FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

エギング釣行会・・・開催!!

やっぱりエギングは面白い!!
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。
今日は、2010年モデルのサイトスイーパーの仕様確認のテストを兼ねたエギング釣行会に行ってきました。

今期、2010年モデルのサイトスイーパーは、使用を若干マイナーチエンジしてまして、
Kガイド仕様を選べるようになりました。

このKガイドのセッテイングを秋の入り口位から微調整しておりまして、
その最終セッテイングの確認が今日のお題…という訳です。

ちなみに、今日は、より多くのデーターを…といった趣旨から
状況に対応しやすい、戦艦やまだでのボートエギングをチョイス。

そんで、3時間弱のエギングを堪能…そんな次第です。

今日の、玄界灘は少し潮の色が変。
少し前の寒波の影響の影響でしょうか??

確実に「ちょい渋」の信号が色濃く点滅です。
そんな関係で、改善スピードの速いカレントエリアと、
密度の多いステイエリアのクロスオーバー部分に的を絞り
回遊個体をターゲットに、色を絞ることでシンクロを図る事に

スタンダードカラーのローテーションをして…その反応から色を絞り込むまでに6工程ほど…
そんで、色を絞り込めば、イカからのアクションが感じ取れるので、緻密なポジを把握、

この作業に更に3工程ほどを経て、
結果、お祭りモード突入…でした。

カマエモンも良型キャッチ!!                                  
ちなみに、カマエモン君のアオリ。
こいつは、亜空間リンクで導き出した裏カラーで引き出した1本。

佐々隊長もキャッチ!!
そんで、昨日に引き続き2日連続で作戦参加の佐々隊長もしっかりキャッチでした。
ちなみに、佐々君は、今回のエギング釣行中唯一の一杯がこのアオリ。

彼は、不運にも今日の結論カラーがストックに無く、
エギのカラーを合わせられなかったんです。

この事がこの貧果の理由。
今日の場合は、僅か3時間ほどで釣果1:十数倍の差…
エギのカラーを合わせられないと、必然的にこうなってしまいます…。
(彼の名誉のために書きますが、逆の立場だったら、きっと私がこうなってます。)
エギのカラー合わせは、高次元の釣果を求める上ではかなり重要なファクターなんです。

その重要性が判っているからこそ、恐ろしい色数を玄人は持ち歩くんですが、
ボートであれば80本前後、陸でも30本前後を常に持ち歩く私でも、
1年に1回あるかないかですが、カラーを合わせられず、痛い目にあってしまいますもんね。
いやはや…エギのカラーは非常に深いです。

話は若干逸れますが・・・
佐々隊長のみ無反応だったので、
「隊長、このエギ貸すから使ってみたら・・」

と言う問いかけに、
「釣れない事を確認することも勉強ですから・・・」
と、返す隊長に本格派のオーラを感じたのは…私だけでしょうか??。

みんな、こんな体験を経て、ストックが数倍に拡大するんだよな…
と、自分の過去を振り返りながらしみじみ思う漁労長でした。

サイトスイーパーのテストも合格。
Kガイドシリーズをカスタムではなく、スタンダード対応としてリリース決定です。
欲しい方は、是非是非。

また、従来ガイドをKガイド仕様への変更…
これも、対応OKですので、お気軽にお問い合わせください。

ではでは。
  1. 2010/11/05(金) 23:10:41|
  2. エギング
  3. | コメント:0

エギング実習で鬼軍曹

椎原君がGETした1.3kg・・玄海エビマーブルでズドン!!・・でした。
みなさんこんにちは。GROOBER'S BENDの桑野でございます。

今日は、学校の実習で九州北西エリアにエギングに行ってきました。
そんで、夜明けから日暮れまで(と、言ってもお昼ねの時間を設けましたが・・)シャクって、シャクってシャクリまくれ!!~と、鬼軍曹モード全開で吠えできた次第です。

今日の北西エリアは、”簡単”とは言えない・・と言うか、正直難しかったと思います。
イカが居ないんじゃなくて、居て食わない・・いわゆるプアー(やる気なし)状態でしたから・・。

その厳しい状態の中で、引き出された最大サイズが、椎原青年が玄海エビマーブルカラーのアオリーQ3.5号で引き出した1300g。(上の写真)今のタイミングでは十分すぎるサイズだと思います。

ちなみに、本日の平均サイズは・・といいますと・・
この位のサイズがこの日のレギュラーでした。

この位がどーしても中心になってしまいますね…プアー状態だと。

そんな中で若人達は真剣にやってましたね。
なにせ、メゲる事無く1日シャクリまくりでしたから・・。

その姿勢は評価に値すると思います・・正直。
そんな感じで、朝から、晩まで鬼軍曹…な1日でした。
若人よ・・また行こう!!

ではでは。
  1. 2009/12/11(金) 19:25:29|
  2. エギング
  3. | コメント:0

エギング ブートキャンプ 3日目

タイドマーク直前の亜空間ゾーン??・・でバイトした1杯

みなさんこんにちは。GROOBER'S BENDの桑野でございます。
今日は、エギングブートキャンプ3日目。

この日に、この島を取り巻く環境・・と言いましょうか、島全体におけるスポーンのシーケンスの歯車が音を立てて1クリック回転しまして・・・その事を気付き、応用する事が出来たか否か・・で明暗が分かれた・・そんな最終日でした。

私の隊は、季節が1クッリック進んだことは理解できたんですが・・タイミングにその解決の術を求めてしまった結果、1kg+アルファ位までで、数は出たものの型を見出す事に関しては後手後手でしたね。

修行が足りません・・一人ブートキャンプ決行の必要性さえ感じる・・そんな1日でした。

そんな中、2日間・・というか、3日間の午前中まで風の影響で攻略不可能だったスポットに風の弱まるタイミングで入ったチームが、引き当ててくれましたよ。

ブートキャンプを締めくくる1杯・・と言うヤツをね。
それが・・・↓このアオリ!!
今回のエギングブートキャンプを締めくくる1本2300g!!
またもやりました、源君。2300gの巨大空母級。
今回のエギング ブートキャンプ3日間を通じて3杯目となる2kgオーバー。

出るところにして、出た・・という感じですね。
この出る所・・とは、場所ではなく今日のタイミングがその場所にシンクロした・・と言う意味。

多分、昨日凪だとしてそのスポットに入っても、きっと昨日までは釣れていないイカですよ・・多分。

少々難しい話ですが、あるエリアで起こっていたことがそのエリアで収束し、その同じ現象が地形の対象点もしくは対極点(この2つは位置的には違う場所になります・・)で始まる・・といった”島に起こる地形を横断する接岸のタイミング”・・とでも言いましょうか???このイカが釣れた時の状況が、前日までメインにしていたスポットと類似していて、前良かったスポットは収束を初め、全然気配の無かったエリア対称エリアで爆発・・この状況を見る限り、多分にコイツが発動したんだと思いますよ・・。

今日というタイミングで接岸が起こるスポットを引き当てる・・なかなかブートキャンプを締めくくるにはオツなまとまり方でしたね。


話は若干変わりますが・・
最終日のストップフイッシングの時間が迫る中、「もう一杯・・・」と気合を入れて集中する若人の1人にふと目をやり・・・そんで、シャクリのテンポやスピード、シャクリ方、立ち位置、メンディング等の細かい動作・・といった一連の流れを見て思うわけです「3日前とは別人だな・・」と。

そんで、そんな姿になんだか軽い充実を感じる・・そんな鬼軍曹でしたよ。
釣果ではない部分に充実できる・・たまには、こんなキャンプでの鬼軍曹役もオツなもんです。
また行こう!!若人たちよ。

そんなこんなで無事帰還。
ではでは。
  1. 2009/06/13(土) 20:09:47|
  2. エギング
  3. | コメント:0

エギング ブートキャンプ 2日目

みなさんこんにちは。GROOBER'S BENDの桑野でございます。

今日は巨イカ島でのエギング ブートキャンプ2日目。
この日の午前中は、昨日の釣果、各所においての行動の評価で選抜した精鋭・・いわゆる「激シャクリ野郎 A-チーム」と鬼軍曹の組み合わせで午前中の時間、ブートキャンプを実施。
(3チーム編成ローテーションしながら3人がかりで鍛えまくり・・なんです。)

就寝から数時間しか経っていないAM4:00.「起床、起床だ!!~」と叩き起こされ、トレーニング開始。
魅惑のお昼寝タイムまで気合を入れて修行開始・・です。

今日の朝・・私の心に置いてあるイカ索敵レーダーが私に可能性を語りかけてくるんです。昨日の2KGオーバーの回遊ルート及びタイミングの分析結果を活用しろ・・と。

そんで、車でファーストポイントに向かっている途中で急遽作戦変更。本来の作戦目標である「ビックリーフ×タイドを活用したオスクルーズ攻略」から「タイドエンドの魔法を活用した巨イカのルートシューティング」へと攻略目標を変更したのでした。

そんで、昨日と同じ強風にコンセントレーションを削られながら、このパターンを追求、追求。

そんで・・・タイドエンドが訪れ・・タイドチエンジに移行する余白部分のタイムラグに差し掛かった時、源君のロッドがグンと綺麗な曲がりを描き始めます。

源君のカスタムロッドは、サイトスイーパーのブランクがベース。サイトスイーパーがあの曲がりを描く・・と言う事は・・「ヤツが来たな!!」と、直感する鬼軍曹。

そんで、重々しいファイトが始まり・・いやはや、大げさではなく本当に長かった。(源君がファイトに慎重すぎたから・・かも)
数分に渡るファイトの末、ランディングネットに収まったアオリは、なんと2800g!!。今修行における最大サイズのアオリイカでした。

「で、でけーっ」その後、その場所一帯は、歓喜の声で埋め尽くされるのでした。
(ここで一つ心残りだったのは・・源君にマイケルーアーコネリが乗り移らなかった事。最低YES!!+下ガッツポーズは欲しかった・・私なら確実にやってるよ・・多分。)
朝一の沈黙の艦隊攻略戦において見事捕捉に成功した巨大空母級
ちなみにタックルデーター
ロッド:サイトスイーパーベース 島人カスタム
リール:
ライン:
エギ:アオリーQ プレミアム バレンシア
でした。
この2800gは沖縄県出身の彼にとってのタイ記録なんだそうでした。
おめでとう!!源君。

そんで・・その後、元々のパターンへと戻り、そんで展開。
戸坂君がキャッチした1杯
最大魚↑
園田君がキャッチした1杯
アベレージ↑

と言った感じでした。

そんで、英気を養う魅惑のお昼寝タイムを経て、午後の部スタート。
午後は、一旦これまでのパターンを棄て、そんで1から構築をやり直し。
新しい可能性を見出そう・・・と言うのが午後の目的。
正直、風で行動が制限されている為、かなり難しかったんですが・・それなりに新しい可能性を見出せました。結果的にサイズはともあれ、数はそこそこマークでき、それなりに学ぶ事の多かった・・そんな午後でしたね。

あ、そうそう・・午後に私は会心の1本をキャッチしたんですよ。
それがこれ↓
トントンエギングでヒットした巨大アラカブちゃん
マグナムサイズのアラカブちゃん。
玄海海老マーブル(通称デルピエーロ)4.0号でのキャッチでした。
こいつ・・かけた瞬間巨大なタコかと思いました・・正直。
「ウン!!セクシ~」と言う事でこの子はリリース・・でした。

そんなこんなで2日目終了。
明日は仕上げの最終日。
気合を入れてシャクリまくり・・・です!。(若人たちが・・)

ではでは。
  1. 2009/06/12(金) 18:25:03|
  2. エギング
  3. | コメント:0

エギング ブートキャンプ 1日目

みなさんこんにちは。GROOBER'S BENDの桑野でございます。

本日から3日間のカリキュラムで本気モードのエギンガーを養成する、「エギング ブートキャンプ IN巨イカ島・・がいよいよスタートしました。

今期参加する若人は学生諸君12名。この12名に、鬼軍曹×1、鬼教官×1、生徒会長×1の計15名で真夜中の巨イカ島に降下したのでしした。

今回のエギングブートキャンプは、若人に本物のエギング魂を芽生えさせる事が目的。
そのために・・・鬼になれ、鬼だ、鬼になるんだ!!漁労長~・・・・トロリロリ~・・とタイガ-マスクのオープニングが心の中で流れ・・そして鬼軍曹へとジョブチエンジ。

かくして、エギングブートキャンプは始まったのでした。

と、ここからいよいよ本題な訳ですが・・
今回は、ブートキャンプだけにかなり色々な可能性を追求しまして、その全てを書いていると超大作級に長くなってしまうので・・写真+コメントで失礼です。

夜明け前のタイミングでの1杯・・この1杯で状況把握は高速で進んでいきます。
国土地理院発行の地形図4枚と、1週間の天候、風向きから割り出した答えとシンクロする位置関係に存在する漁港で、僅か3キャストで引き当てた1600gのGOODサイズ。

状況把握の応用ですぐさま答えが返って来た的1杯。自己新だそうです。
1杯目のデーターからその後、プチフィーバーモードに突入。
考え方の延長線上から、引き出したこれまた1600gのGOODサイズ。

谷君がキャッチした1杯
このサイズがメインで展開。避けて避けて・・そんで絞り込むと大型のオスをGET・・という、そんな構図でした。

アップタイドを活用した回遊攻略での1杯
午前の満潮・・ハイエンド付近で起こる魔法めいたタイミングでクルーズしてくる回遊を攻略。

激ジャクリ3年でついにリールが破損・・さすがにビビリました。
1日目の昼前に・・ショートジャークしていると何か違和感が・・・
「???・・・・」とリールを眺めていると、「ポロッ」と本体が手の中へ・・
酷使3年。ついにカルディアKIX改・・ボディが真っ二つになってしまいました。
予備もってきてよかった・・備えあれば憂いなし!!・・です。

(上に写真があるつもり:後日UPと言う事で・・)
午前中のタイミングで別働隊の細川教官がキャッチした2100g
初日からいきなりの大台超えGETです。

山下君がキャッチしたGOODサイズ
そんで、山下君gはキャッチした1800g。本日を締めくくる一杯でした。

と、こんな感じが初日のピックアップトピックス・・って感じです。
初日は、南西の風が夜中からず~っと6~8mで吹きまくりでして、その部分が部隊の攻略確立を著しく下げてしまってましたね。

まあ、自然環境の克服も、これまた修行なので今回のブートキャンプにおいてはアリなのですが・・ね。

若人の2日目以降の飛躍に期待期待・・です。
  1. 2009/06/11(木) 17:25:05|
  2. エギング
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ