FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

九重フイッシングリゾートへGO!!

フライロッド「陽炎」のテストにて・・
みなさんこんにちは。GROOBER'S BENDの桑野でございます。

今日は以前から計画しておりました管釣り釣行会を9人のアングラーさん達と楽しんできました。
本日訪れたのは「九重フイッシングリゾート」。知る人は知る・・そうあの九酔狭の近くにあるポンド型の管理釣り場ですね。

ここの鱒ちゃんたちは異常にコンディションが良い個体が多く、ひれがピンシャンなので結構引いてくれて楽しめます。

その九重での本日の私の行動目的は・・
①フライロッド「陽炎」のニュアンスを確かめることでこのロッドに盛り込んでみた仕掛けが機能しているかどうか?・・の確認。
②ここんとこの素材研究で題材となった「特殊素材」の効果を試作での鱒攻略を介して把握、理解し、その可能性のベクトルを模索する。

以上、2点。
つまり、決して遊びでいっているわけではないんです!!。真面目に仕事!!ですから・・。
と、言い訳はこの位にして・・正直、何割かは鱒と楽しみたかったからです。
・・・・すみません。

さて、8:00現着。そんでそそくさと準備して8:30分から実釣開始。午前中は、試作の陽炎のニュアンスを確認する意味でフライでアタックでした。

この陽炎は、既存のブランクを2次加工し具現化されたモデル。ファーストセクションとセカンドセクションのブランクの持つ方向性を本来とるべく軸線上ではなく、任意の軸としてそれぞれを使分ける事で#2の柔らかさでキャストフィールを向上できるか??を追求してみました。

実に、この試作はフライロッドを企画制作したいと思って作っているのではないんですね。(フライは本職ではないので・・)ただ、フライロッドという他のロッドとは一線を介した性能が必要とされるロッドにおいて、その性能を自分なりに「どう調整し、具現化できるか?」・・と言う部分に私の中の「アレンジャー魂」が引かれた結果、試作されたモデルなんです。

今日、初めて振ってみて・・想像以上に良い感じだったんで、「この考え方・・意外にマトをえてるかも」などとプチ自画自賛モード突入でした。特にバックキャスト方向軸にループの支持力を集中させたことはプチひょうたんから駒でしたね。あと、ガイドの間隔をショートピッチとした部分も特殊効果付加に一役貢献してくれてました。「なるほど・・」と思えるロッドアレンジャー冥利に尽きる出来にほくそ笑む漁労長なのでしたよ。

そんで・・この考え方をソルトフライのロッドに応用できれば、更に可能性大かも・・などと都合の良い考え方が発展しまして、次回作はソルトウオーターシューテイング用の#9~#10くらいのモデル製作にチャレンジです。

もうしばらくフライロッドは探求する必要があるみたい・・なので探求してみたいと思います。
今まで以上にフライロッド製作依頼・・大歓迎です。製作予定ありましたら、是非お声がけを!!・・です。

フライロッド&鱒ちゃんの2ショット

と、ここで横方向にスライドした話は強制的に元の筋道へと戻されるわけでして・・
午後は新素材を採用した「タイドテーブル フリースタイル」・・つまり海用の自由試作作品のテストです。このロッド、いわゆる指向性素材が使われている訳でして・・この指向性素材の持つショックを吸収と言いましょうか、反発力が集積される事を遅延させる効果をいかにロッドに付加し、その性能をどのカテゴリーで活用すべきなのか・・を探求する為の叩き台・・これがこのタイドテーブル フリースタイルなのですね。

今のところ、アジング、管釣りのクランキング、そんでメバルのプラグフイッシングに活用できるのでは・・と考えておりまして、その可能性の一つ、管釣りを介して今回探求な訳です。

今回午後の時間でこの指向性素材を試してみまして感じた事は・・
○乗せやすくバレ難い
○柔らかい割りに軽いものが異常に飛ぶ
○スラッグ系のアクションが演出しやすい
欠点としては
○ショックアブソーバー性が高いのでスラッグアクション以外の鋭角なアクションが付け難い
○ロッドの初期パワーがかかり難い(中盤以降のパワーは問題なし)
・・といった感じでした。

今現時点で最もこの性能が生かされるのは
なんといっても鯵。
アジングに関してはかなりイケてる素材ですね。
それと、管釣りのクランキング。この用途にも威力を発揮すると思います。
クランクベイトのアクションを増幅する効果があり、又、素材の特性的に鱒の「鋭角で小さなバイト」を素材自体が「ゆっくりとした方向性の力」に変換してしまうので針飛び・・いわゆるハジキを防止し、フッキング性能は飛躍的に伸びますね・・これは。
この2つに関しては正直使える素材でしょうね。

今度は鯵をターゲットに是非使ってみたいです!!このモデルを・・ね。
午後は新素材の方向性の確認でした・・そんで釣れた鱒ちゃんです。
そんな感じで午後も鱒と戯れながら探求の時間を堪能した漁労長でした。
また近々にいきたいですね・・・管釣り。

そんなこんなでまた次回。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2008/12/26(金) 15:43:11|
  2. フレッシュウォーター
  3. | コメント:0