FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

JA-K125 MD インフォメーション

IMG_20191212_194148.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

いよいよ 満を持して実戦投入される新鋭機
FCL-LABO社 JA-K125MD 
のインフォメーション お届けです。


IMG_20191214_113639.jpg
JA-K125MD
全長    125mm  
潜行深度 1.5m~2.5m+α
レート   スローフローティング
素材    発泡ウレタン


JA-K125MDは 発泡ウレタン製のジャークベイト

シリーズの最大モデル125ミリをベースに
特殊なスコップリップを搭載し 更にバランスを再構築する事で
2.5m+αを攻略可能とした ミッドダイバーモデル
です。

使用感的には 
ミッドダイバーで、大きなリップを搭載しているので
アクション抵抗が大きなイメージを抱いてしまいますが、

実際には DEF-TEXで普通に使える位の抵抗値。
通常の125よりほんの少し重い位の感じです。


潜行姿勢は ほんの少し頭を下げた姿勢

最大水深到達後&ストップモーション時には
前側のラインの抵抗で平行姿勢になるように
設定
されています。

JA-Kシリーズの真骨頂
発泡ウレタン製ジャークベイトの特徴の
アクションのキレ、水押しの強さ、
そしてストップモーション時の”ゆらぎ”は完全継承
されており、

他のJKシリーズと同じく、
高い次元での演出が可能となってます。

IMGP4702.jpg
125MDの機体特徴

125MDは、
リトリーブ&ロングジャーク においては、
アクションしながらグングンと潜行
し、

ショートジャーク (トゥイッチ) では、
水を逃がし 左右に激しくトリックダート
を繰り出します。

レンジをプラスしたい時は、リトリーブ&ロングジャーク
レンジをキープしたい時はショートジャーク
そしてレンジアップしたい時は縦方向のジャーク


この3つのアクションを意識しながら織り交ぜる事で
1.5m~2.5mのレンジコントロールが可能となります。


又、スローフローティング仕様のボディにウエイトシールを貼る事で
簡単にサスペンド仕様にする事が可能


サスペンド設定にする事で 
2.5m以深のレンジ攻略も可能となります。
IMG_20191212_194408.jpg

基本サスペンドレンジが深めで推移しやすい 早春のリザーバー
クリアーアップした状態の河川
又、気圧が上がった日中攻略

ノーマルレンジのジャークベイトだと
攻略が限定的になってしまう状況で 是非投入してみてください。

又、短い距離で使う事で
短い距離で目標水深に到達する形での
1.5m前後の水深攻略も可能
となりますので、

リザーバーの岩盤エリアや、
オーバーハングしたショアラインの攻略等にも
活用価値 大 ですよ。


JA-K125MD カラーチャート
IMGP4695.jpg
シルバーシャッド
シルバーホログラムボディ ホワイトベリー
反射系の基本色です。

IMGP4696_20191214162332041.jpg
キンクロ
ゴールドホログラムボディ オレンジベリー
水深を稼げるモデル故に 意味のあるカラーです。

IMGP4697.jpg
マイカクラウン
フラットシルバー(金属マイカ)+ホワイトベリー仕様のクラウンです。

柔らかいフラッシュは、ホログラムとは別腹で
必要な 必須カラーです。

IMGP4712_20191214162335bc2.jpg
BXLフラット
お馴染み BXLカラーの金属マイカVer。
ハーフフラッシュのマイカボディ+オレンジベリー
店主萌えのカラーですな

以上4色を 今回用意しました。

準備数は、
初回生産が60機(各色15機)=12月21日(土)より納品開始
第2回生産で60機(各色15機)=2月中旬納品予定。
計120機 を 準備。

※本来は、初回の60機のみだったんですが、
 FCLさんのご好意で 増産していただける事となりまして
 合計120機 を確保できた次第です。
 ありがとうございました。


価格は、1機 2700円+消費税 です。

攻略戦は、12月16日(月) 開始。

21:00に アップされます プログ内の注文フォームより
完全早いモン勝ち にて受付です。


各色15機までが 初回分として
12月21日(土曜日)より納品開始。


残り15機(16機~30機まで)は、
2020年 2月中旬納品対応
となります。


IMGP4720.jpg

いよいよ 実戦投入される
実績に裏打ちされたJKシリーズの
唯一のミッドレンジ攻略モデル 125MD。

常時入手困難な JKシリーズ ですので
確保できる時に 予備まで含めた確保を お勧めします。

そんなこんなで 決戦は 月曜日!!

ではでは。





スポンサーサイト



  1. 2019/12/14(土) 16:24:37|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

テネシー吉田 ver2019 出撃準備完了!!

IMG_20191105_204758.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

吉田さん家のクランク工房の総帥 まこっちゃん に
特注で頼んでました

テネシー吉田ver2019
が、本日 ロールアウトでこざいました。

今回ver2019モデルは、
無骨にてシンプル をコンセプトに 
バルサボディで、あえて角ばったディティールを採用

装甲も極限まで薄くする事で 更に高機動型に新化させた
そんな テネシー吉田オリジナルベースの 特注機です。

判りやすく言うと、 
店主が欲しいモデルを純粋に追求してもらった
そんなカスタム機体
ですな。

厚リップ×バルサボディのみが作り出せる
独特の ブレを有したタイトバイブレーティングアクション
を 是非フィールドを介して体感下さいね。


IMG_20191105_204725.jpg
テネシー吉田 ver2019
ボディ 53mm(リップは除く)
ウエイト 約7g
     (フック無しの状態:フック装着時で8~9gだと考えてください。)
ボディ バルサ製
潜行深度 1.2~1.8m
      (装着フックの大きさ:重さ で大きく変わります。)

今回のカラーラインナップは
IMG_20191105_204842.jpg
ブルーチャートリュース

IMG_20191105_204610.jpg
ホワイト ホートン

IMG_20191105_204822.jpg
レッドシャッド

の3色を用意。

配備数は今回・・と言うか今期の配備分として
60機(3色×20機) を用意しています。

価格は、1機 2800円+消費税
※フック無しの状態での販売となります。

攻略戦は、
11月10日(日)21:00 から開始。

21:00にアップするブログ内の 注文受付フォームより
完全早いモン勝ちの 売切れ御免スタイルで 展開です。


正直に入手困難なレア機体ですので、この機会に是非!!

攻略戦の参加 前向きに ご検討下さいね。
皆さんの参戦 心よりお待ちしております。

そんなこんなで 決戦は日曜日!!。

ではでは。
  1. 2019/11/07(木) 21:00:05|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

Zドロップワーム 2段仕込の「呼び戻し」方法は・・

IMG_20191001_202321.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、絶賛部隊配備中のZドロップワーム「二段仕込み」の活用法
「呼び戻し」について解説です。

今回のZドロップは 通常状態で、
初夏~初秋での使用に対してベストになるように
表面加工(波動)を調整
してあります。

つまり、秋が深くなったタイミング
&早春~アフタースポーンでの使用に対しては、
ベストではない設定
と なっている訳でして

なので、
その時期に合った 表面加工(波動)へとチューニングする事が
120%で使用する為には 重要
となります。

今回は、この晩秋&早春~アフター時期に対応する為の調節法
2段仕込の「呼び戻し
」ついて 解説でございます。


Zドロップは、通常状態(パッケージに入っている状態では、

IMG_20191019_180320.jpg
乳液状の液体に浸かった状態になっています。

晩秋~初秋・・つまり水温が高い状況では、
このままの状態で使用する事が ベストです。


経験からの逆算で 波動が 強すぎず 弱すぎないと言った
絶妙なさじ加減に調整
してありますので
基本はそのまま使ってください。

上記の時期にベストな設定 と言う事は、
それ以外のタイミング=晩秋&早春~アフターのタイミングでは、
ベストでは無い設定
と言う事。

この時期での使用に対しては 波動の調整が
ベストを追求する為には 必要と
なります。

この調整方法が 「呼び戻し」です。

この呼び戻しによって
晩秋+早春~アフター 更に ターンオーバー等の
著しく活性が落ちたタイミング
において

120%の力を発揮する設定へと
波動をシフトすることが可能となります。

又、初夏~秋のタイミングでも
活性が一時的に落ちた状況下では
呼び戻した機体は、有効な対応機体
となりますので

1パックだけ 呼び戻しておいて
ローテーションで活用する等、有効活用が可能です。

是非 試して見てください。


「呼び戻し」方法
IMGP4677.jpg
用意するもの 
ミネラルウオーター<ベスト)
※水道水でも可 池の水等は×

IMGP4678_20191019164947244.jpg
パックに ミネラルウォーターを おおさじ2~3杯入れる
そして軽く2~3秒揉む

IMGP4681.jpg
揉み終わったら 直ぐに 中の水を捨てる

IMGP4683_2019101916495098c.jpg
捨て終ったら 再度 おおさじ1敗 水をパックに入れる

チャックを閉めて 一晩おくと
呼び戻されて 表面がザラザラに変化
します。

IMG_20191019_113411.jpg
↑写真の状態になれば 呼び戻し完了。
晩秋&早春~アフターに対してベストな 波動に 移行完了です。


呼び戻し は、Zドロップ2段仕込 を120%活用する為に
有効なテクニックですので 是非 活用下さいね。

ではでは。

  1. 2019/10/21(月) 08:00:15|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

Zドロップワーム 2段仕込 インフォメーション

IMGP4670.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

先月末まで秘密だった・・そんな存在

ZBC Zドロップワーム 2段仕込 
の インフォメーション お届けです!!。


Zドロップワーム 2段仕込

このワームは、ZBC社の Zドロップワームの
表面に特殊加工
を施す事で
Zドロップの性能を増強した 改モデル。

波動を理想に近い形へ調整し、
更に 体液誤認効果を増強
そして、味、臭いをプラする事で

Zドロップを最適化した チューニングモデルです。

この二段仕込み加工は、
IMG_20191001_201439.jpg
流通しているモデルの中で 極一部に存在する
ソルトが大量に入ったモデルのみが チューニングベース
となり
手間と暇をかけて仕上げる 熟成加工でして、

IMG_20191006_145925.jpg
1次仕込で 表面=接水面
鏡面 から ザラザラ面へと加工する事で
バスが好む理想の波動へと 近づけ、

更に、味&臭い をプラス。

IMG_20191006_145852.jpg
そして2次仕込で、
ソウルプラス加工により 体液誤認効果を増強
といった 段階を経て 2段仕込完了となります。

IMG_20191006_145743.jpg

元々は、自分で使う分だけに行なっていた加工なのですが、
今回、「よりベストな状態で Zドロップを実戦投入したい」
という 私のエゴベースで、

出撃予定機体 2色 合計 400パック
に対して 2段熟成加工を実施。

IMG_20191006_145624.jpg
そして、本日、めでたく
400パック分の リパックが完了した事を受けまして
実戦配備は、第3フェーへ移行!!。

このブログを書いている次第 なんですな。


この Zドロップ 二段仕込み の リリースカラーは、

IMG_20190930_182316.jpg
グリーンパンプキン

IMG_20190930_182226.jpg
シードレスウォーターメロン 

の 2色を準備。

今回の2色は、
ローテーションを基本とした喰わせの布陣で活用する機体
故に 

グリパン、シードレスウオーターメロン それぞれの
2段仕込みの レシピを変えた 別仕様
としています。
(私は いつもそうなので・・)

具体的には、
グリパン と シードレスウオーターメロン で
味臭いを軸に 張りや、表面の粗さ 等の
アビリティが異なった仕様
となってまして、

これにより カラーローテーションが、
味臭いのローテーションとなり、
また 極細かな意味での 波動変更 

と なるように設定
されています。


IMG_20191006_145644.jpg
Zドロップ 2段仕込

価格は、加工料まで含めて
1パック(15本入り) 890円+消費税
(今回だけの特別価格で 加工料はサービスです。)

おすそ分け 攻略戦は、
10月11日(金) PM21:00 より展開!!。

21:00にアップする ブログ内の 注文受付フォームより
完全早いモン勝ち 方式で 受付
です。

因みに 部隊配備は、
先週まるまる1週間  深夜の内職に勤しんだ事からなる
特殊効果で 400パックの出撃準備完了してますので

12日(土)から 対応 OK!!・・です。


IMG_20191001_202321.jpg
Zドロップワーム
俗世間では 評価は低く 相手にされて無い感さえ漂う・・
そんな 存在ですが、

押さえる所を抑え、理解すべき点を理解した上で
最適化した機体を 投入
すれば
その無二の効果に 惚れ込むハズです。

この可能性を 是非フィールドで体感下さい!!。

ではでは。

  1. 2019/10/07(月) 08:00:15|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

秘密のワーム その名は Zドロップワーム

IMGP46691.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、秘密のワーム・・と言うか、
もう動画で特集やってしまったので 秘密でも無いんですけど…

要所、要所でお世話になってます ZBC Zドロップワーム
の お話を少々です。

このZドロップワームは、とにかく人気が無い・・
と、言うか 目だった釣果も無い
どちらかと言えば雑に扱われている雰囲気の存在です。

でもですね
売ってあるZドロップに もし塩が大量に入っていたならば
(基本 ほぼ入ってないですが・・)

それは、加工次第では 使える切り札に化ける
そんな隠れた 可能性の原石 なんです。

私は、見つければ 加工ベースとして 迷わず全確保!!・・です。


IMG_20191001_201522.jpg

上記でも書きましたが、
Zドロップとして売られているその殆どは、
ソルトがほぼ入っていないモデル
でして・・

表記に スーパーソルトプラス と書いてあっても
実際には入ってないモデルが殆どなんですよ。


ZBCのワーム素材が
釣れるマテリアルとして機能する為には
塩が大量に入っている事!!・・この条件は、不可欠。


なのに、Zドロップとして販売されているワームの殆どは
感触で感じる程の塩は混入されて無いんです。

これでは、
釣れるマテリアル×有能な形 という
釣れるワームの絶対条件が満たされない・・
IMGP4669_201909301855123a8.jpg
故に 絶対に ソルトが大量に入っている事が必要 なんですね。

この基本条件を満たしているZドロップに出会えれば
IMGP4670.jpg
(各カラー 上が未加工 下が 二段仕込加工済みモデル です。)

あとは、熟成加工で 波動の微調整、(これ重要!!)
そして 美味しい味付け を付加すれば、

オートマチックで秘められた性能を開花させる
そんな機体へと新化する訳なんですな。


このZドロップには、
ある程度の期間 楽しませてもらったので、満足!!。

そんなこんな なので、そろそろ実戦投入しようと、
そう判断なんです。

そして、せっかく実戦投入するのであれば
ベストな形で・・ と言った判断で、

IMG_20191001_201439.jpg
↑2段仕込加工に取り組んでる
そんな次第です。

いつもは少量・・1年で使う分だけを
熟成加工(2段仕込)するんですが、

今回は、見つけては確保 といった行動を 細かく積み上げた
そのストックに対して この2段仕込を展開。

IMG_20190930_182226.jpg
給食を作っているような気分で
現在進行形で 取り組んでおる訳です(笑)。

熟成度に関しては、前週の試食会で 納得 でして、
現在は、最終工程として ソウルプラス加工を施して
そんで、再パッケージ作業を展開中。

IMG_20191001_202321.jpg
今回の作戦(加工)は、400パック規模ですので
既にかなりの時間を費やしてまして、

正直、少し 見たくない感じになってきてますが・・
まぁ 頑張りますよ。

そんで、完了のあかつきには
おすそ分け作戦 もちろん展開です。

期待し過ぎない程度に ご期待下さい!!・・ね。

そんなこんなで 今夜も よなべて袋詰め(笑)。

ではでは。







  1. 2019/10/01(火) 23:31:15|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0
次のページ