FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

玄界灘ジギング釣行会開催!!

快晴、無風のジギングとなりました
みなさんこんにちは。GROOVER'S BENDの桑野です。

今日は、学生達のジギング実習の鬼教官として玄界灘に行ってきました。
今日の玄界灘は、正直”暑い”の一言につきました。暑いといっても釣果ではなく気温の事ですけど…
AM7:00にはすでにビリビリくる位の日差し、べた凪、無風…そんで若潮。

人間的にも、魚的にも”タフ”になってしまう条件”てんこ盛り”だったんですが、若人達は1人もめげる事なく終始シャクリまくり…この根性には脱帽でした。

上でも書きましたが、今日は若潮。
潮が生まれ変わる日です。
海の世界では、長潮と並んで”最悪のタイミング”とされてます。

今日の実習内容であるジギングは、回遊魚をターゲットとする釣ですから、潮が動かない事は、イコール”沈黙”を意味します。

潮的憶測で言うと…第1潮まで動かずに、第2潮から動き出すという特徴の潮回りですから、午前中=沈黙、午後=復活の狼煙となる予定。

この予測は当たらなくてもいいのに、ズッポシど真ん中にストライク。
午前中は、ほぼオールナッシング…といった展開となりました。
底物もポチポチ釣れてましたね

ストラクチャーに対するJIGのコンタクトで、底物がポツっと当たるか、ストラクチャーに絡むようにスロージャークすることでココッとバイトを引き出すのがやっと…といった状態。潮が走らないとこうなる…といった教科書どおりの反応に「そこまでハマらなくても…」と若干感じたのは私だけでしょうか??。

カツオのナブラの周りを護衛していたヤズちゃん。ナブラ打ちにて・・

そんな”どうしょうのない状態”でもキャプテンはできる最大限で動いてくれまして…
潮が走らないときの唯一の可能性=ベイトに付いている捕食態勢の青物…という事で”ナブラ打ち”にシフト。
バードウオッチングで可能性の片鱗を追いかけるとそこにはカツオのナブラが…ブァァといった感じで立ってるじゃありませんか!!。

小さいジグにチエンジして…等の対カツオ対策を指示しつつ”ナブラアタック!!”をかけると、若人の一人坂元君の竿がグンと曲がりヒット!!

カツオ!!…だと思ったら、本隊の回りで遠巻きに展開している伏兵…ヤズでしたね。

ジギングでの初青物という事で、坂元君は万円の微笑み。
若人は一律にこの時点で釣れていない訳ですから、そりゃぁ気持ちも良いってモンでしょうね。

この潮動きの悪いタイミングでのナブラは、何故か潮止まり直前に発動するオカルト的現象。私自身もテーターがそういっているだけで意味が判らないので”思い込み”程度の認識なんですが…

この日もそのタイミングだったし、キャプテンもその事を気にしてアクションを起してたので、
「まんざら思い込み・・って事でもないんだな」と再認識でした。


潮が走り始めたタイミングでキャッチした1本

その後、完全に潮止まり。
これは、後1時間後には潮が起こり始める=今日の本番のスタートを意味しています。

キャプテンの提案で、潮止まりのタイミングで移動し、潮が走りやすいエリアに移動する事になり、30分ほどのドライブ。

そんで現着、間もなく潮も起き始め、本番スタートです。
最初に先人を切ったのは川上君。
潮速が2ノットに差し掛かったタイミングでドンと言った感じでした。

ダブルヒット…潮が走れば活性も急上昇です。

この1本をかわきりに、高確率モードへと移行。

連続ヒットなんかも起こっちゃったりして、朝とは雲泥の差って状況。
潮の重要性が若人達には身にしみて分かったんじゃないか??と思います。

青物??底物・・と予想が変化して・・答えはコイツでした。

最後には強面だけど本当はやさしい本格派”松本君”のシャクる200gにボスキャラ”真鯛”も飛び出しちゃったりなんかして…若人のシャクリの斬れはこの後、極限を迎えるのでした。

実に、この鯛、最初は小マサ??から予想がスタートして、底物→ネりゴと、予想が変化しながら上がってみたら真鯛だったというオチ。4kgに迫るサイズのGOODフイッシュでしたね。

結果的に、時間の関係で2時間弱のフイーバータイムとなりましたが、最終的には全員安打で終了となりました。

JIGの傾向、カラーの嗜好的傾向、シャクリのパターンや、リールの大きさ=巻き取り距離でのピッチの違いによるバイトの集中…等の各傾向が、釣れ始めると釣果=データーとして見え始め、釣果の差から”その部分の重要性”を体験できた事は大きなプラスになったと思います。

型的には、満足いけるものではなかったと思いますが、重要な部分が明白に露呈された釣行だったので内容は非常に濃かったと認識しています。

今回、キャプテンとして協力いただいたブラックの上領船長にこの場を借りて感謝感謝です。
ありがとうございました。

スロー気味ジャークでコツと来た・・小マサちゃん

ではでは。

スポンサーサイト



  1. 2010/08/06(金) 22:40:23|
  2. ソルトウォーター
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する