fc2ブログ

GBI日報

釣り道具屋 GROOVER’S BEND の店主 「桑野」の日記でございます。

GBツアー ファイナルコンペテション2011 開催!!

第4戦 上位入賞者のみなさん
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

本日、20011GBツアーを締めくくる最終戦(第4戦)
「ファイナルコンペテション2011」
が開催されました。

今回の大会は、通年通りの「サマーパターン」&「減水傾向」と言う条件に
台風接近による「気圧の低下」と言う変動要素が絡み合うタイミングの大会となりまして、

この3つのファクターをどう理解し、戦略を組み立てるのか??
がキーとなった大会だったと思います。

ローウエイトと読み、安定力重視でのDEEPクルーザー攻略で勝負するか??

それとも、低気圧の影響で、一時的にハイウエイトを叩き出せる状況と読み
シャローサスペンダー攻略で確率の著しく低いBIGサイズを果敢に狙っていくのか??

各コンペテターの考え方で両極端な2つの可能性が両立する今大会は、
天候 曇り
風  南東 強風
水温 29~30度
といった状況の北山湖を舞台に開催されました。

そんな今大会を、他を大きく引き離すBIGウエイトで征したのは、
第4戦 ウイナー 佐々一真 選手
今大会の最大魚1430gを筆頭に、5本で3120gという圧倒的なハイウエイトを持ち込んだ
佐々一真選手。

彼は、巨大低気圧の接近をプラスと考え、シャローサスペンダー攻略を軸にプランを組み立て、
シャロークルーザーが回遊してくるスポットをサイトで攻略。

ノーシンカーリグを使い、サイトでシューテイングし、最大魚のp1430gをバイトに持ち込み、その後、更に500~600gのバスを1本追加。

この2本を手にしたところで、DEEPクルーザーにターゲットをシフトし、残り3本をメイク。
トータル3120gという2位に約900gの差をつけ、見事今回のウイナーに輝きました。

佐々選手 優勝おめでとうございます。

第2位 山崎 大 選手

続いて2位は、BIG550gを筆頭に5本で2220gを持ち込んだ山崎 大選手。

彼もまた、シャロークルーザーにターゲットを絞り釣りを展開。
湖に点在するシャロサスペンダーが回遊してくるであろうシャローカバーを攻略し、
極端なBIGフイッシュ無しで、平均的に大きな魚でリミットをそろえ、2220gをマーク。

見事2位入賞を果たしました。

第3位 山口 和久 選手


そして3位は、今回2番目に大きなバス1410gを筆頭に4本で、2190gを持ち込んだ
山口和久選手。

彼もまた、シャロー攻略に的を絞り、本湖エリアをクルーズするBIGフイッシュをテキサスで攻略。
3m前後のバンクに回ってくるBIGフイッシュを朝イチ攻略に成功し、1410gをキヤッチ。

この1本を軸にリミットメイクに走り、結果的に4本で2190gをメイクし
見事3位入賞を果たしました。

第4位 伊藤 晃 選手


そんで、4位。
4位は、BIG420g、5本で2040gをメイクした伊藤晃選手。

彼は、DEEPクルーザーをターゲットにDEEPフラットの上をベイトフイッシュに付いて回遊する個体を攻略。

キャッチ数を伸ばし、その中から大きな個体を選る形で5本をメイクし、
結果5本で2040gをマーク。
見事4位入賞を果たしました。

第5位 南 敏哉 選手

そんでそんで、5位。
今回の5位は、4位と同じくDEEPクルーザーを攻略し
BIG500g5本で1890gを持ち込んだ
南敏哉選手。

彼は、南のボディにあるDEEPの地形変化にリンクしたベイトを発見し、そのベイトに付いたバスを攻略。
5本で1890gをマークし、見事5位入賞を果たしまた。

上位入賞の皆さんおめでとうございます。
そして、今回参加していただいたアングラーの皆さんお疲れ様でした。

また、来年 GBツアー2012でお会いしましょう!!。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2011/08/07(日) 15:50:09|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0