FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

アフターフイッシング・・・WE GO!!

レジエンドでキャッチ
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

GBツアーおつかれさまでした。
今日は、ホントに厳しい状況でしたね。

まず、寒かった・・。
4月に みぞれ でしたモンね。

そんで、強風・・これは事前の予報から考えれば
若干 マシだったような気がしますが、

それでも 結果的には 強かったですもんね。

この状況で 心が折れない みなさんに、正直 脱帽です。 

今回のトーナメントを数字で振り返ると、
キャッチ17組=ウエイイン率68%。

リミットメイク(5本)を達成したのは僅か1名ですから、
リミット達成率は 4% となりますね。

優勝は5本で2340g。
5位の入賞ラインで 4本1660gですから・・・

状況的には数字を見る限り 良くなってきている??
と言った 判断で正しいのでしょうか?。

攻略的には、
上位入賞者のうち4名がワーム。
1名がサスペンドシャットを軸とした攻略。

5名共に3m前後のスポーニングエリアに隣接した地形を攻略し、

1位と、4位、5位のアングラーは、
先週末 位からようやく口を使い出した

「DEEP越冬がシャローに順応したタイプ」だと思われる
400g~500gのプリスポーン

・・・いわゆる第2陣を
メインターゲットとして攻略したようです。

このタイプは、少し前まで唯一口を使っていた
シャロー越冬明けの個体に比べれば

絶対数的には確実に多い・・と言うか
過半数を超える最大派閥ですから

走りとはいえ このタイプか一旦口を使い始めれば、
確率的には確実に有利な訳ですね。

リミットを揃える事が重要となる 今回の戦いにおいては
攻略価値が高いポジだったんだと思います。

ちなみに、
2位、3位のアングラーは、
絶対数的には少ないが600g以上が高確率で狙えるタイプである
シャロー越冬明けのバス(=スポーニング直前の状態となっている個体)
を攻略したと予想されます。

低い確率のこのタイプを複数手にする事は
非常に困難なのですが、

攻略のパターンを組上げれれば、
同じ本数なら確実にウエイトは上ですからね。

結果、第2陣4本では、第1陣3本のウエイトにはかなわない訳で、
この3本をキャッチできた2名が2位、3位を占める形となってましたね。



この結果から注目すべきは、
先週位から今まで釣れていたバスよりも2回り小さいサイズ
・・多分DEEP越冬がようやくシャローに順応した個体が口を使い出した事。

数週間前からポツリ、ポツリと口を使い出していたんですが、
ここに来てようやく数字に表れるくらいに釣れ始めましたね。

上でも書きましたが、このDEEP越冬明けのバスは、
湖の過半数以上を占める最大派閥なので、

このタイプが徐々に釣れだしたことは、
今から徐々に釣れだす事を意味してるんですね。

故に このタイプが口を使い始めた事には意味があると思います。


そんな現在の北山湖。
トーナメントが終って湖にチョイ出してみました。

2時間位の釣行でベビシャ レジエンドを使い3本キャッチ。

キャッチできたバスの内訳は・・
松金君もキャッチ・・レジエンドです
↑1本がシャロー越冬明け、

第2陣ですな・・・多分
そして 2本が
↑ DEEPからようやく上がってきた個体だと思われるバスでした。

確かに、口を使い始めてますね。

現時点ではDEEP越冬の10%位が上がってきたイメージ??
今後この割合が増えれば 本来の北山湖が戻ってくると予想します。

大潮は、状況をトコロテン方式でシフトさせます。
次の大潮以降は更に期待大・・・と言う感じですね。

今回は、第2戦を終えて
心に浮かんだ よしなしごと を書いてみました。

独り言 程度に ご理解ください。

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2013/04/07(日) 18:21:28|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

GBツアー第2戦 開催!!

第2戦 上位入賞のみなさん
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、GBツアーの第2戦の開催日。

爆弾低気圧・・・大荒れの天気・・・
等の注意喚起がメディアを飛び交った土曜日から
一夜明けた その余韻が 若干残る北山湖で開催となりました。

今回は、25組のエントリーで、
キャッチ17組・・・つまりウエイイン率68%。

そしてリミットメイク(5本)を達成したのは僅か1組
と言う 今期いまだ続いている厳しい状況が
浮き彫りとなった結果でしたね。

そんな厳しい状況を制して見事 優勝 の2文字を手にしたのは、
第2戦優勝 篠原 神谷 ペア
唯一 5本のリミットをメイクし、
最大魚590gを筆頭に5本トータル2340g
を持ち込んだ 篠原 広法 神谷 毅 ペア。

篠原 神谷ペアは、南エリアの入り口付近のワンド奥にある
スポーニングエリアをメインに攻略。

プラで唯一釣れていた
絶対数的に圧倒的に少ない第1陣のスポーニング個体ではなく、
大会開催日直前にやっと口を使い始めた
第2陣のスポーニングバスを攻略。

数的に優位な第2陣をライトリグで攻略し、
6時間のトーナメント時間中に6本のバスをキャッチ。

1本を入れ替え、5本で2340gまでウエイトアップし
結果、見事1位に輝きました。

篠原 神谷ペア おめでとうございます!。

2位 片渕選手
続いて2位。

2位は、最大魚690gを筆頭に
3本で1880gをメイクした 片渕 智裕。

片渕選手は、絶対数的に極めて少ないがウエイトがある
第1陣のスポーニングバスをターゲットに、

奥南エリアのシャローをスピナーベイト&テキサスリグで攻略。

6時間の時間中にスピナーベイトで1本、
テキサスで2本のGOODサイズをキャッチし、

トータル1880gをメイク。
見事2位入賞を果たしました。

3位 島川 中野 ペア
そして3位。
3位は、最大魚700gを軸に3本で1810gを持ち込んだ
島川 大輔 中野 浩希 ペア。

島川、中野ペアも ウエイト的に重い第1陣をターゲットに
南エリアのスポーニングエリアで攻略を展開。

サスペンドシャッドで広く探る事で
絶対数的に少ない第1陣を効率的に攻略。

6時間のトーナメントタイムで3本をキャッチし、
トータル1810gをメイク。

見事3位入賞を果たしました。
4位 高橋 久野 ペア
そして4位。
4位は、BIG770gを軸に 4本で1790gを持ち込んだ
久野 賢太 高橋 孝侍 ペアが入賞。

久野 高橋ペアは、プラで
スポーニングエリアの入り口付近のスティープバンクに
バスが回遊してくる事を発見。

第1陣、第2陣が混在するスポットから
ライトリグを使い時間中4本をキャッチ。

結果、1790gのウエイトをメイクし
見事4位入賞を果たしました。
5位 藤目 株柳 ペア
そして5位。
5位は、BIG530gを頭に4本で1660gをメイクした
藤目 康博 株柳 秀昭 ペア。

藤目 株柳ペアは、南湖、北湖の2つのアッパーエリアの
シャローラインに展開を始めた第2陣のバスをメインターゲットに攻略を展開。

ライトリグで丁寧に食わせて行き、6時間で4本をキャッチ。

結果、ウエイト1660gをメイクし
見事5位入賞を果たしました。

上位入賞のみなさん おめでとうございました。

そして、今回 悪天候の中 戦い抜いた
参加者のみなさん 本当に おつかれさまでした。

次回は、6月 第3戦。
ポストシーズンの北山湖で またお会しましょう。

ではでは。
  1. 2013/04/07(日) 17:26:03|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0