fc2ブログ

GBI日報

釣り道具屋 GROOVER’S BEND の店主 「桑野」の日記でございます。

GBツアー 第1戦 …開催!!

GBツアー第1戦 上位入賞者のみなさん
みなさんこんにちは。GROOVER'S BENDの桑野です。
本日、GBツアー2010トレールの第1戦が開催されました。

天候:雨のち曇り 風:強風(8~10m) 気温朝7~日中10度 水温はボディウオーターで7~8度台…といった状況下で開催された本戦は、水温が雨&風の影響で1~2度急激に下がったタフな状況下で開催されました。

この水温低下に、更に風表ではボートステイもままならない…といった強風が難しさに拍車をかけ、ゲームがより複雑化した、難しい状況の中、AM9:00に6時間の戦いは幕を開けました。

優勝 松金  英樹 選手

このタフな状況を制し、みごと1位に輝いたのは、今回の最大魚770gを筆頭に5本:2860gをたたき出した松金英樹選手。
彼は、神の島エリアをメインエリアに、DEEPのコンタクトポイントを、3/32ozジグヘッド+ガルプフライ3の組み合わせで攻略。
エリアに対するゴミの浮き方から流れを判断し、スポットにワカサギがリンクする時間的なタイミングでGOODサイズを連続キャッチ。
見事、優勝に輝きました。
おめでとう松金選手。

2位 園田 鉄馬 選手

2位は、1位と同じウエイト5本:2860gを持ち込んだ園田鉄馬選手。
1位と同重量ながらBIGフイッシュの差で2位入賞でした。
彼は、奥南エリアのコンタクトポイントを1/8ozのジグヘッド+ワームの組み合わせでDEEPレンジを攻略。
メインにガルプアライブミノーのチャートリュースカラーを使い、キッカーは、サターン4インチで対応すると言ったローテーションを基本に効率良くDEEPを攻略し、見事2位入賞を果たしました。

3位 松吉 久信 選手

3位は、昨年のAOY 松吉久信選手が、BIGフイッシュ600gを頭に5本で2770gをマークし入賞。
彼は、南エリアに点在するDEEPのコンタクトポイントをメインに、ワカサギの回遊をキーワードとして複数のスポットを攻略。
JIGヘッドリグを駆使しウエイトのあるバスを引きだした結果、見事3位入賞を手にしました。

4位 伊藤 晃 伊藤 恒平 ペア

4位は、エレキ戦で参戦の伊藤晃、伊藤恒平ペアが、BIG590g:5本で2720gを持ち込み入賞。
彼らは、強風状況下でのエレキ船のデメリットを考慮した戦略で、しのはらワンド周辺のスポットを攻略。
DEEPのスポットをワカサギ回遊のタイミングを活用し、確実にウエイトアップした結果、見事4位を手にしました。

5位 松藤 洋治 選手

5位は、BIG590g:5本で、2690gをメイクした松藤洋治選手。
彼は、いち早くシャローレンジにコンタクトを始めた2~3mラインのバスをメインターゲットに攻略。
効率は低いが、型”は期待できる・・といった型重視の戦略で見事5位に入賞しました。

上位入賞のみなさん、おめでとうございます。
そして、参加していただいたアングラーのみなさん、おつかれさまでした。
次は、みなさんの活躍を期待しています。

次回、5月9日。アフタースポーンの北山湖で又、お会いしましょう。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2010/03/07(日) 15:49:36|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する