。
本当は、快晴という事もあり 蛙軸かな・・
なんて予想してたんですが、

蓋を開けてみると 蛙は 甘噛み 状態のバイトしかなく
イマイチでしたね。

バスのレンジが多分深いのだと思います。

そんな予想からの導きで
今日の私を笑顔にしてくれたのは
IMGP2651_20180806194413e3b.jpg
パタクロさん・・正式名称 2.5DC。

この機体に変えると 水柱が立ってましたんで
その反応の違いを見ても 今朝はパタクロだったんだと
そんな判断です。


前回よりも更に3度水温が上昇してたし、

水の透明度はGOODなんですが、
土のアクが異常なほど川面に浮いていたんで

バスがカバーより水通しに執着し、
沖に出た分 レンジにストイックになってたんでしょうね

ともかく、今朝は パタクロさまさま そんな攻略戦でした。

土のアクが消えれば蛙もアリだと そう確信できるので
近々に 今度は 蛙でリベンジです!!。

ではでは。






  1. 2018/08/06(月) 20:01:18|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

MOVECフラットカスタム POWER-SLOT 受付開始!!です


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

お待たせしました。

MOVE C-FLAT COUSTOM
POWER-SLOT(パワースロット) 
テストリリースの受付 只今より開始です。


MOVE C-FLAT COUSTOM
  POWER-SLOT(パワースロット)基本スペック

レングス: 7.3FT+ (218cm)
ブランク: CSグラスチューブラー+チタンワイヤーブレーディング


IMGP2598_2018080117500937f.jpg
グリップ
ECS16/KNリールシート
+EVAストレートグリップ(シェイプド)+EWBC

(フォア=8cm リアグリップ=30.5cm)
IMGP2600.jpg
ガイド 
オールチタンSIC
TOP6mm バット8mm Kガイド ナローセッテイング

価格 48500円(税込み)


パワースロットのご注文は↓の注文受付フォームよりよろしくお願いします。


完売しました。
ありがとうございました。



納期は、予約順で 8月第3週より納品開始予定です。

マグナムクランキング ファンクション POWER-SLOT
是非、皆さんの部隊への導入 前向きにご検討下さい!!。

みなさんからの お問合せ 心よりお待ちしております。

ではでは。

  1. 2018/08/05(日) 15:00:00|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0
次のページ