FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

バーニング3 再起動!!

IMGP2103.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、山崎春のBAN祭り の取りを飾る機体。
バーニング3 
異国では ラウールと呼ばれている・・そんな存在です。

このバーニング3は、山崎バーニング大が
愛して止まない機体でして、

バーニングさんがテスト&微調節を担当し、
スキルフルが具現化したモデルです。


山崎バーニング大×スキルフルコラボモデル バーニング3

ボディ長 48mm (リップ&リアアイを含まないボディのみの長さです。)
ウエイト 約6g (フック装着時の重さ:フックの大きさセッテイングで異なります。)
キャスティングフィール的には、
DTNよりも若干投げ易い位のイメージだと思ってください。
IMGP2115.jpg

バーニング3は、
発泡ウレタン製のスモールクランクベイト。
 
アクション的には、超高速のバイブレーティングロール アクション
といった表現が正しい、早く、細かい震えるようなロール系のアクションです。

最大の特等は、
クランクベイトにおける フィネス領域 と称される
その 喰わせ能力の高さ にあります。

発泡ウレタン×ボディデザインにより生み出される
圧倒的に細かく、そして早い波動
は、

他のクランクベイトで反応が無い時にも
反応を引き出してくれます。


今までも幾度と無く、
無反応の中、ローテーションする事で
突如バイト!!・・・といった体験をしてますし、

本当に喰わせ能力が高い機体なんだと そう認識しています。

私的にかなり惚れてり機体の1つでして、
我がスモールクランク小隊の
1軍スタメンから外れる事の無い・・そんな存在です。

IMGP2098.jpg

バーニングさん的には 春、そして秋に
スピニングタックルでのクランキングで使う事が多く、

先日行なわれたJB九州でも
このスピニングタックルとの組み合わせで
バーニングさんを介し ウイニングルアーの1つとなってましたね。

お立ち台で 他のクランクを散々投げ倒して 無反応だった中、
バーニングに変えたら 突然連打した・・的な事を言ってましたが・・

まさに この機体の あるある なので、
コメント聞きながら そうそう・・と、変に納得した店主でございました。

小粒な機体ですが、その秘めた喰わせ能力は かなり強力。

バーニング3を介して是非、
クランクベイトのフィネス領域を体感下さい!!。


今回製作したのは、環境色×2 生態色×1 の3色。

具体的には、
IMGP2105.jpg
ホワイトホートン
逆光カラーです。
フィネス領域という属性を考えれば絶対必要なカラーです。

IMGP2106.jpg
バーンレッドGR
オレンジ~赤へのクラデーションボディを採用した生態色。
生態色内でのローテーションを考えた時 必要だったので今回製作!!・・です。
(写真では判りにくくなってますがオレンジベリーからのレッドグラデーションボディとなってます。)

IMGP2107.jpg
ブラックチャート
基本中の基本色なのに今まで作った事が無かったので、
必要に駆られて 製作です!!。


IMGP2099.jpg

今回のバーニング3 は、3色×各25機=75機限定での生産。

価格は、1機 2198円(税込み) です。

予約受付は、
5月18日(金)21:00より開始。

21:00にアップするブログ内の注文受付フォームより
完全早いモン勝ち 方式で 予約受付です。
 

ちなみに既に早い段階から 生産に入ってまして
完成が18日予定ですので
このまま行けば、19日土曜日に納品を開始できる予定です。


スモールクランクの布陣を固める要として
バーニング3 の部隊配属 是非 ご検討下さい!!。

皆さんからの ご注文 心より お待ちしております。

ではでは。 
スポンサーサイト
  1. 2018/05/14(月) 21:00:05|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

試食会へGO!!


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、バスリバーで、試食会 でした。

今日のバスリバーは、状況・・特に水質の悪化でバスの ご機嫌ナナメ。

必然的に フィネスに傾いた戦略となりまして
その戦略に対応するリグ&形状が主軸となります。

そんな中で 状況に対応したのは。
IMGP2138.jpg
アンダーショットリグ。
相当、見せないと口を使わない・・そんな感じですね。

因みに、状況把握で使用したのは↑
試作のアライブ4 スプリングマジック【改】4R。
(4層構造の拡散ネオン と反射ネオンを搭載した 意欲作です。)

このカラーは、実績カラーに 更にギミックを増設した形ですので、
当然 オートマチックに良い仕事をしてくれる訳でして、

状況把握の為に釣り分けてみた
プチポスト、ドポスト、回復気味・・だけどまだヤル気無いポスト
の 3つのタイプ全てを攻略できましたので

マユツバですが・・納得です。

状況を把握した後
アンダーショットに対して能力を発揮するタイプの
ワーム達を登板させて テイスティングです。

最初に登板させたのは
IMGP2146.jpg
↑スモーキンスイマー3
(後加工で生態色カラーにジョブチエンジしたタイプ)

長く見せる事を意識しながら探る事で
IMGP2142.jpg
クッ とテイップを押さえ込んでくれました。

このワームも良い仕事しますな。


今期のワームトライアウトの目的の一つに
アライブ4とのローテーションに対応できる存在を探す事
と言う目的があります。

具体的には、フィネス系の主軸アライブ4が攻撃的に弱い部分・・
いわゆる弱点をフォローしてくれる存在を トライアウトを介して探していまして、

今現在は、このスモーキンスイマーに
その可能性を感じているんですよね。



今日は、当初の予定が変更となり
ショートタイムでの試食会となってしまったんですが、

短い時間でも現場に出て、実際に感じれた事は
プラスだったと思います。

そんなこんなで、可能な限り 探求、探求。
まだまだ ワームトアイアウトは続きます。

ではでは。
  1. 2018/05/14(月) 19:45:48|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0