FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

渓流BOOとキャンプ2日目

生涯お初・・・の岩魚さん
みなさんこんにちは。生涯お初の岩魚との出会いを果たしたGROOVER'S BENDの桑野です。
岩魚は居る所に行かなきゃ釣れないので…九州人の私は実に岩魚を釣った事がなかったんですね。
実に、実に感動でした。お初…はどんな形でも興奮するモンですね。

さて、私桑野は現在、渓流BOOとキャンプ…ということで若人君11名を引率して鬼教官やってます。
昼間は、朝=ルアー、午後=フライといった2クールで渓流を駆け回り、

体験でフライも今回は盛り込んでみました
そんで、夜はアウトドアの実習を兼ねて色々ゴソゴソです。
このローテーションで3日間の山ごもりでして…宿泊にはキャンプグラウンドを使ってますんで、正直そこまでハードではありませんが…それでも未体験の若人君達には3日間のキャンプ&フイッシングは、若干ハードみたいでしたね。

現代の若人は炭の着火などを体験した事がないみたいで、意外にも火を起せない子が殆ど。
着火材や、ダンボール等で着火を試みますが、数年分の湿気を吸わせた炭が相手では付くはずもなく…
結果、鬼教官から種火のつけ方から火のまわし方…といった一連の流れを叩き込まれる事になる訳です。

最初は良く分からない様子でしたが、一度理解できると簡単に火を起してましたね。
夜の集いの図

いやはや、学ぼうとする姿勢のある若人は見てて気持ちがいいモンで、こっちも真剣に・・すなわち鬼教官度合い全開で吠えまくってる…そんな次第でした。

釣吉三平食いに挑戦中の佐々君

ちなみに、わざわざ串に刺してつり吉三平食いに挑戦する佐々君の図。
火の加減を図るのが旨い・・つまり遠赤外線でじっくり焼く事を心がけることができる若人が魚焼き奉行になったおかげで凄く旨いヤマメを食べる事ができました。

この焼き加減はある意味才能だと…そう感じましたね。

今回の経験が、形を変えてプラスになる事を期待しつつ…明日も吠えまくりです。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2010/07/28(水) 20:05:07|
  2. フレッシュウォーター
  3. | コメント:0