FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

NOIKE プロトモデル実戦試験 展開!!

IMG_20200620_015819.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。
本日、サイド3からNOIKE のF提督(↑)が
試作プロト 初号機 を従えて合流。

プロト初号機を叩き台に 実戦展開で探究作業開始です。


まずは、実力機を使って基準を設定

今回は、アライブ4 ではなく,
あえてもう1つのスタメン”秘密のワーム”を投入して
評価する為の基準を設定する作業を開始。


IMG_20200620_154500.jpg
秘密のワーム×ベイトミドストで、
バスをバイトさせ キャッチする事で
湖の状況、バスのポジション、状況、釣れ具合等を確認
していきます。

数時間を使い 湖の有望スポットを検索し、
そのスポットを1回どおり 秘密のワーム で攻略
する。

この 畑でいう所の耕す作業を行なった後、
同じスポットを 試作プロト×スラッグ(ミドスト)で
チエックし、性能を計ろうという按配
ですな。


この方式でチエック開始!!。

秘密のワーム×ベイトミドスト で1度攻略したスポットを
再度流す形で攻略して行き、

IMG_20200620_154934.jpg
↑春っぽさを若干引きずってる系

IMG_20200620_154534.jpg
↑更に春っぽい魚

IMG_20200620_153150.jpg
↑沖回遊の差込だと思われる個体
と、色々なロケーションのバスをキャッチして行きまして、

IMG_20200620_152841.jpg
結果、F提督が従えて来た 全てのプロト (24本だと思います:F提督 談)
その全てを使いきって 終了
 となった次第です。

結果的に、叩き出した数字で判断すれば
悪くないんですが・・

これは、NOIKEのアドバンテージ=マテリアルの力 が捻出したものだと
そう 判断されまして・・

機体性能=マテリアルに掛け合わされる筈の
物理的運動性能の方は、
評価には程遠い
と いった そんな判断
に至った次第です。

まぁ 形になって1発目の初号機=叩き台 ですので、
神のいたずらで無い限り 良い筈は無い訳でして、
ここからの改修、改善で 理想に近づいていけば良い訳です。

今後の飛躍に期待!!ですな。



釣れるモノ作りは 全てにおいて そうなんですが、
1発で決まる筈はない。

良い機体とは 何回テストしたか?、そして作り直したか?
に 比例するもの
だと 私は考えます。

どんだけ時間が掛かっても
物作りに対して 甘え、妥協 をせず、探究を続ければ
結果は必ず付いてくる。

目指すのは、私的に最強だと思うNOIKEマテリアルと
物理運動=アクションの癒合。


2機あるエンジンの1機のみが回って この釣れ方なので
もう1つのエンジンが点火し、出力が上がっていけば・・
確実に使える機体が具現化される筈です。

NOIKEプロトの次なる進化 に期待!! ですな。

そんなこんなで 又次回。
ではでは。




スポンサーサイト



  1. 2020/06/19(金) 21:32:23|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

午後ヒロ 振りまくり のち パパクロな1日

IMG_20200618_195548.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、明日からスタートする
スラッグ系開発機体の実戦投入テストの準備で フィールドへ前入り。

雨の中 しっぽりと スラッグを振りまくって 体作りでした。



今日は、明日の実戦テストをより効率化するため
フィールドの状況確認 

そして スラッグを振って感覚を体に叩きこむ作業に
勤しみまして・・・

アライブ4(比較対象機体)
納得するまで使いこんだ次第です。

IMG_20200618_204404.jpg
アライブ4・・具体的には ローテーションをした結果導き出された
午後ヒロ+1/16ozの組み合わせで 振り倒しまして、
現時点でのアライブ4の攻撃力を確認。

この感覚を 基準に明日の実戦投入試験を評価
という あんばいなんですな。



全開でカウントを続けた結果、
用意した3パックを4時時点で消費してしまいまして・・
この時点で強制終了。

だか・・まだ時間はある!!

と、言う事で、アライブでの振りこみ作業の過程で
感じた 沖回遊が定期的に差し込んでいるだろう4スポット

IMG_20200618_195627.jpg
↑この子・・パパクローラーを投入し ご褒美タイムスタート。
(※写真は↓の1本目のアップです。)

雨の関係で4スポットの内 2スポットは
浮きゴミ防御弾膜が強烈に展開されていたため
展開不可能と判断。

残り2スポットで、パパクロを投入し
波動合わせ戦術を展開する事で、
IMG_20200618_195904.jpg
こっつあん でした。

今日の波動作りは、Y と言うよりはT方向のウイング角で、
インピッチ気味にウイングを調節

早く細かいパタパタアクションに調節する事で
IMG_20200618_195715.jpg
ヘッドアップが起こると・・そんなイメージでしたね。

短い時間でしたが 時分へのご褒美タイムは
甘~い蜜の味なのでございました。

そんなこんなで
作戦はいよいよ 明日の本丸との対峙へと移行。
気合をいれて頑張ります!!。

ではでは。
  1. 2020/06/18(木) 21:17:03|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

スラッグ振って体作り な1日

IMG_20200616_234017.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、金曜日から始まる探究作業に向けての体作りの意味で
探究作業が展開される現場で
1日どっぷりと スラッグを振りまくった次第です。

なぜスラッグを振るの? ですか?

それはですね、
私が現時点でベストだと判断している素材を持ったメーカー
NOIKE
の F提督から 開発サポートのオファーをいただきまして、

そのワームが スラッグ対応のワームになる予定だから
ですよ。

現時点で私のスラッグ(世間的に言う所のミドスト)小隊の主軸は、
アライブ4 &秘密のワーム そして ガルプフライ の3機でして

この3機の守備位置の穴を守る事の出来る存在が欲しい!!
と、かねてから 思ってたんですよね。

今回の相談と言うか、オファーが、その私の欲望とシンクロした為
2つ返事でOK
した・・そんな第です。

まぁ・・私は 雇われた訳ではなく、社員でもない
完全ボランティアでの参加ですので・・ですね

私の欲しい物の軸線から ズレた時点で
この案件からは降ろさせて貰う訳なのですが、

欲望の軸線上で進む限りは、
150%協力体制で臨む所存です!!。


IMG_20200616_233904.jpg
そんな経緯で、やるからには徹底的に!!
ということで、スラッグを振る体作りから スタート
と、言う訳です。

なにせ、ここ数週間
高速巻きシャッドの甘美な魅力に
取り付かれてましたので・・ですね。

巻きシャッドの体となってしまってますので、
その体を一度リセット。

スラッグから伝わってくる感触で
「機体がどう動いているか?」 を 理解できるレベル
へと
体をもっていかなけでば・・なのですよ。

そんな目的で 1日 徹底的に スラッグを振り倒した次第です。

IMG_20200616_233530.jpg
そんな気合の表れ・・と言う訳ではないのですが
メインのスラッグロッドに
更に状況に対応する為の 4タイプの予備を追加投入。

全5機体勢で フリフリなのであります。

IMG_20200616_233750.jpg
因みに、今日振る主軸はアライブ4。

今回の探究対象の機体は
このアライブと相互で運用する機体となる(筈)
なので、
比較対象として アライブ な訳なんですな。

IMG_20200616_233311.jpg
この アライブ4を軸にパターン構築に挑んだ訳ですが、

色々なローテーションで確認した結果、
今日の状況下では、

JIGヘッド1/16OZとの組み合わせ

波動の方向性は
ミッドピッチを軸に食わせ時にピッチアップ
といった変化にバイトが集中
する感じ。

カラー的には、数をカウントするなら 午後ヒロ
型に拘るのであれば スプリングマジック が良い感じでしたね。

スプリングマジック的には
魔法の有効射程(バスが完全回復するまで)ギリギリのシーズン
ではあるのですが、

型の上位5本 全てがスプリングマジックでしたので
効いてると そう判断な次第です。


IMG_20200616_233643.jpg
結果、まる1日振り倒し!!。

そして、カウントを積み重ねる事で
徐々にスラッグの感覚が 甦ってきてる事を感じた
そんな1日でした。

やるからには 全力で!!
気合をいれて 今回の案件に向き合ってみようと思います。

ではでは。
  1. 2020/06/16(火) 21:38:43|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

大アマゾン攻略戦


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、バスリバーのトーナメントエリアへGO!!。

集中豪雨による プチアマゾン~大アマゾンへと
変化していく過程を攻略でした。

お昼前の 雨が上がったタイミングから出撃。

このタイミングでは 状況は プチアマゾン状態
と、言う感じでして、

まだまだ存在感と言うキーワードで攻略可能な次元だと判断。

そういう事で 巻き物軸で攻略開始です。

ステイン(通常)状態で良かった 巻きシャッドから始めて
小型クランク へと 回し 反応が遠い事を確認。

プチアマゾン故に もっと存在感重視かな?
アフターだから金属系がツボだよね?

以上、2つの理由から スピナーベイトをセレクトし、
結果的に この判断が ビンゴ でした。

P6111018.jpg
時期的にはSRミニ系が良くなり始めるタイミングなのですが、

今日の状況では 存在感と言う観点から
ウォーイーグル が良かったですね。


時間経過と共に プチアマゾンは、
徐々に大アマゾン状態へと変化していく訳でして

攻略開始から2時間を待たずに 状況は大アマゾン状態へ突入。

そして 徐々にウォーイーグルへの反応は遠くなっていくのでした。

大アマゾン状態には 大アマゾンなりの対応で・・と言う事で、
先人の知恵というか、ありがたいお言葉を参考に
「ドチャ濁りは、地形変化をタイトに釣るべし!!」作戦へ移行。

投入するのは喰わせ力 とリアクション性の両面を
兼ね備えたりグ
P6111022.jpg
ハイフリー をチョイス。

ハイフリーに スモーキンダットのGBサフアイア
この組み合わせで 大アマゾン攻略へ挑むのでありました。

最初 5シンカーから攻略を開始するも 小1時間無反応。

もっとダイレクト感を重視したジカリグなのかも?
なんて疑心暗鬼に襲われながら

少しリアクション方向へシフトする為に
ハイフリーのシンカーを7gへチエンジすると、
コッ と 小さく鋭いバイトが ラインのスラッグを揺らし

P6110998.jpg
大アマゾン フイッシュ が おでまし でした。


この7gねのシンカーチエンジが吉と出たのか?
そこから バイトがコンスタントに起こるようになりまして、

P6111017.jpg
↑ご満悦 そんな 次第です。

シンカーの重さを変えるだけで無反応から一転。

シンカーのウエイトチエンジ=アクションチエンジなんだと
理解してるつもりなのですが・・

ここまで顕著だと 再認識させられますな(笑)。



いやはや、プチアマゾン~大アマゾンを追っかけながらの攻略
正直、面白かったです。

お昼からの短時間でしたが 内容の濃い
趣深い時間で ありました。

ではでは。
 




  1. 2020/06/11(木) 20:40:08|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

バスリバーで巻き倒し三昧

P6050975.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、ロッドのテストでバスリバーへ出撃!! でした。

何のロッド?・・ですか?
P6050982.jpg
FC60 及び FC60的なモノ を使い倒す事のみに拘った
FC60専用機の ですよ。

FC60を高次元で運用する為の存在の開発テストなので、
もちろん 今日使うのは ベビーシャッド FC60 のみ

この機体のみの一点突破で
バスリバー トーナメントエリアを攻略でございました。


P6050980.jpg
今日のフィールドは、午前中 快晴
午後になるに従い 曇りベースへ移行といった状況。

午前中 快晴の時間帯は 「赤い彗星」
午後曇りベースになるに従って 「巻きのヒロシ」
存在感を示すといった感じ。

アクション的には
午前中 よりも 午後=曇りベースになるに従って
高速→よりリアクション性が強いアクションが有効
になっていく・・

そんな イメージでしたね。

IMG_20200605_225417.jpg
サイズ的には 小型が先行する形で
状況とスピード と波動変化の方向性がシンクロすると
型が ドン と飛び出る感じ。

光量と&時間経過で バスの嗜好が変化していく
そんな状況でしたので、

絶えずスピード合わせ&波動の方向性合わせを
意識する必要があり
、そういう意味でも面白かったです。

数のカウントは この時期にしては 納得の域をマーク。

型は、中型まではコンスタントにキャッチ出来たので〇。

ただ、最大魚に関しては、
あまりのパワーに ヒゲだと勘違いしてしまい
船べりで見えた瞬間 慌てしまい ミスしてしまったので・・ですね

なんとも 締まらない・・そんな感じでしたね。

ロッドの調整は ここ数回のテスト&改変で
確実に理想に向かって新化できてますし、

今日も 良いデーターがとれたので 良し!! ですな。

今日のデーターで 再調整し、また近々に出撃です!!。

ではでは。





  1. 2020/06/05(金) 21:01:22|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0
次のページ