FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

夏のベクトルと、秋の気配

今年もやりました!!90UP

みなさんこんにちは。
今日は、朝5:30分起きで、水路パトロールに行って来ました。
と、言っても朝早く起きたのは違う目的。その目的の場所が結構遠いので、必然的にその現場に到着して目的が終了する頃には日が高くなって熱くなっている訳で・・そうだったら更に足を伸ばして昨日から気になっているエリアをついでにパトロールしてラーと遊ぼう!!・・てなノリなんですね。

予定通り8:30分に目的をコンプリートし、更に奥地にGO!!。
昨日感じた秋の気配が本当ならば、このエリアにそれが作り出す魔法効いているはずなんです。ただ、水路に拘り水路に生きる!!を身上(どこかのキャッチコピーみたいですが・・)とする水路マニアに私的に言わせていただければ、このエリアは把握度の低いエリアでして、魔法を利用しようともそのベースとなるデーターが少なすぎるのです。そこで取る行動は・・ズバリ「走る」。

とにかく走ってチエック、チエック、チエック。魔法が効くロケーションを探します。30分ほど探して最初にピンと来たエリアに入り、居るんであればココというピンにカエルを浮かべてみます。気になる1ヶ所のピンに私としては珍しく(せっかちなので通常1回しか投げない)2投、3投とキャストを繰り返します。そしてものすごく小さく・・ブッと吸い込んだバイトを見た瞬間「デカイ」と直感が走りまして合わせを入れると私の愛機「ラー三昧」がバットから大きなベンドを描きます。
あまりに最初の突っ込みのスピードが速かったので「ラー・・ではない???」と思った瞬間、ウイードごと中を舞ったのは巨大なラーちゃんでした。

さすがにこのサイズは尋常な引きではありません。重々しいヘッドシエイクをロッドで吸収しながら口を観察すると口腔内に確実にフッキングしている模様。口を開かせなければ取れる!!・・と確信したもののハンドランディングしにくい地形の為、異様に時間がかかってしまいました。興奮を抑えながら慎重にキャッチしたのは、私の中の大台90センチを超えた巨ラー。濡れたフラット面を探し、慎重に計測・・・90センチをわずか8mmですが、確実に超えた現時点での今年の最大魚。水路のラーらしいスレンダーなプロポーションで、釣られた後さえない綺麗な魚体でした。正直言って満足です。秋の魔法サイコ-!!。

その後、約3時間釣もしないでパトロールに徹してエリアの把握度を上げ、今日のパトロールは終了でした。

常々水路で、90オーバーを目標にラーと遊んでいるのですが、正直90を超える事はそう簡単ではありません。水路にハマってから通算3本目となる今日のラーちゃん。水路の90UPは80UPを50本釣っても確率的にめぐり合えないくらい貴重な魚なんです。秋の気配が落としていった魔法に感謝、感謝。そんでもって、明日から通算4本目の挑戦がスタートです。

そんでもってお知らせです。
明日は火曜日・・と言うことで5:30分開店です。
よろしく願いします。

そんなこんなで又次回。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2006/08/28(月) 21:37:49|
  2. ライギョ釣り
  3. | コメント:0