GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

キャビトロン バズベイト

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今期 アフタースポーン時期の 最有力新鋭機
FCL2.5DC・・パタクロの部隊配備が決まった
と、言う事でホッと一息の 店主でございます。

新鋭機の配備の次は 「補強でしょ!!」と、言う事で
今日は、この時期からの使える機体
IMGP9318_201706041723528ca.jpg
キャビトロンバスベイト をご紹介 でございます。

このキャビトロン 私のお気に入りのバスベイトの1つでして
1/4なら ゲーリージャンボバス
3/8なら この キャビトロン
 と言うぐらいに信頼を置いている
バスベイトです。

このバスベイトとの付き合いは既に10数年になりまして
多くのバスベイトを使ってきた中で
3/8OZクラスで1.2を争うほど多くのバスを魅了した

いわゆる 釣れるから好きになった系の実力派機体
です。


IMGP9319_2017060417235489d.jpg

このキャビトロンは、この時期(6月~7月)のバスに効くと言われる
いわゆる キュル音系のバスブレードを搭載
 していまして、

非常にスローに引ける事が特徴のバスベイトです。

ゆっくり引けるバズベイトは、
この時期のバスを出す能力的には 非常に有能なのですが

ゆっくり引くと バイト自体もゆっくりとなる事が多く 
バスの噛む力が緩いタイミングなのも 関係して
出るが乗らない・・と言った フッキングミスが多発します。 

このフッキングミスを軽減する為に
キャビトロンには特殊なアームデザインが採用されていまして

このアームデザインの効力で
少ない力で 確実なフックセットが可能
となっています。
IMGP9323_20170604172357485.jpg

ゆっくり引ける性能を上げて、
それに対して 出てくるデメリットを デザインで改善している・・・

痒い所に手がとどくモノ作り と言う感じですね。

まぁ・・機能的に優れている部分を解説してますが

私が真に評価しているのは 非常に釣れる
という 実力の部分
なんですがね。



今回は 補強提案 ということなので
私の分を確保するついでに おすそ分け分の機体を 用意してみました。


用意した機体は、3/8OZのみ
(実際は3種類のウエイトがあるんですが・・あえて3/8oz。
 その理由は・・使えば判りますよ。)
IMGP9316_2017060417235098b.jpg
カラーは、 チャート/ホワイト と ホワイト の2色のみ です。

価格は、1機 1180円+消費税 です。

部隊への配備を希望のみなさんは、
明日の朝8:00にUPするブログで
確保分のみですが おすそ分け
 しますよ。

因みに・・数に限りがありますので 無くなり次第 終了です。
早めのアクション お待ちしております!!。


キャビトロンバスベイト 使えば判るその実力!。
騙されたと思って 一度使ってみてください。

きっと 損はしない筈 ですよ。

そんなこんなで 補強機体の提案 でした。

ではでは。
 
スポンサーサイト
  1. 2017/06/04(日) 18:21:32|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

FCL2.5DC パタクローラー 注文受付開始!!

IMGP9404.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。
お待たせしました。

FCL LABO 2.5DC パタクロ
只今より 予約受付開始でございます。

今回の発売カラーは、
IMGP9405.jpg
シロパタ
逆光カラー 絶対に外せない鉄板カラーです

IMGP9408.jpg
クロパタ
高認識カラー これまた絶対外せないカラーです。

IMGP9409.jpg
銀パタ
シルバーラメベースの コールアップカラーです。
上げ(浮かせ)重視なら確実に このカラーで決まりです!!。

IMGP9411.jpg
金パタ
ゴールドラメベースの ステイン対応コールアップカラー。
唯一の2色ベリーと言う部分でも 運用的に アリ です!!。

ちなみに・・
各カラーのベリー(お腹のカラー)は、
IMGP9406.jpg
↑このような配色となってます。

各カラーに目的がありますので 3色はあえて単色。
金パタのみオレンジラインの2色使いとなってます。


IMGP9424.jpg

今回の2.5DC・・パタクローラーの価格は、
↑リアプロペラ搭載=標準装備で
1機 4500円+消費税

準備機体数は、100機 です。

予約を ご希望のみなさんは ↓の予約受付フx-ムよりご予約お願いします。


売り切れました ありがとうございます。
(今回は、お一人様 最大各色1機 
 最大4機とさせていただきます。よろしくお願いします。)



今回のパタクロは、 2回に分かれて生産されまして、

初回が 6月10日前後
第2回が 6月17日前後
のロールアウト予定となってます。

納品は、受付順の早い方から初回分納品。

初回分がなくなりましたら
自動的に第2回生産分からの納品となります。


(初回OR第2回は、初回完成時にメールにてお知らせいたしますね。)


パタクロ 自身を持って 今期 実戦投入でございます。
高機動型クローラーベイトの威力
パタクロを介して 思う存分 体感ください。

みなさんからの ご注文 心よりお待ちしております。

ではでは。


  1. 2017/06/02(金) 21:00:00|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

FCL 2.5DC パタクロ インフォメーション

IMGP9400.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

いよいよ今週の金曜日 21:00分から予約開始となります
FCL LABO社 2.5DC
・・私の言う所のパタクロのインフォメーション お届けです。

このパタクロは、
ボディサイズ90mm
ウエイト 約28g(フック搭載時)
の いわゆるビッククローラーベイトです。

サイズの割りに 軽く仕上がってまして、
通常のグラスロッド&M~MHクラスのカーボンロッド
での運用が 可能
となっています。

なにせ、バドシーズン後半から フロックシーズン一杯までが
主な活躍の場 ですので、
IMGP9424.jpg

バド=グラス(クレバーターン&スタンスラスター)+フロロ16LBS
シェードフロッグ=MHカーボン(DEF-TEX蛙侍)+PE4号

のどちらでも運用可能でないと・・店主的に困りますので・・です。

IMGP9401.jpg
ボディの素材には 高倍率発泡の 発泡ウレタンを採用。
高いレスポンスの素材をベースにデザインをする事で
他に類を見ない 調整範囲の広い機体を具現化しています。
(詳しくは、昨日UPしたブログを確認ください。)


今回の発売カラーは、
IMGP9405.jpg
シロパタ
逆光カラー 絶対に外せない鉄板カラーです

IMGP9408.jpg
クロパタ
高認識カラー これまた絶対外せないカラーです。

IMGP9409.jpg
銀パタ
シルバーラメベースの コールアップカラーです。
上げ(浮かせ)重視なら確実に このカラーで決まりです!!。

IMGP9411.jpg
金パタ
ゴールドラメベースの ステイン対応コールアップカラー。
唯一の2色ベリーと言う部分でも 運用的に アリ です!!。

ちなみに・・
各カラーのベリー(お腹のカラー)は、
IMGP9406.jpg
↑このような配色となってます。

各カラーに目的がありますので 3色はあえて単色。
金パタのみオレンジラインの2色使いとなってます。


IMGP9404.jpg

今回の2.5DC・・パタクローラーの価格は、
↑リアプロペラ搭載=標準装備で
1機 4500円+消費税

準備機体数は、100機 です。

予約受付は、6月2日(金)の21:00分にUPします
ブログ内の 予約受付フォームから

完全早いモン勝ち方式で 受付
させていただきます。
(今回は、お一人様 最大各色1機 
 最大4機とさせていただきます。よろしくお願いします。)


完成は、2回に分かれまして
初回が 6月10日前後
第2回が 6月17日前後を予定しています。

納品は、受付順の早い方から初回分納品。

初回分がなくなりましたら
自動的に第2回生産分からの納品となります。

(初回OR第2回は、初回完成時にメールにてお知らせいたしますね。)


FCL総帥の拘り そして 店主の真冬の水面観察
この2プラトンの攻撃 その威力を是非体感ください。

正直に 使える機体 ですよ。

そんな こんなで 決戦は金曜日。
みなさんからの 部隊配属のオファー 心よりお待ちしております。

ではでは。  
  1. 2017/05/30(火) 15:00:01|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

FCL 2.5DC いわゆる パタパタクローラー

IMGP9271.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

いよいよ発売まで秒読み段階となってました
FCL 2.5DC・・・私の言うところの パタクロ(パタパタクローラー)
の情報を ちょっぴり公開です。

このパタクロ
ボディサイズ90mm
ウエイト 約28g(フック搭載時)
の いわゆるビッククローラーベイトです。

高倍率発泡の 発泡ウレタンボディを採用し、
高い素材レスポンスを ボディデザイン+設定で
アクションへと変換する事で
類を見ないレスポンスをマークした機体を具現化へと仕上がっています。


この機体の 最大の特徴は、アクション幅×アクションピッチ×アクション軸
を多角に設定できる事 にあります。

具体的には
2系統のセットアップ(中~高速&低~中速仕様)が設定可能で
更に 引き角度の調整で 2系統の起動軸
を使いこなせる事。

これに、フィンの開き+トリム角 調整で
アクションの幅×ピッチが無段階に調節
出来る部分を掛け合わせる事で
色々な攻略仕様の機体へ調節が可能となる部分が
最大の特徴だと言えます。

この部分が可能となる事で
1機体が持つ固定された性能に 自然環境(バスの活性、コンディション)
偶然合致する事 を待つのではなく、


機体設定の調節により
アングラー側から 自然環境(バスの活性、コンディション)に合わせていく事が可能

となります。

偶然を待つのではなく 必然に合わせていける性能

これを可能とする クロラーベイト機体 これが
FCL2.5DC・・・いわゆる パタクロなのです。



仕様は2系統
IMGP9415.jpg


パタクロの標準装備は リアのプロペラが装備されたタイプ

このプロペラは、アクションの機動、中~高速での使用時に効果を発揮する
スタビライザー的な役目を果たします。


このプロペラ搭載が 標準装備機体。(販売時の仕様です。)
IMGP9416.jpg

そして、プロペラを取り外し、横アイでプリップアップ(上方向へ根元から曲げる)
形状にした機体・・これが低速~中速仕様のベース機体。
IMGP9417.jpg

この仕様にする事で
低~中速で 多角なアクションを演出可能な機体となります。

(標準仕様からのチューニングとなります。
一度ヒートンを抜き、プロペラ、ワッシャーを外し、再度一番奥までねじ込みます。
ハングアップするのでプロペラは元には戻せなくなりますが、
アフター攻略では軸となりやすい仕様ですので 絶対必要です。)



2系統の機動軸の選択

パタクロは、ロッドのかまえる高さによって
アクションの軸が変化することが特徴。

簡単に言うと ロッドを中~上段に構えると
ロール軸強調となり
同じリトリーブスピードでも アクションのピッチは早くなります。

逆に あえて下段・・水面近くでかまえると、
軸は可変軸となり 複雑な軸機動でアクションします。

このリトリーブ時のロッドのかまえでアクションの軸が決定。
更に途中でかまえの高さを変化させることで
リアルタイムで アクション軸を変化させることが可能になり、

コールアップ からの 喰わせ 等のアクションコンポが
ロッドのかまえの高さ調節で 可能となる訳です。


アクションの幅、ピッチ調整
IMGP9419.jpg

パタクロは、ウイングの開き角度
IMGP9420.jpg

そして、ウイング自体のねじれ角(ダウントリム)に組み合わせによって
アクションの幅 と ピッチ を調節可能
です。

横方向の接水抵抗を極限まで小さくしたボディは、
各調整が大きく反映しやすくなる特徴を持っており、

これにより 調節での多角なアクション設定が可能となっています。


以上、3つの設定をアングラーが組み合わせることで
色々な仕様の機体に セットアップが可能となる訳でして、

これにより、1つの固定された性能にバスの嗜好が
偶然シンクロするのを待つ事無く、

アングラーサイドから バスの嗜好に合わせていく戦略が可能
となる訳です。

文章で書くと 非常に難しいように感じますが、
体感的に 判り易くアクションが変化しますので

実際に現場で運用すると、想像以上に 簡単にマスター可能ですよ。


もちろん、基本設定で ただ巻くだけでも 十分すぎる戦闘能力ですので
難しい事を考えなくても 十分 実戦で結果を引き出せます。

ただ、高性能故に 100%越えを目指せる機体ですので、
みなさんの運用で 120%を引き出してもらいたい・・と言う気持ちで
今回、難しい事を書かせていただきました。

いよいよ今週の金曜日に予約受付開始。
FCL LABO 2.5DC バタバタクローラー の部隊配備
前向きにご検討ください!!。

カラー等の情報は明日公開!!
ではでは。
  1. 2017/05/29(月) 23:29:07|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

ワイバーン対応 マイクロトリガーグリップ(試作)


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

GWからのバタバタが ようやく落ち着きを見せ始めたので・・
5月に入ってお休みしてました 探求系の作業
昨晩より再開となりました。

今日は、昨晩 仮組みまで持ってってた
ワイバーン用のマイクロトリガーシートを搭載した
試作グリップの組上げ作業。

夕方までは、攻めヒロの発送作業に追われまくり、
それを終らせて、午後9時から いよいよ探求作業開始でございました。


因みに・・
IMGP9221.jpg
↑今回のお題 FIJI PMTS マイクロトリガーシート

このシートからの逆算で リアのバランスを再設定してみて
IMGP9222.jpg

IMGP9220.jpg


IMGP9223.jpg
こんな感じで 叩き台初号機 完成です。

来週いっぱい 店主の確認作業が実施ですので
それが終わりましたら ワイバーンユーザーのみなさん限定とはなりますが、
使ってみたい方は 1週間程となりますが 貸し出し対応 いたしますよ。

是非、使ってみて ご意見お聞かせください。

そんなこんなで、早速明日から実戦投入。
因みに明日(14日 日曜日)の開店時間は、PM3:30分です。

ではでは。
  1. 2017/05/13(土) 23:11:16|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0
次のページ