GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

ボビー蛙 チキレット

IMGP9926.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、明日 6日(日曜日)21:00より
ブサカワ蛙 と合わせて 予約受付します ボビー蛙 チキレット
のインフォメーションです。

ボビー蛙= スナッグプルーフ社 ボビーパーフェクトフロッグ
は、我が蛙小隊の主軸として運用される蛙でして、

色々な蛙のテイスティングを目的に開催された
2016年度 蛙トライアウト において

名だたる蛙達を押さえて
バス捕獲確率で 最も優秀な成績を納めた蛙
です。

今回は、このボビーで 私が チキレット と言うカラーを
好んで使う理由について その経緯を絡めて書いてみたいと思います。

少々長い話ですが、興味のある方は 読んでみて下さい。



IMGP9882_201708012301195bf.jpg

このボビー蛙は、
動く動く と言われますが、
今最先端の 激動く蛙達 に比べれば かなり運動性能的には劣ります。

飛距離的部分も 
実戦での飛距離的には 十分なのですが、
今最先端の蛙に比べれば 正直劣ります。

そんなチョイ旧式の蛙なんですが、

カバー・・・具体的には
色々な影の最奥を狙う シェードフロッグ攻略において

6月、7月、そして 8月の下旬頃までの期間
最も水面を沸かせた存在であることは 揺るがない事実
なんですよね。

アクション的にも、飛距離的にも十分なのですが
性能的には 上には上が存在する・・そんな現実において
それらを差し置いて ポールポジションで水面を沸かせる。

この 訳の判らん現象 に 私の探究心は フルフルと震える訳なんですよ。


参考資料 GBI月報2016 8月号 ボビー蛙でシェードフロッグ
(↑過去の動画です。ボビー蛙の特徴が良く出ています。)

このフロッグの魔法は、着水時 &着水からの1アクション目に
高確率で発動
します。

つまり、GOODスポットに ねじ込んで 着水から数秒で
バスが飛び出してしまう
訳なんですね。

なので、アクション性能が関係しないケースが殆どなんです。

私が考えるに
重要なのは 着水時の音。

ボビーの重さ×空気抵抗×シェル(ゴムボディ)の硬さ&振幅
の相関関係で演出される 独特の

水を柔らかく 「ベコン」 と叩くような音=波動 が
バスのスイッチを入れているように そう感じるんです。

バスが影の最奥に拘る期間
=タイトに付く=ブロダクティブゾーンが狭い=アクションの有効範囲が狭い
そんな タイミング・・6月から8月下旬頃までの期間に

絶対的 打率を誇る
理由は、この部分にあるのでは?・・
そういった仮説が頭の中に浮び上がってくる次第なんですね。


IMGP9927.jpg

そんな経緯で シェルの硬さ と言うファクターに注目しまして
ボビー蛙の色々な生産年代のモデル(カラー)を 掻き集め、

実戦で運用してみる といった 探求が始まる訳です。

実際に使っていくと 何故だか 同じタイミングで作られたと思われる
ツィーティ と言うカラーと チキレット というカラー

この2色の打率が 高い事
に 気付きまして
(自然相手なので ケースバイケースではある と思うのですが、
 6~8下旬の活性に最もシンクロしているのでは・・と感じた次第です。)


そういった経緯から

ボビーの重さ、そして ボビーの表面積に掛け合わせる
シェル=振幅する部分
 として 
この2色の質感 を ピックアップ した次第なんです。



IMGP9949.jpg
←ツィーティ →チキレット

ツィーティ チキレット この2色の ボディの張りと柔らかさ
この部分が 魔法効力を 増幅する可能性
を 考えた訳なんですが

ここで問題が1つ。

私が入手した ツィーティ & チキレット は多分
同じ生産ロッドだと思うんですが、

ツィーティは、スタンダードカラー・・
つまり 何回も作られている可能性があるカラー なんです。

複数回作られている=色々な張り 硬さのモデルが存在する。
(生産ロッド毎で質感は異なりますので・・)

つまり 後から 鉱脈を掘った場合に 再現性が疑われる と、言う事。

これに比べ、チキレット は、
スナッグプルーフのスタンダードカラーではない 
いわゆる スペシャルカラー。

逆指名が無い限り 生産されることはありません。
つまり、日本に存在するチキレット は 同一である可能性が 
ほぼ100%
なんです。

本ビー蛙×チキレット の組み合わせは
ボビーの魔法 音=波動 のファクターにおける
高効率で波動捻する最高の組み合わせ。

(今現時点でわかっている範疇で・・ですが・・)

以上の事から、データー的に 釣れた波動のモデルの再現として
チキレット を1点狙いで捕獲 な訳なんですね。


因みに・・
チキレットに拘ると カラー的な攻略性に劣る 現実にぶつかりますので、
IMGP9947.jpg
ワーム用の カラーペンで この部分は克服です。
(カラーペンは使い過ぎると 張り&柔らかさが変化するので注意は必要です。)


今回 1点狙いで狩を展開しまして 網にかかったのが約50匹。
(店主分は既に別腹で確保ですので、みなさんにおすそ分けできる匹数が50 です。)

価格は、1匹 1280円+消費税
となってます。

予約受付は、明日6日(日曜日)の21:00より
ブログ内の 予約注文受付フォームより
完全早いモン勝ち方式で 受付
です。

欲しい方は是非!!
みなさんからの ご注文 心よりお待ちしております。


波動優先で 1カラーの布陣。
投げて、そして影の最奥で 「ベコン」と落として判る その性能。

この部分を意識すれば シェードフロッグの世界は 新しい角度で開きますよ。

結論からの逆算の存在。
ボビー蛙 是非 使ってみて下さいね。

ではでは。




スポンサーサイト
  1. 2017/08/05(土) 23:37:05|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

使える ブサカワ蛙 POPPIN’FROG


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、
2016~2017攻略戦において実績を認められ
2017年より正式スタメンに登録された
我が蛙小隊のニューカマー のインフォメーション お届けです。

生まれは 米国 スナッグプルーフ社
名を POPPIN’ FROG(ポッピングロッグ)と申します。

スナッグプルーフ社の比較的新しいモデルなのですが、
プロシリーズにラインナップされている割には
人気の無い・・・そんな存在です。

私も、2016年までの主力機の1つ
パットクラッシャーポッパー の廃盤を伝え聞き

「ポッパータイプの次期主軸を探さなければ・・」
と、危機感を感じるまでは、

存在は知りつつも
手が伸びなかった存在だったので・・ですね。



IMGP9918.jpg

このポッピンフロッグは、
今までのエース機体が廃盤になった関係で
昨年晩夏から開催された ポッパー蛙 トライアウト において
選ばれた存在。


早い話 実績が一番だった と言う理由
我が蛙小隊にスタメン登録された実績ベースの実力派機体なんです。

正直、荒い作りだし、

スナッグプルーフの現在の主力
イシューパットフロッグ や ポッピングファッティのような
最新の2重構造でもない・・

比較的新しい と付け加えなかったら
多分オールドモデルだと勘違いされてしまいそうな・・そんな存在です。

しかし、実際に使ってみると
ボビーと同じ・・不思議と釣れる。

何処がキモなのか?
正直、ハッキリしないけど、高確率で 結果を連れて来る・・・

判らないから 惚れる。
判りたいから のめり込む。

判り易く言うと ブサイクだけど、どこか可愛い・・そんな存在ですね。 

実際に、入手可能な 新しい可能性 を
とりあえず揃えれるだけ揃えて、

総当たり戦の実戦形式で開催される ポッパー蛙 トライアウト
で、私が最も評価した機体
ですので 実力は折り紙つき

使うと その実力に 正直 惚れますよ。


このポッピングフロッグは、同じパッケージ内に
2つのモデルが存在してまして、この2つを使い分ける事で
実戦ベースで更なる効力を引き出す事が可能。


故に、絶対 この2つに機体は揃えるべきです。
具体的に言うと、
IMGP9935.jpg
↑柔肌蛙
IMGP9934.jpg
↑硬肌蛙

の2種類。

この2種は、同じ形で 同じシリーズなのに
性能が異なる存在でして、
IMGP9932.jpg
↑柔肌蛙は、約10.5g =3/8ozの仕様で、
シェル(ゴムボディ) が 柔らかいのが特徴。

重さと、シェルの柔らかさの相関関係なのか?
独特の着水波動を生み出してくれているようで、

着水&1アクションで
魔法のように水面を割ってしまう・・・そんな不思議な存在
です。

IMGP9930.jpg

そんで、硬肌蛙。 ウエイト的には12g・・つまり1/2ozクラス。
シエル自体に張りがあり よく飛ぶ攻撃的機体です。

柔肌に比べると 着水音でトリガーを引く効果は若干劣るものの

アクション時の運動性能に優れてまして
影の中での数回のアクションで 水面を割るようなロケーションでは
このタイプが実力を発揮
します。

少し深めのボジションからのコールアップが必要な場合、
&ポッパー運用と言う意味では この機体にアドバンテージがありますね。

因みに、この2種類は偶然の産物ではなく
故意に設定されている仕様
だと判断されます。

何故かと言うと、
IMGP9922.jpg
←柔肌蛙 →硬肌蛙 
柔肌にはリアウエイトが装備されてなく、
硬肌にはリアウエイトが装備されているから・・です。

新旧で仕様が異なるのか?
それとも 今現在でも両方が存在するのか?
は、今現段階では定かではないのですが、

同じパッケージで、同じ名前のフロッグに2つのタイプが存在していることは
揺るがない事実です。


今回は、柔肌蛙 と、硬肌蛙 を 両方確保しました。
ちなみに、カラー別で 柔肌、硬肌を用意してますので、

この2タイプの運用を視野に 部隊への ご検討 よろしくお願いします。

今回用意したカラーは、
柔肌が2色
IMGP9940.jpg
ホワイト(柔肌蛙)

IMGP9941.jpg
セクシー(柔肌蛙)

そして硬肌が2色
IMGP9942.jpg
チャート(硬肌蛙)

IMGP9943.jpg
モスグリーン(硬肌蛙)

柔肌2色×硬肌2色
の全4色。

価格は、1機1580円+消費税
(スナッグプルーフは為替の関係で現在非常に高価な状態になっています。
 高め となりますが性能は折り紙つきですので 是非ご検討くださいね。)


確保数は、各色 25機。
(25機×4=100機)

予約受付は 8月6日(日)21:00にアップされる
ブログ内の予約受付フォーム から

売り切れ御免!! 完全早いモン勝ち方式にて
予約受付
です。
(ボビー蛙と同時予約受付ですので
 ボビー蛙と共に部隊採用ご検討ください。)


正直、ブサイク で一見 釣れそうにありませんが
遣えば判る その性能。

ブサカワ蛙の実力 柔肌 硬肌の運用ベースで
是非 ご検討ください!!。

ではでは。


  1. 2017/08/05(土) 18:43:51|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

ボビー 再度 捕獲です!!


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

ここだけの話
昨年の冬に寝床を作って越冬させた ボビー蛙。

60機ほど 寝かし付けた記憶があったのですが、
先日・・具体的には7月中旬に確認すると
僅か10機ほどに 減っていたんですよね。

まさかの 脱走?と思ったんですが、
よくよく考えると ボビー好きの皆さんが 春から初夏にかけて
5機、6機と、ちょくちょく まとめ買いしていったんでした。

そんな こんなで 今期みなさんにお届けしよう と思っていた
ボビー蛙は、あんなに有ったのに 気付けば ほぼゼロ。
(残った10機ほどは 当然 我が小隊の登録となるので・・)

みなさんにお届けできない状態となっていた次第です。


IMGP9882_201708012301195bf.jpg

そんな ボビー蛙。 

無いでは済まされない・・そんな理由で
ここ数週間の間、狩を展開してまして

努力の甲斐あって 
50匹ほど ですが 再度 捕獲する事が出来ました。

今回捕獲したのは ボビーならなんでもOK と言う訳ではなく
私が最も信頼を置く、3~4年ほど前に生産された
がまかつフック搭載時代の ボビー。


その中で シエルの硬さに関して 最も定評のある
限定色 チキレット のみを捕獲 です。


まぁ・・他の色もアリだとは思うのですが、
シエルの硬さは ボビーの魔法 発動のキーでもありますので

最も理想の波動を生むシェルに拘りたい・・と言うことで
データーの逆算で がまかつフック時代の チキレット
を 逆指名1点狙い
 で 今回は探したんですよね。

カマフック搭載時代に
スペシャルカラーとして限定生産された チキレット
 ですので 

正直、探す・・と言うか 数をまとめて発掘は
非常に難易度 高 なんですよ。

多分、チキレットを まとめて お届けできるのは
今回が最後となると思います。

そんなこんな なので、当初の予定より2週間ほど遅れましたが
釣れるモデルの厳選ボビー蛙 今期も みなさんに お届けでございます。

詳しいインフォメーションは 明日公開。

今回は、ボビー蛙と 合わせて
例の蛙 も 確保完了しましたので インフォメーションをお届け。

そんでもって、月曜日に予約注文受付へと なだれ込む予定です。

欲しいと思っていただける皆さんは、
明日のインフォメーションをチエックしてくださいね。

よかったら 是非!!

ではでは。




  1. 2017/08/05(土) 00:31:54|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0