FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

西部戦線異常アリ・・からの陸戦展開!!


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、西部方面の最前線でありますリザーバーへGO!!
の予定だったんですが、

2時間を走り抜け、
作戦エリアまであと15キロと迫った所で 友軍部隊長から

「西部戦線異常アリ!!」
「減水によるガタスキー状態によりエントリー不可」
の入電!!。

この入電により転舵180度!!
攻略エリアからの緊急離脱となった・・
そんな次第です。

これで攻略作戦は 降り出しに戻った訳でして、
ならばと本部まで2時間を掛け帰還し、

そこから体勢を再構築、 
緊急立案で 陸戦攻略へと移行なのでありました。


既に時刻は1時を回った状態。

気圧高め 気温高め ということで
数的に薄い回復系を ターゲットに
カバー攻略からスタートです。

具体的には、ケロケロ戦術。
今期初ケロケロで回復の具合を見ようと言う戦術的判断ですな。

そんな感じで気温が高め 太陽サンサンのミットタイム2時間を
ひたすら投げ倒し
IMG_20190615_145122.jpg
2バイト 1キャチ。

ボビーさんに助けられる形で
何とか引き出した・・と言った感じでしたね。

この2時間で このパターンは見切り 次の戦術
カバークランキングでのリアクションフイッシングに移行です。
IMG_20190615_144026.jpg
DTN軸で 高速でカバーにコンタクト そして一瞬止める・・・
を 繰り返すと、

IMG_20190615_143925.jpg
アフターがリアクション!!。

このパターンは、密度的に多い アフターをターゲットとしている為
効率良く カクントが可能な様で、
IMG_20190615_143753.jpg

サイズは選べない感じではりましたが
気持ち良いペースで 楽しい釣りが展開なのでありました。

約2時間このパターンを突き通しまして、
結果 お腹一杯。

こうなると、今日を締めくくる1本が 欲求的欲しくなる訳でして・・
そこでチョイスするのが、
IMG_20190615_144005.jpg
パタクロを軸とした TOPのフローフイッシング。

最初にやった ケロケロ攻略からの繋がりで
薄いがサイズを狙える回復をターゲットに

今度はイブニングだから狙えるチョイ沖ポジションで
1発を絞り出そう!! と、いう判断ですな。

そんな判断で ここからは1発狙い。
丁寧に水面を叩き続けて
IMG_20190615_145050.jpg
カシュン!! ↑
結果 ご満悦なのでございました。

今日は、西部戦線からの撤退 そこからの陸戦突入でしたので
後手後手な感じが先行だったんですが、

終わってみると なんとか・・ですが
まとまり を見れた攻略戦でしたね。

そんなこんなで 西部戦線離脱からの陸戦展開でございました。
近々に 西部戦線にリベンジ!!・・ですね(笑)。

ではでは。

スポンサーサイト
  1. 2019/06/15(土) 15:05:57|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

強風だったので DTNを巻いてみた

IMGP41811.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は少し距離走って 代掻きの影響に無いエリアでTOP・・
なんて考えてたんですが、 朝起きてみると早朝から強風。

TOPも良いけど 強風ならスプールのテスト・・だな
と言う事で 急遽 巻き巻き攻略戦へ作戦を移行なのでございました。


今日も、現在最終確認中の例のスプールを搭載した
TDーZ クランキングカスタム+パワースロット(グラス)の組み合わせで、
16ポンド+DTNで 強風下を投げて巻く です。 
IMGP4188.jpg
↑このブルーのスプールが 以前よりテストを繰り返していた
クランキングスプール。

Zとの相性抜群で 16ポンドが約100m巻ける規格です。

慣性力を抑え、ブレーキ力を増幅する設定でして
DTN(3.5g前後のスモールクランク)から ビックベイトまで
ウエイト、空気抵抗を幅広く網羅し 正確で緻密なキャストを具現化します。

現時点で 私が求める到達点を クリアーしてまして
プロトモデルの生産が始まった事を受けて公開OKとなり、
昨日から 写真を載せ始めた・・そんな訳なんですよね。

以前の私は、 
個人的には ノーマルのスプールで 
DTNからビックベイトまで
普通に投げれると、言う理由から

巻き専用のカスタムスプールには興味は無かった・・
もっと言うと 正直に必要ない!! 
と、思ってましたし、公言もしてました。


ですが、今は この考えは 撤回 してます。

それは、ノーマルスプールで普通に投げれるからこそ
カスタムスプールを使う事で 更に高次元な巻きの世界を
追求できる事に 気付かされたから
です。

具体的には、巻きに最も大切な「ニュアンス」&「タッチ」といった
言葉にならない感覚的な次元に対してコントロール感を
感じると言う事
でして・・

使ってみないと理解できない
と、言うか 使えば 一瞬で理解できる事なのですが、
とにかく アリだと判断してる訳です。


現段階のカスタムスプールであれば
強風下でも 高いパフォーマンスで投げて巻けますので
確認の意味も含めて 投げ巻くリ。

IMGP4186.jpg
巻き機体は、あえて DTNだけに絞り
(最も軽いクラスのクランクと言う理由)

上 ボーンの当り+クリッカー
中 ボーンの当り+ノンクリッカー
下 ボーンのハズレ+ノンクリッカー

  (ハズレは時として爆発するので必ずローテーションです。)

の3つの機体を軸にローテーションし、
反応があった機体を更にリアフックで調節
と、いった方向性でアタックです。


昨日に比べると 今日は平均サイズ的には
大きくなっている感じなのですが、
何故だが外掛り多発 & バレ多発。

状況的に、
昨日はストラクチャータイトだったポジションが
今日は、ストラクチャーから少し離れてサスペンド
と言ったポジションへ変化
しているので、

その部分が DTNには少し不利に働いてるんだと
そう言った判断なのでして・・

紆余曲折を経て 最終的に
ボーンの当り機体 +クリッカーの組み合わせに
リアフック ガマ SPMH #5
 の 組み合わせでビンゴ!
と言った感じでしたね。

本当ならど中層でのリアクションに特化したFC60なんだろうと
そう 予想しつつ

タイト波動に持って行ったDTNのパフォーマンスに助けられた・・
そんな感じでしたね。

ともあれ 楽しいオカッパリテストでございました。

クランク最高!! DTN最高!!
もっともっと 欲しくなってしまうやろ~っ。

ではでは。




 
  1. 2019/06/11(火) 21:31:15|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

DTN は密の味


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、リールと言うか、
スプールのテストでオカッパリへGO!!でした。

因みに
IMGP4169_201906101740391bf.jpg
↑今日のお題は このスプール。
巻き巻きを高次元で行う事に特化した
コントロール強化型 巻き専用スプールです。

この試作のテストが目的なので、
IMGP4180.jpg
NINJAスライダー から パタクロ/バド/バズ
そんで DTN までを視野に

MOVEパワースロットTD-Z&クランキングカスタム+試作スプール
の組み合わせで バスリバーを部隊に 状況攻略に挑んだ次第です。


私のイメージでは パタクロ系もしくはバド系で
浮かせれる感 MAXだったんですが・・

蓋をあけて見ると 白っぽい濁り
この前の雨の濁りなら良いけど、代掻きの濁りだと厄介だな・・

なんて思いながら 約1時間 大型水面系を動かすも
やはり 無反応。

つまり 代掻きの濁りだということ・・・ですな。

土日を挟んだら いきなり・・
この時期の あるあるなので そのリスクは理解してはいるのですが、
それでも 「・・・。」って感じになってしまいますよねぇ・・(笑)



出ないものは仕方がないので・・
というか、出ないという事は 成功法では行かない
と、いう事なので 動かないターゲットに にじり寄る 方向に
戦術を変更。

バスの側線に訴えかける方向で 機体をローテーションなのであります。

そんな中、ローテーションの過程で 一筋の光明を見せてくれたのが
IMGP4171_20190610173924f5f.jpg
お馴染み ビルのーマン DTN(ディープ タイニーN)。

ただこの機体は、だだのDTNではありませんよ。
ボーン素材のDTNの 更に当り という存在の DTN様 です。

この機体、
完全に 「無」 だったフィールドから ポンと、魚を引き出してくれまして、

この事で 直感的に DTNが現状打開のキーなんだと言う事を
悟る訳ですな。

経験上、
DTNが波動的にビンゴな時は、
大抵 DTNの独断場と化す事が多々な訳でして・・

なので、下手に機体ローテーションを考えるより、
機体をDTNに あえて絞り、

セッテイングで波動調整をして、
より状況へのシンクロを計る・・これが常勝の判断。

具体的には、
IMGP4179_20190610173928309.jpg
リアフックの大きさ(後ろの抵抗値)で
DTNの動きは=波動/ピッチは変化しますので

リアフックの 大きさ/重さ(=抵抗値) を ローテーションし、
バスの反応からの逆算で ベスト波動を検索 です!!。

このローテーションの過程で↑の装着フックが
今日の状況に最もシンクロしたセッテイングだと言う事を
導き出しまして、

結果 DTNは、 光ったマリオ状態に突入な訳です。

この リアフックにのセッティングに辿りついてから以降は
いわゆる 光ったマリオ状態 ですので・・
状況を薙ぎ倒す勢いで 量産体勢に突入!!。

IMGP4166_20190610174040c46.jpg
サイズこそ選べない感じではあったんですが、
その後も延々と DTNは良い仕事をし続けてくれまして、

代掻きに翻弄された 負け試合は、
小さな巨人 DTNの登場で 一気に形勢逆転なのでありました。

いやはや 小さな巨人 正直半端ないっす。

判ってはいる物の 再認識 な店主なのでございました。

クランク最高!! DTNボーン最高!!

ではでは。


  1. 2019/06/10(月) 17:52:30|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

ちょこっと オカッパリ


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は午前中の時間を使って
2時間程オカッパリへGO!!でした。

今日は・・と言うか 今日も
近頃何かとお世話になってます
IMGP4126.jpg
↑巻き巻きグン でお馴染みの FC60を使って
アフターのリアクションフイッシングを堪能しよう!! 
と、目論んでいたんですが・・

蓋を開けると フィールドは ドチャ濁り。
思うようには行かないもんですな(笑)。



通常の巻き物ならば 濁りはプラスに働くんですが、
このタイミングでの高速巻きシャッドに関しては
プラスに働かない事が経験的に多いんですよね。

そんな一抹の不安を感じながら 巻き倒してみるも

貴重な機体を2機を
長期哨戒任務に送り出しただけで
やはり無反応・・・。

ならばと 頭を切り替えて スローダウン。
IMGP4140_20190608183830af0.jpg
存在感を重視した形での
マーキーウオーター攻略に徹して

結果 ビンゴ!! といった感じでしたね。

貴重な機体を2機ロストして
気分は「・・・」な感じだったんですが、

バスの顔が見れればですな
一気に ご機嫌モードへ突入なのでありますよ。

釣り師のあるあるってヤツですな(笑)。

そんなこんなで
短い時間でしたが 楽しい攻略戦でございました。

ではでは。



  1. 2019/06/08(土) 19:51:58|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

巻き巻きグン!!・・アフターを惑わす黒魔法 イケてます!!

IMGP4094.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は リザーバーへGO!!
アフター相手に 巻き巻きグン!! の魔法を堪能でした。


基本 ポスト~アフターの過程は
スローな釣りが軸となります。

なので 回復までは 巻き巻き系の攻略は
どちらかというと後手に回ってしまうのが常。


そんな状況下で 爆発的な威力を発揮するのが
IMGP4096.jpg
特定の動きのシャッドを使った いわゆる高速巻きシャッド戦術。

私的には
アフター状態のバスを惑わす黒魔法
的な認識でして、

対アフターに関しては、本当に魔法にかかったかのように
反射を引き出してくれるんですよね。

魔法系ですので すこし鍛錬は必要ですが、
術式を覚え、対応の機体を介して使えば
本当に武器になる・・そんな戦術です。



今日は、そんな 巻きシャッドを軸に 攻略戦を展開でして
腹一杯 巻いて 巻いて グン!! を堪能。

IMG_20190607_000159.jpg
今日の状況では、
数が優先となり 型は選べない感はありましたが、

遅めのスタートから延々と 高気圧の状況下でも
リアクションを引き出し続けてましたので、

効率的には 高効率 なんだと、
そんな認識に至った次第です。

結果、
やっは アフターには コレだな・・と、
判っていても 再認識させられる そんな店主でございました(笑)。


因みに、
攻略戦後半は、割合的に数が少ない回復系もチエックしまして、

回復系に有効な 2つの引き出しを使い 薄いながらに
IMGP4115.jpg
納得のサイズをキャッチ!! でした。

今日の状況では 回復は まだ少数派のようでして・・
(スポーニングがある事情で途中で足踏みしてしまったので・・)
確率的には 遠い感じでしたね。

ただ 確率を引ければ
飛び出すバスは どれも巨大だったので
これはこれでアリなのかな・・そんな判断です。 


あと2週間もすれば 回復の割合が伸びてきますので
更に多角な攻略が可能となる筈ですよ。
今から楽しみですね。

ともあれ アフターを大満喫な 1日でございました。

巻き巻き最高!!
巻き巻きグン! は 正直癖になりますよ。

ではでは。



  1. 2019/06/06(木) 20:10:09|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0
次のページ