FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

2.5時間の攻防戦・・そして 返り討ち再び


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、昨日の うなミス が悔しくて 朝目覚めてしまったので
ショートタイムですが バスリバーに出撃でした。

今日は、うな の探求が目標でして、
まず、その為の エリア選定&ポイント選択。

IMGP2729.jpg
多分、今現在 最もリサーチ能力が高い存在。
SR-MINI 1/2oz DW で 水通しと言うキーワードを軸に 検索です。

そして3ヶ所目のストレッチ で バスを補足し、
そこから うな攻略へとシフトです。


現状、中層のサスペンダーをバイトに持ち込める性能
を有したスピナーベイト=SR-MINI という存在が 

複数のサスペンターの中の極一部・・最も活性が高いというか、
SRに反応を示す個体のみを引き出してる現状でして、

故に サスペンダーの群れから 
1本は引き出せても 2本目以降が引き出せない
と言う部分に もどかしさ を感じているんですよね。

この バンクからロッド1本程度沖にオフセットして
宙ぶらりんで ステイしているサスペンダーは、

ステイ位置にワームをアジャストする中層攻略を試みても
何故だか口を使わない・・そんな状態なので・・ですね。

そんな中で 昨日 強烈な存在感×微波動 の組み合わせ
=うな に対してのみ サスペンドラインから バンク沿いの壁に
ヒットアンドウエイしてきたので その部分に可能性を感じているんですよね。

(まぁ・・全て グングン持って行ったあげく フックアップしなかったんですけど・・ね。)

早い話、バスの鼻面に持って行くのではなく、

バスに発見させて 捕食スイッチが引かれやすいバンク沿いに
チョイ沖からバスを動かせれば 口を使わせる事が出来る

その為の 存在感×微波動=うな だという認識に至っている訳です。



IMGP2727_20180818191631411.jpg
エリア選定までに 小1時間掛かったので 残る時間は1時間半。

この時間を全てつぎ込み ここからは うな1本勝負で 可能性の探求です。

昨晩 微調整した 第1世代機 のスペック2 を投入しながら
攻略すると、 カツカツ・・グ-ンとラインが走り出します。

やっぱり 当たる!!
と、可能性にときめきを感じつつ

ある程度送り込んで そこから 大きく合わせに移行
そして すっぽ抜け 「・・・・。」って感じになる。

今日も 残り1時間半の うな攻略は ↑のルーティーンの繰り返し
そして 確実に 何かが間違っていると そう気付く 店主でございました。


今晩は、緊急 反省会。

リグ・・と言うか フックセッテイングを 
麦酒を飲みながら 根本から再検討ですな。
 
ではでは。

スポンサーサイト
  1. 2018/08/18(土) 21:25:35|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

うなな・・・アリかも?

IMGP2713.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、昨日の歯切れの悪い感じが許せなくて
ホント数時間なんですが バスリバーで再戦を展開でした。

ちなみに、今日のバスリバーは、
昨日の状況に更に輪を掛けて酷くした感じ・・。

水温が27度台まで急落し、
バスまでの距離が遠く感る そんな状況でした。

バスのポジション的には 大きく変化はないようで、

カバーと言うよりは
水通し=飛び出した地形変化や、沖の地形変化 
に バスは引かれてる感じでしたね。

IMGP2717.jpg
そんな状況下で、 今日は、と言うか 今日も 魚を引き出せるのは、
↑SR-MINI 1/2OZ DW。

昨日よりも更にバスが遠くなった感じが強かったんですが
それでも SRを活用すれば バスにたどり着く そんな感じでした。



因みに
IMGP2714_201808171854121d2.jpg
スピナーベイトで地形に対して バスが存在する事 
を 確認した後は、

その場所で スピナーベイト以外でバイトを引き出せる存在を検索
してみたんですが、

唯一、ウナギリグ の中層ドリフトからのタッチダウン
で 反応を引き出せましたね。

まぁ・・2回のみで 2回とも 何故か??フッキングしなかったんですが・・ね。

送り込まないと掛からない 的な事を良く聞くので、
私の気持ちより 更に一呼吸長めからのグッキングを心掛けたんですが、

バイト後、グングン持って行く割には、
みんなが言うように あっさり すっぽ抜け でしたね。

キャッチには至らなかったんですが、
この状況でバイトを引き出せた事は 評価に値すると判断です。
少し、探求の必要あるかも・・ですね。

そんなこんなで、返り討ち。

近々に 長めに時間を確保して 再戦です。

ではでは。




 
  1. 2018/08/17(金) 19:39:12|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

中途半端なポジ??


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、午前中の数時間ですが、
探求中の色々なルアー達のテストを兼ねて
バスリバーにGO! でした。

今日のバスリバーは、バスが 沖の地形にドカ浮きしてしまってて
そんでもって イマイチ低活性。

ローライトだったからなのか??
カバーには見向きもせず 沖中心にヤル気無し って感じでしたね。

そんな状態を 唯一 打破できたのは、
沖の弱気なサスペンダーをバイトに持ち込める

フィネス感を有したスピナーベイト
SR-MINIの 1/2oz DW これのみ。

このSRだと なんとかバイトを引き出せるんですが、サイズ的にはイマイチ。

なので、反応を引き出せた地形に 
ジカリグ や その他のワーム系をフォローに入れてみるんですが
完全ノーアンサー


結果、SRでのみでバイトが引き出せる といった時点まで
攻略のコマを進めた所で タイムオーバーとなりました。

いやはや・・詰め切れませんでしたね。
修行が足らんです。

フィネス系に当らない と言う部分が
具合の悪さ を 物語ってた・・そんな歯キレの悪い攻略戦でした。

そんなこんなで
少し 後ろ髪を引かれる感じで 再戦が決定された そんな次第です。

ではでは。 

  1. 2018/08/16(木) 18:54:21|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

水面に蓋が掛かった早朝・・そんな攻略戦


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、早朝より数時間バスリバーで攻略戦展開でした。

今日の攻略戦は、夏の朝・・・と言う事で
TOP軸からの攻略展開をイメージ。

昨日、久々の夕立による 若干まとまった降雨があった事を考えても
期待値は大きく膨らむ訳です。

6時半現着。
さてさてと、フィールドを観察して見ると

水位=チョイプラス・・・GOOD!!
水温=29.8・・30をギリ下回っているのでGOOD!!
水質は・・・一面 膜を張ったような粉吹き状態・・BAD!!

と言う事で、最後の水質が全てを台無しにしてくれたな これは・・・
といった判断に 朝一発目から 至る訳です。


温かいシーズン(春~秋)に 久々雨が降ると どうしてなのか?
この状況 起こりますよね。

河川での あるある ではあるのですが・・
泡 ならまだしも 膜は・・ ですね。

今日のフィールドは いわゆる 水面に蓋が掛かった状態。
この薄膜が張ると 水面を割らない(TOPに出ない)状況に陥るのは多々。

故に TOP軸で・・という当初の計画は 必然的に再構築となる訳です。


とは言っても 実際引いてみないと・・
粉吹き状態は幻かもしれませんからね。

と言う事でパタクロからスタート。
そして30分後 TOPで・・という計画は捨て
素直に状況に向き合う事にした訳です。

この状況になると バスは、基本日光の到達レンジ付近にサスペンド。

浮いているけど 水面には出難い・・と言うか
30分引いた感じでは出ない と言って良い状況。

と言う事で 攻略レンジは バスのサスペンドラインより上
そして水面から約10センチより下の範囲内 と、言うことになります。

このレンジを バスを振り向かせる事のできる波動を持った存在 で攻略
これが 今日の早朝に軸となる機体に 課せされた条件だと言えます。

そんな条件からの逆算で 私が選ぶのは、
IMGP2705.jpg
スピナーベイト・・と、言うか SR-MINI です。

経験からの逆算なんですが、
水面がいきなり 薄い粉を吹いたら SR-MINI。

夏=高水温期 特有の
TOPで釣らなければならない位 ルアーを見るターゲットを
水面を活用しない=高解像度で分析されてしまう状況で・・

と、なると 答えは 形を持たない存在↑に 落ち着きますよね。


そんなこんなで、
SR軸で 急遽再構築した攻略プランは、
「SRのギミックを活用した喰わせ方向での波動合わせ」

1/2OZを基準とし(サスペンドラインからの逆算)
リアブレード№3 1/2(ノーマル) と リアブレード №3(カスタム)
をローテーションしながら 反応を確認し、喰う波動を検索。

そこから ブレードカラー、スカートカラーの順で ローテーションし、
確率追求をして行く と言うもの。

IMGP2694.jpg
この戦術に移行すると 15分くらいで↑本日のファーストフイッシュが
軽めのバイトで お出迎え してくれまして、ビンゴ!!。

そこから 更に絞り込んでいく事で
〇 リアブレード№3 1/2(ノーマル)
〇 ブレードカラー=シルバー
〇 スカートカラー=ホワイトチャートリュース 

と言った結論で まとまった次第です。

そして最終確認で残り数十分の時間を使って
ワームでスローな展開を確認しましたが ノーバイト。

そして やっぱSRなんだな・・と、変に納得なのでございました。


今日の攻略戦は、
残念ながら TOPでは楽しめませんでしたが、

プラン変更で挑んだ割には
コンスタントにカウント出来ましたので
楽しかったですね。

また 近々に参戦です。

ではでは。



  1. 2018/08/14(火) 17:20:09|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

バスリバーで真夏攻略


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、午前中の時間を使ってバスリバーへGO!!。
真夏のリバー攻略を満喫でございました。

今日の水温は30度。
水量は少なめ そして減水傾向 といった
夏としては あまり良くない状況の組み合わせ。

午前中縛りと言う事もあって
両極端なスイッチフイッシングで 今日と言う日を紐解いた次第です。

今日の状況を早いタイミングで教えてくれたのは、
↑冒頭のバスさん。

IMGP2675.jpg
沖の地形変化の上を通した バタクロに
小さくカシュと出た1本でした。

この1本で、水通しの良い沖の地形変化に
バスが回遊している事を悟りまして、

カシュと小さく出た=垂直に上がってきた事から
バスのサスペンドポジションは深め
と言った可能性を理解でした。

このポジションを把握した後に

もう1つの可能性
=水通しの良いチャンネルのショアカバーを
IMGP2678_20180810195953230.jpg
ブルフロー+」20ポンド+ジカリグ(リーダーレスダウンショット)
でチエックし、

沖に伸びた・・と言うか
ショアから少しだけ沖にオフセットしたカバーの最も沖側から

IMGP2673_20180810195950a73.jpg
パワフルな筋肉質系のバスさんを引き出し キャッチ。

2つ目の可能性を発見なのでありました。


ここからは、この2つの可能性から
より有効だと判断できるポジションに絞り 攻略を進めていきます。

私の判断は、沖の地形変化に付く(回遊する)バス
これを メインのターゲットとして攻略すると言うもの。

何故なら、TOPに出てきた=バスが動ける状況だから・・
と、いった判断です。
 
そして 駄目だった場合&時間経過で渋くなったら
岸のカバー といった 一応バックアップも考えて

残り時間、沖の地形変化&インビジブルストラクチャー(大岩、ゴロタなど)
を中心に、攻略といった行動で攻略を進めました。

結果、本日の作戦終了時間 AM11時まで
バックアップに移行する事無く

IMGP2679_20180810195955a04.jpg
ジカリグ+↑の2種類(旧ベビーブラッシュ&ドンキーブー)
のローテーションで 沖の厳しめの地形を 攻め続け

コンスタンスにブルフローを曲げて行った・・
そんな攻略戦でございました。

モヤッとした感覚なんですが、
沖の地形攻略にも 意外にジカリグ有効なんですよね。

食わせれると言うか アクションで魅了できると言うか・・
なんか、カバーのぶら下がりバス攻略だけで
今まで評価してましたが、

何か気付けて無いギミックが そこに眠っているような・・
そんな感覚を感じています。

食わせのジカリグ・・
探求する価値ありそうです。

そんな可能性を感じた 灼熱のバスリバーでした。

そんなこんなで 暑さ対策を万全に
ここから更に 夏を楽しんで行きましょう!!

ではでは。


  1. 2018/08/09(木) 20:00:06|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0
次のページ