GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

ポインター100RS インフォメーション

IMGP06221.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、今期ジャークベイト トライアウトで めでたく1軍入りを果たした
今期最優秀機体のインフォォメーションです。

今期、トライアウトを勝ち抜いた 機体は、
IMGP06241.jpg
お馴染み ポインター100をベースに魚皮張り加工を施された 
カスタム機体 ポインター100RS です。

この100RSは、
中々お目にかかれない魚皮(イカ皮)張りの 特別仕様。

イカ皮を貼ることで
〇魔法効力の付加
〇体積(外径)の微弱な増加=水押し力UP
〇重心の外側への分散>=アクション幅に作用


が多角に作用し合う事で 
ノーマルのポインター100とは別物のアクション
と、なっているカスタム機体
です。

100RSは、機体の特性的には、水を斬るアクション軸の機体で、
アクションの強弱で 押し、斬りを使い分けれるタイプ。

水押し軸のジャークベイト に 反応がイマイチなシュチエーションで
真価を発揮する機体です。

今回は、このレア機体 ポインター100RSを
IMGP0684_20171013222137863.jpg
オーロラブラック
フラッシュ系 微弱に光を通すゴースト
IMGP0679.jpg


IMGP0683.jpg
チャートリュースシャッド
ゴーストボディ ブラウンバック チャートリュースセクシーライン+魚皮
ゴースト系 光を通すゴーストタイプ
IMGP0680.jpg


IMGP0682.jpg
テーブルロック
チャートリュースボディ パープルバック+魚皮
光を通さない ソリッド(ハイアピール)タイプ
IMGP0681.jpg
の3色で ラインナップ。
(写真の機体は、私の実使用機でして フックは交換してあります。
 このフックは含まれませんので宜しく お願いします。)
 

各色の 存在意義は、
IMGP0677.jpg
↑逆光 
(上=オーロラブラック 中=チャートリュースシャッド 下=テーブルロック
 写真は、チューニング仕様です。※色的には同じです。)
↓順光
IMGP0678.jpg
という考え方でチョイスしました。

この3色を ノーマル仕様(サスペンド)で おすそ分けです。


更に、3色セットと言う形となりますが、チューニングモデルも展開です。

リアルスキンの特性からの逆算でチューニング。
運用ベースで 3つのモデルに設定分岐しました。

具体的には
IMGP0675.jpg
写真上 〇ノーマル (サスペンド 重心移動)
写真中 〇面重心仕様 (スローフローティング 固定重心)
写真下 〇点重心仕様 (フローティング 固定重心)


の3アイテムにバリエーション展開。
これで、更に多角な運用が可能となります。

ノーマル=オーロラブラック
面重心=チャートリュースシャッド
点重心=テーブルロック

の 3色3仕様 でのお届け 

店主によるハンドメイドでの後加工 ですので、
仕上がりは、ハンドメイド感MAXとなります。

(↑写真を参照)

その部分をご理解いただける方に 3個1セットでお届けです。


毎度毎度 欲望のままに 突き進む性格上、
おすそ分けのラインアップが複雑となりますが
より良い機体を・・と言った気持ちの表れだと ご理解くださいね。



IMGP0642.jpg

因みに、今回の ポインター100RS
ノーマル(サスペンド)機体が 1機 1950円+消費税
(魚皮は 元々カスタム扱いなので高額でして、
 その当時 定価2400円前後していた機体です。)


チューニング 3機セットは、
各仕様×1 計3機 1セットで 6350円+消費税
(加工料として1機250円 いただいてます。)

数は、各色30機前後(合計約100機)を用意しました。

ポインター100RSの おすそ分けは、
10月16日(月)21:00
にアップするブログ内の受付フォームより
完全早いモン勝ち方式で 受付
開始。

納品は、10月21日前後を予定しています。

現在では生産しようとしても生産できない いわゆるレア機。

実績ベースに魔法効力を搭載したカスタム機体の実力、

実戦で 「量産機とは 違うのだよ!!。」
という言葉と共に 是非 体感ください!!。

みなさんの部隊への配属 是非 ご検討くださいね。
ご注文 心よりお待ちしています。

ではでは。


スポンサーサイト
  1. 2017/10/13(金) 22:26:30|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

厳選 秋蛙 のススメ

IMGP0170.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

来るべき2017年秋蛙シーズンを控え、
影の中でアクションするタイプの蛙 の選考会
無事 終了しました。

これを受けまして、50分の4機
具体的には 2タイプ ×2色 計4色が決定
しまして、

本日、お披露目でございます。



今回の2タイプは、
昨年前までの 秋蛙の主力
IMGP0160.jpg

廃盤となりました
ブーヤー パットクラッシャー & パットクラッシャーポッパー

の後継機にあたりまして、

IMGP01593.jpg

パッククラッシャーのノーマル(いわゆるクイーバー)
=水を切る蛙 の後継機として
IMGP0194.jpg
スピリットシャッド60
60mm 1/2oz



IMGP01601.jpg
パットクラッシャーポッパー
=水を押す蛙 の後継機として
IMGP0196.jpg
ブロンズアイポップ60
60mm 1/2oz

が、選出された次第です。



続いて 2種類の蛙に対しての 運用の提案

水を切る蛙=スピットシャッドの中で
(影の中で有効に使えるクオリティの範囲内で)

最も水を押すカラー そして 最も水を切るカラーを選出。
IMGP0164.jpg
写真←最も水を 押すカラー(クリアーベース)
写真→最も水を 切るカラー(ソリッドベース)

同じく水を押す=ブロンズアイポッパーの中でも 同じく
対極の2色を選出
した次第です。
IMGP0167.jpg

写真←最も水を 押すカラー(夜光)
写真→最も水を 切るカラー(ハーフトーン=50%位の光の透過率)

これにより、モデル自体の水押し&水切り で2タイプ。
各モデル内で カラーによる 水押し、水きり で2色

計4タイプを 運用目的で選出した次第です。
(あくまでも店主の個人的な見解ですので
 その部分を お間違いないように お願いします。)


ここまでを踏まえて↓の動画をご覧下さい。


この動画で使っている蛙4機はすべてノーマル。
パッケージから出しただけの状態で動かしています。

動画を見ていただくと、同じ形でも 水押しと水切り
で アクションが異なっているのが判ると
思います。

故に 同じモデルでも 水押し、水切りを
意識する必要 がある
んですね。

ちなみに、ブロンズアイの場合、色ではなく生産ロッド
で この 押し、切り の違いが生まれます。


生産ロッドが同じで 同じ色なら 特性は同じ
だけど、生産ロッドが異なれば同じ色でも 特性は異なる
と 言うことです。

ちなみに、今回は 4アイテム中 3アイテムが2017モデル
1アイテムが2016モデルで 2アイテム×対極の2色
を ラインナップしました。 

店主セレクトの50分の4
影で動かす事、秋に使うこと この2点を軸に
50種類の特性の中から選んだ 厳選の4色=4種のアクション。

是非 運用ベースで部隊配備 ご検討ください。


IMGP0165_20170827185340c6d.jpg

ちなみに 選考決定を受けまして
この4色は 気合を入れて確保に動きましたので
ある程度の数 用意できています。

予約受付は、9月3日(日)の21:00より。
ブログ内の 予約受付フォームより 予約受付開始です。

価格は、1機 1480円+消費税

因みに、金曜日には入荷ですので
予約受付開始の翌日 4日 月曜日より 納品対応可能です。

2017蛙シーズンを締めくくる今期の秋の主軸
影の中で動かす蛙 として
是非 皆さんの部隊での採用 ご検討ください。

みなさんからの ご注文 心よりお待ちしております。

ではでは。



 
  1. 2017/08/31(木) 16:00:00|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

このエースの後継機体 只今 最終判断中!!


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

↑昨年 お世話になりまくった
ブーヤパットクラッシャー&パットクラッシャーポッパー。

蛙シーズンの後半戦に突入するにあたり
どうしても 必要になってきてますよね。

何故?ですか?
蛙シーズンの後半になると

影の最奥 から徐々に 影の中を回遊 へと
パスの行動が変化
を始めるから
ですよ。

影の最奥条件では、着水+1アクションの釣りが軸となり、
アクションよりも 反射を引ける音=波動 が重要となります。

その条件では、ポチャパク系の ボビー蛙 が圧倒的に
その存在感を輝かせる訳なんですよね。

故に 蛙シーズン前半~中盤はボビー系・・つまりポチャパク系が
主軸となる次第なんです。


ちなみに、今年リリースさせていただきました
スナッグのポッピン蛙も ボビー系の機体

流れ的には パットクラッシャーが廃盤になった事から始まった
後継者探しのトライアウト で 実力を発揮し 選ばれたんですが、

系統で分類するとどちらかというと 
ボビー蛙系のポッパー・・そんな立ち位置なんですよね。

なので、 釣れるポッパーなのは間違いないんですが、
パットクラッシャー系の後継機 ではないんです。



話は、若干横にズレましたが・・・
故に 後半戦のシーズン突入を前に

パットクラッシャー系
=ボビーのように波動に全ての性能が集中してはないが、
 波動良し 動きも良し という存在。
 アビリティの分布的には、波動6 : 動き4 位の
 バランスを持った影の中で動かす機体。


この後継機を 選ばないと・・・なんですね。

実は、この後継機 既に 去年 見つかってまして・・
と、言うか 最終的に エース争いにおいて

ある理由で バットクラッシャーに敗れた機体が存在しまして、
それがそうなんです。 

性能は、バットクラッシャーと同等なんですが、
ある理由がネックとなりまして、
最終的にバットクラッシャーを 我が小隊では選んだ

そんな経緯なんですよね。

バットが廃盤になった・・・
そうなれば、選ぶは、間違いなく もう1つの存在。


ネックとなった部分=暴れん坊将軍的要素は、
努力で なんとでも成るので
努力を始めている・・・そんな次第です。

その為の大選考会 只今開催中でして
現在 第3次審査の真っ最中。

ちなみに 同じメーカーの 分母 約50機 に対して
この一人選考会を ここんとこ延々と進めてまして


今現時点
フィールドベースの確認で 生残った機体は、
IMGP0161.jpg
↑この台紙の数だけ。
約 5分の1 に ようやく絞り込んだ状態です。

流れ的には 明日の 最終審査で 運用目的別に 4機~6機に絞り
その後 配備開始!! の予定です。

ただでさえ暴れん坊将軍な この機体を
「シエードフロッグとして120%で運用しよう!!。」 と 考えれば
この選考会は絶対
でして、

お宅が厳選した 運用ベース毎に特化した機体を
自身を持って お届け です。

そんなこんなで 今週の末位には
最終選考に残った選ばれし存在 お披露目です。

パットクラッシャーの後継機的 存在。

ここからの後半戦に無くては成らない存在 故に
良かったら 使ってやってください。

ではでは。



  1. 2017/08/27(日) 19:55:13|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

ポッピン蛙 出撃前整備マニュアル

IMGP9918.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、ポチャパク系ポッパー スナッグフルーフ ポッパーフロッグ
の出撃前整備のポイントについて 解説でございます。

基本的な考え方はボビー蛙と同じなので
ボビー蛙の整備法のブログを一度確認いただき、
その上で このブログを参考にしてくださいね。


ボビー蛙 整備マニュアル



IMGP9914.jpg
ポッピングフロッグの場合、
まず最初にスカート量の調節と固定 から作業はスタートします。
IMGP0152.jpg

↑スカートの量が多すぎるので 1/3ほど間引きします。

間引きするヶ所はダブルフックのフックとフックの間。
この部分を根元からカットします。

この部分にスカートがあると、
ボディとフックの間にスカートが存在することなり

なにかと トラブルの原因となりますので
間引くならこの位置がベストです。
IMGP0150.jpg

スカートの調節が完了したら
このスカートをダブルフックと確実に蛙軟膏で接着して固定します。

この部分の固定は完璧でないと フックズレが大きくなり
トラベルへと繋がります。


確実に 強力に固定して◎です。


IMGP9915.jpg

次に、フックの撓みの調節。
ポッピング蛙の場合は、↑の位置が基準です。

幅8mm前後で撓みを残した形で 大きな撓みだけ押さえ込む
そんな感覚で スレット+蛙軟膏で固定です。



ここまで完了したら
IMGP9917.jpg
フロントの強化。

↑写真の部分をスレットで巻きハーフピッチ(巻き結)で仮固定。
そして蛙軟膏でコーティングです。

このとき
結び目+カップ全体を蛙軟膏で肉盛りする要領でコーティング
してください。

カップの強化=カップの水の掴み向上 となりますので
コート1回を基準に コート2回のモデルを作って 使い分けるのもアリです。

その場合は、巻糸のカラー等で見分けられるようにしておくと便利ですよ。

IMGP0151.jpg

↑そして最後に ボディと、フックに固定したスカートを
蛙軟膏でポイント接着。


この時 ボビー蛙と同じくスポット止めで止める事がコツです。

又、完成後 空気の抜けが悪い場合は、
IMGP0156.jpg
小さな 穴をお尻に開ける・・これをお忘れなく!!・・です。

IMGP0153.jpg
以上で、出撃前準備 完了!!。

あとは、影の最奥に強引にねじ込んで 着水&1アクションで
バショっと水しぶきが上がるのを待つだけ
です。

このポッパー蛙は どちらかと言うとボビー蛙系統のポッパー蛙 ですので
パットクラッシャーのように 動かして出す と言うよりは
ボビー蛙のように ねじ込んで 1アクションに集中するタイプの蛙。

パットクラッシャーの廃盤を受けて 後継者探しのトライアウトで
発掘されたんですが・・・

後継者と言うよりは、
ボビー蛙のポッパータイプといったボジションの方が強い感じです。

その部分をよく理解していただき、運用してくださいね。

そんなこんなで ここからの蛙後半戦
思う存分 楽しんでください。

ではでは。





  1. 2017/08/26(土) 16:58:41|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

ベビーシャッド レジェンドUK 


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

いよいよ 本日お披露目。

昨年の初冬くらいに ようやく形となり、
その後 チラチラ見切れで 登場していた 謎の機体 のお披露目です。

この機体 名前は まだありません。
なので 今の所 ベビーシャッド レジェンドUK(UNKNOWN) 
と、呼ばれています。
IMGP8853_20170823180745d6f.jpg

この機体の開発コンセプトは、
「私が120%欲しい機体」


べビーシャッドが大好物の私が
ベビーシャッドを運用する時に 「足りない・・。」
と、感じる部分を穴埋めできる存在。


これが UKシリーズです。


IMGP8248.jpg

ベビーシャッドは、水温6~9度において 最高のパフォーマンスを発揮する
個人的に 愛して止まないシャッドの1つです。

この機体が大好きだから故に感じる
ベビーシャッド運用で 穴 だと思っている部分は、

〇コールアップ能力
=サスベンドラインから上方へ浮かせてくるバキューム力

〇スポーニングを意識し始めたメス個体をターゲットとした場合

〇水温6度以下の攻略 =アマ噛みによるバイトミスの多発

この3点。

なので、このUKは、この3点の攻略に必要なギミックを
徹底的に追求し、搭載しました。

求めるべきは、
〇動き出しの速さ
〇増速&減速での波動変化量UP
〇レンジ下のバスに認識させる為のギミック
〇1サイズ大きなフックを搭載できる設定

主には この4点。

これらを>レジェンドの骨格+素材+内部レイアウト+α
の組み合わせにより具現化した機体 これがUKです。


具体的な特徴
IMGP9118_20170823180754adc.jpg

〇ボディ素材に ボーンプラスティツクを採用
ボディの素材には ボーン素材(浮力の高いABS樹脂)を採用。
これにより、同じ体積でプラスの浮力をマークできるようになってます。

IMGP0103_20170823170045234.jpg

〇内部レイアウトの変更(コンスタンスのみ)
UKシリーズ2機種の内 コンスタンスのみ ボディ内部のレイアウトを変更。
これにより コンスタンスの各アビリティに変化を加えています。

IMGP0102_20170823181111577.jpg

〇全面蒸着メッキを採用
一見 意味が無い様で 実は 大きな意味がある
リップ部分までの 全面蒸着メッキ仕様。

このリップの裏のメッキと、ボーンボディが発する硬質な波動の相乗効果で
深いレンジまで存在を送り届けることが可能
となっています。

以上の3軸のバランスにより具現化されたUNKOWNな性能は、
ベビーシャッドの運用効率を 飛躍的に向上
します。

ただの 全面メッキと思うなかれ・・・
120%の満足度をUKを介して 是非体感ください!!。


今回のレジェンドUKは、2種類の機体をラインナップしました。

IMGP0113.jpg
コンスタンス(レッドアイが目印)
カラー 全面蒸着クローム

設定
〇リトリーブ軸攻略&ロングレンジアッパー
ストップモーションが短めでリトリーブアクションに軸を置いた攻略
&深い水深からバスをコールアップさえる能力がMAX設定の機体です。

コンスタンス特有の可変アクションにベビーノッカー仕様をプラスした
コンスタンスでいて否な存在・・これがUKコンスタンス です。

〇セミフローティング(ノーマル設定時)
=前後#8搭載でデットスローフロート設定に変化。ボディに最大#6 まで搭載可能
(ウエイトチューンでサスペンドにも持っていく事が可能です。)
IMGP0109_20170823170041bf2.jpg
クローザー(シルバーアイが目印)
カラー 全面蒸着クローム

設定
〇ストップモーション特化型&ショートレンジアッパー
ストップ時の姿勢を重視した 低水温&渋い条件化での攻略用機体。
コンスタンスに比べて コールアップ距離は短めになりますが
その分 喰わせ力 に重点を置いた設定となっています。
〇デットスローフローティング(ノーマル設定時)
=前後#8搭載でサスペンド設定に変化。


2つの機体共に ボディフックとして
ハヤブサ 早掛けの#8
を標準装備。
(UKのボディフックとして 非常に優秀なトレブルだと判断しています。)

リアは、フックオーダーの設定で 必要な大き、形が 大きく変わるので
交換を視野に あえてスタンダードフックを装着した形としています。


IMGP8923.jpg

価格は、
UKコンスタンス 1890円+消費税
UKコローザー  1780円+消費税

となっています。

細かい部分を拘ったので 結果 高価となってしまいましたが、
その分 性能は折り紙つきですよ。


今回の準備数は、試作の実戦投入といった形でして
生産ラインからロールアウトできた全て
なんですが・・実際の数は上がってこないと何ともいえません。

上がってきた数を 欲しい皆さんに可能な限りお届け!!
言えるのは これだけです。

IMGP9113.jpg

このUKは、
現在工場からロールアウトし、パッケージの段階ですので
入荷予定が26日 土曜日。

という事は、土曜日には数が判りますので
そこから 電撃戦 を展開する所存です。

予約開始が8月26日 土曜日 の21:00。

21:00分にUPするブロフ内の予約受付フォームより
売り切れ御免で 予約受付
で ございます。

あくまでも  UNKNOWNな存在ですので、
今後の リリース予定は 正直 未定。

今回の1回で最後になるかもしれません。
(圧倒的に良いので 釣果=人気と言う意味では ありえないと思うのですが・・
 良いものが評価され難い時代ですので・・ですね。)
   
 

なので、欲しい!! と思っていただけるみなさんには、
是非 この機会に お届けしたい!! と、そう考えています。

皆さんのシャッド小隊の一角に 位置できる存在ですので
前向きに 部隊採用 ご検討よろしくお願いします!!。

ではでは。           
  1. 2017/08/23(水) 17:49:52|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0
次のページ