FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

TOPで優勝は渋い!!

RIMG07371.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

昨日、私も参加してますJB九州の第3戦が
北山湖を舞台に開催されまして、

アライブのカスタムカラーでお世話になってます
お馴染み 山崎バーニング大(ヒロシ)君が
カバーのTOP攻略と言う 圧巻のパターンで
見事 優勝!! でございました。

バーニングさん 優勝 おめでとう!!


RIMG07441.jpg
ちなみに・・
バーニングさんが使用してたのは スキルフルのヤマトクローラー
いわゆる クローラーベイトですね。

ポンパドールより大きくて クリーパー(ハイフィン)より小さい。
感覚的には1OZクラス程度の大きさのモデルです。


え、私は ですか?。
何も聞かないで下さい・・・。

絞りに絞り込んだ戦略で 釣れる気しかしなかったんですが・・
いやはや 上手くいきませんね。

でも それだから面白い!!・・そう心から思えますよ。
今年のホームでの2戦は、成績度返しで非常に面白かった。

乗る反るの戦略が 見事 反った訳ですが、
乗ったときには爆発確定と言う戦略は、非常にワクワクします。

だから 結果に悔いは無し です。


話は変わりますが・・
バーニングさんの今回の戦略。

ここ1週間で北山湖に起こった変化に対して
見事に対応した結果だと感じます。

1週間前までは ある理由から
バスはサスペンドラインから上方向に対する行動に
躊躇していた傾向が強かった。

特に、水面に対しては嫌悪感MAX と言いましょうか?
私自身も 散々TOPを巻き倒したんですが 反応は限定的で
とてもTOPが軸になるとは思えない状況でした。
(バーニングさんとも この部分の見解は摺り合わせましたが、同意見でした。)

現に 1週間前までは、
その事を逆手にとって考える事で
バスのバイトレンジはサスペンドから平行±チョイという事になり、
これを活用する事で バスを面白いようにバイトの持ち込めてましたモンね。

・・この部分から言っても この傾向は間違いなかったのでして、
この事から 1週間前までは今回のパターンは 確率的に成立しなかった
と、言う事になります。

つまり、前日プラの僅か1日で この状況が変化している可能性を感じて
方向修正しないと、このパターンにはたどり着けない訳で、
それを やってのけた結果、優勝だった という事ですね。

正直に、今回の戦術には 度胆を抜かれました。

さすが九州トーナメント界一番の硬派アングラー
やる事が渋すぎです。


この考え方に 感じる部分があったので 
トーナメント終了後、そのプロセスを 私なりに解釈し、
私が補足しているポジションのバス達に対して応用してみました。

すると、僅か1時間で
IMGP73621.jpg
3バイト
IMGP7366.jpg
2フイッシュ。

水面が有効
=サスペンドライン上方を嫌っていた状況から状況改善した訳で、
そのプロセスを 逆算&応用 した結果です。

このプロセスから考えると
本来は、クローラーベイトが有効なのは確実なんですが、

応用を取り入れたポジションがカバー際ではなかったので
その部分を考慮して バド でアジャストしてみました。

あまりの暑さに 休憩&お着替え を挟んだ後の攻略戦だったので
時は既にイブニングのタイミング ではあるのですが、
それでも 目を見張る高効率だったと思います。

いやはや・・今回は、深い意味で良い勉強になりました。
心から そう思います。



長々と すみません。

今回、直前までの湖の状況が 良く判っていた故に
逆算が可能だったので・・・ついついハマって書いてしまいました。

でも、なんか 新しい応用法の尻尾を掴んだ気持ちです。

ただ TOPが有効だった という結果に捕われるのではなく、
そのプロセスを理解する軸線上に真の意味は存在します。

その部分を解き明かせば 釣りは更に面白くなりますね。
そう言う事なので これは、ゆっくり暖め、
そんで 更に高次元で応用 を目指します。

最後に、山崎バーニングさん 正直 渋すぎ!!。
心から 優勝 おめでとう!!

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2016/07/31(日) 21:17:41|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

GBi月報 7月号 公開!!



みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

本日、GBI月報 公開でございます。

今月も コッテリ味で大台越え・・
早い話が 大作級 でのお届けです。

数回に分けて ごゆるりと ご覧下さいね。

最後に今月もスペシャルサンクス!!

津福今町電影研究所 ケンケン大佐
GR柳田君&MMつち彦君

そして、いつもこの動画を見ていただいている
全てのアングラーのみなさんに

心から スペシャルサンクス!!・・です。

ではでは。

  1. 2016/07/31(日) 15:00:00|
  2. 動画
  3. | コメント:0