GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

POWER CONE BULL-FLOW・・・debut!!

IMGP9459.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

先日、お知らせしてました
2017年度リリース 第1弾の新鋭機

POWER CONE Bull-frow(パワーコーン ブルブロー)
の インフォメーション お届けです。

このブルフローは、戦略性 よりも 攻略性、 
技 よりも 剛 を重んじて設計された パワーシャフト。

ヘビーカバー攻略&ヘビーウエイトコントロールを軸として
デザインされたモデルです。

具体的な使用用途としては、
IMGP9460.jpg
ラバージグ、テキサスのカバー攻略。
IMGP9465.jpg
同じく、ラバージグ テキサスログでの
ウィード、パットのパンチング。
IMGP9463.jpg
ジカリグや、テキサスを使った
カバー沖の中層スイミングでのアプローチ
IMGP9457.jpg
そして BIGベイトの キャスト&コントロールを視野に入れた

パワーゲーム全般を網羅できる 立ち位置のモデルです。

高い耐久性と、広い対応力 この2軸で アングラーをサポートします。

軽く、硬い使用感なのに
実施に使うと 負荷に応じてスムーズにベンドし、
そして 強力なトルクを捻出する・・・

無骨 を軸とした パワーシャフト ブルフロー
は、アングラーを高次元でサポートします。


 

IMGP9462.jpg

Bull‐Flow(ブルフロー) 基本スペック

○レングス 7.3ft
○ブランクス 3Dバイアス チューブラーカーボン
○グリップ  ECS+KN フォアレスデザイン↓
 +シェイプドストレートEVA+EWBC 標準装備

IMGP9545.jpg
正規モデルは、KNフードのチエックが ブラック+シルバー
(写真のカラー)となります。
     
因みに
○スレッドカラー ブラック
○エンブレムカラー ブラック/シルバーグラデーション


無骨 故にシンプルなカラーパターンを採用です。

○ガイド FUJI チタンSIC Kガイド搭載↓
IMGP6144.jpg
TOP FST 口径6mm メイン KTSG& KBSG 口径5.5mm、6mm
バットから2個 KWSG 口径 7mm、8mm採用 11個仕様


補足
○リアグリップ 27cm
(EVA+バランサーの合計の長さ)
IMGP6164.jpg
←スタンスラスター  →ブルフロー
IMGP6166.jpg
腕の内抜きが可能な範囲内で限界の長さに設定。
長すぎず、短すぎない 絶妙な長さです。

○リールシート=ECSを採用
IMGP6151.jpg
↑握りやすさと 手首への負担軽減を考え ECSを採用です。



以上の 仕様で 今回 先行リリース です。
(2016年に 正式リリース予定)

価格は、上記デザインの
EVAグリップ仕様で53000円(消費税込み)
コルクグリップ仕様は +1950円 です。

因みに
納品は、注文受付順で 注文確定後 約2~3週間を予定しています。



ご予約は、↓下記注文フォームから どうぞ。

POWER CONE ブル・フロー 注文受付フォーム

予約受付後 こちらから モデル説明のTEL を させていただきまして
その後 正式受注 となります。


又、気になるみなさんは、お気軽にメール、お電話でお問合せくださいね。
なにせ、カバー攻略用 というカテゴリーは
個々アングラーの拘り満載のカテゴリーですので・・です。

具体的な使用範囲、ブランク特性等 を含め
お話をお聞かせいただき 回答させていただきます。


よろしくお願いします。


POWER CONE シリーズ 最強の
剛を重んじた無骨 ブル・フロー。

皆さんからの お問合せ 心よりお待ちしております。

ではでは。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/16(金) 16:00:00|
  2. ロッド製作
  3. | コメント:0

フォースの導きの元に・・


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

近頃のお題・・それは ネオジュウムを感じれるようになる事。

マスターヨーダーの教えの如く
使いこなそうとせず 感じる事 この心で 取り組んでおります。

1日に2~3の設定を作り 投げては バラして再設定
の 繰り返しな訳ですが・・

流石に これだけ鍛錬を積むと なんとなく 感じれるような・・
そんな感覚が日々高まってくるのを感じてまして

ネオジウムのフォースを感じれる日も近いかな?
なんて 希望的観測です。

徐々に形になってきているのは確実でして、
それと平行して V計画の方も
良い感じでニュアンス掴めるようになって来てます。

現在、本格的な耐久テスト用の カスタムユニットも製作中でして
完成次第 耐久テストを兼ねた 正式版の実戦テスト開始予定。

完全な趣味の領域ですが、クランクお宅の私にとっては
無くてはならないリールですので・・です。

そんなこんなで切磋琢磨。

ではでは。 
  1. 2016/10/15(土) 23:03:29|
  2. ロッド製作
  3. | コメント:0

古代遺産 発掘!!

IMGP7867.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

本日、福岡の某所にある アナハイム より
試作ベースとなる機体達が 到着 でございました。

この頃、予備のストック を使いすぎて 枯渇状態が懸念されておりましたが
これで、少しの間は 気兼ねなく 製作に挑めそうです。

いやはや・・ひと安心・・ですな。

IMGP7866.jpg
今回は、Pi & PVの両方が発掘できたので なお良し!!。

なにせ、可変インダクトローターに可能性を感じているので
手持ちが比較的少ないPVが最も欲しい機体だったんですよね。

ここ数日で、心置きなく啓作・・です。

ではでは。

  1. 2016/10/11(火) 22:15:23|
  2. ロッド製作
  3. | コメント:0

古代遺産ベースだと GOOD!!


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、気合で組上げた ver3.1Vの試作機を中心に
激風環境下で 投げ込み でした。

現段階で ネオジウムの心が感じ取れない私には、
フォースを感じる事が可能な 古代遺産ベースの運用しか手段がなく・・

故に 限りあり資源をフル活用の方向で組上げた
稼動域限定型Vスプール対応ブレーキユニット これがver3.1V。

古代遺産系の素材には慣れ親しんでいるので、
前回のダメダメ感MAXな感じを 忘れるほど 良い感じでした。

このPi と PVの2つの素材を部分的に使用する設定の3.1V。
いつものテスト環境=バーニング3(ラウール)のウエイトで
ダイヤル3.5まで活用が可能な設定に たどり着きました。

確実に ブレーキの掛かり方の曲線が理想に近づいてますね。
まぁ・・・マユツバですが・・。

ともあれ インダクトローター可変型スプールの活用にも 光明が見えてきましたし、
なんだか 気分が良い・・そんな午前中でございました。
IMGP7863.jpg

ただ・・この古代遺産の活用は、
古代遺産のベースボディが無いと実現できないので、
最終的には ネオジウムのフォースを感じなければなりません。

ここから 試練ですな・・。

そんなこんなで 更に探求。

ではでは。
  1. 2016/10/10(月) 20:50:40|
  2. ロッド製作
  3. | コメント:0

ネオジウムの心を感じれない・・


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、仕事の合間を縫って 数時間 投げ倒し に行って来ました。
何を?・・・ですか?

趣味に加速が付いた勢いで 探求してます ↑コレを・・です。

昨晩新しい機体を組上げた関係で
ver2.1、ver3.1 ver3.1N の3機体制になりまして

今日は、新しいブレーキユニットver3.1Nのテスト

そんで、3タイプ それぞれのブレーキユニットに対する
103スプール、 105スプール、限定可変型PVスプール

それぞれの愛称を 比較しながら バランスを模索
という 作業です。

比較する事で、適正な設定バランスの座標が見えてきますし、
その座標軸は多ければ多いほど精度が上がりますので
2軸より3軸の方が 高効率なんですよね。

故に今日は 徹底して比較検証なんでございますよ。


ちなみに、この頃 テストで基本的に投げてるウエイトは
IMGP7855.jpg
↑この 重さ。

クランクとしては最軽量クラスのルアーで検証です。

と、いっても 軽いものを投げれる性能を探求しているのではありませんよ。

クランクベイト専用機として求められるのは 軽いものを投げれる性能ではなくて
軽いものから重いものまでを1個のリールで投げる事のできる性能。

そして、良く飛ぶ・・ではなくて
コンスタンスにトラブル無く投げ続ける事のできる性能です。

最軽量で、空気抵抗の大きな形状を 向かい風の条件で投げることで
慣性力が小さい状況=ルアーの飛行中のに極端なスピード変化が起こる
=トラブルが起こりやすい状況・・となる訳で、

この状況下で トラブル無く投げることが出来る事
= どんな状況でも安定してキャストをキープできる性能 となる訳です。

なので、あえて小さいく、軽く、空気抵抗の大きなルアーを選択なのです。


話は、横道に それましたが・・
本題に戻って 今日の検証結果。

まず、ver3.1N

まったく ダメダメでした・・。

この3.1Nは、2.1&3.1に採用している
旧型のTD-Xに本来搭載されている標準装備の磁石ではなく、

現在主流のネオジウムを使用したユニット。

今までの2.1、3,1は、ジャンクの機体からの磁石の再利用なのですが、
限りある資源ですし、今では入手不可能な弱い磁力の磁石ですので

未来を見据えて 現代のネオジウム磁石でバランスを模索してみよう
という判断でのチャレンジなんです。

いままで散々イジリ倒してますんで、従来の磁石の持つ癖と言いましょか?
ニュアンス的なものは体で理解できてまして、

感覚で ニュアンスを合わせることが可能なんですが・・

ネオジウム磁石には、この感覚は どうやら通用しないようです。

ある程度の修正値を加味したつもりだったんですが・・・
まったく持って ネオジウムの心がつかめていない・・そう痛感でした。

ネオジウムの心が判るまで 試行錯誤・・ですな・・これは。
IMGP7858.jpg

そんでもって、比較対照ですが、3本目の軸がダメダメだったので・・
なんですが、それでも ひょうたんから駒的な 発見がありました。

この発見の活用・・やってみる価値アリ だと判断です。

と、言う事で 一気に具現化。
IMGP7862.jpg
漆黒のブレーキユニット ver3.1V です。
この設定 スプールの愛称次第では化けるかも・・

だけど、古代遺産のフル活用なので・・
その部分は 改善を 考えないといけませんな。

ではでは。
  1. 2016/10/08(土) 23:55:01|
  2. ロッド製作
  3. | コメント:0
次のページ