FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

Gベイト 予約受付開始です!!

Gベイト 上がRG、下がコンスタンスです。
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

本日より、Gベイトの予約受付開始しました。

沢山のお問い合わせありがとうございます。
その中で、質問の多かったのが、コンスタンス&RGの違いについて

そういえば、かる~くさわった程度で、詳しい説明はしてませんでした。
すみません。

コンスタンス(写真下)=クランクベイトとしてのトータル性能の高い機体
RG    (写真上)=私が欲しかったから作った、1つの性能に特化した機体

です。

条件別では、
クランクベイトを線で使うのであれば、コンスタンス。
点で使うときはRG。

バスに追い気がある条件ではコンスタンス。
無いときはRG。

ウッドカバー、マッドボトム等のカバークランキング=コンスタンス。
中層のニュートラルフイッシュ攻略=RG

と言った使い分け…と考えてください。
本来の結論は、コンスタンスで、
RGは、私のスタイルに合わせたわがままチューンですので、
その部分を誤解しないでくださいね。

まず、クランクとして選ぶべきは、コンスタンスです。
ただ、私は確実にRGを多様すると思いますが…
なにせ、RGはシャア専用的立ち位置のクランクですからね。

そんな事言うと、どちらも…となってしまいますね。
説明が下手ですみません。
みなさんのTPOに合わせてチョイスしてください。

あ、そうそう、
今日も沢山のご注文いただいたんですが、
コンスタンス、RGを絞ってそれだけ…というアングラーの方が、実に多かったです。

あくまでも私の意見ですが、複数購入予定の方は、
できれば両方のボディを確保することをお勧めします。

ローテーションでの使用や、自然に対するシンクロ率の追求を考えたとき、
両方あって使い分けた方が確実に有利です。

私にとって、その為のRGですから…

まあ、私の好むフイールドでは、RG主軸で、
フォローや微調節、ローテーションでコンスタンスをスポット使い…
と、通常とは逆の布陣となるとは思いますが、
両方あるのと無いのでは、攻略確率が大きく変化しますので確実に両方必要です。

複数の場合は、バランスを考えて1個だけでも”選択とは逆のモデルの確保”を、お勧めします。

そんなこんなで、明日以降も引き続きご予約お待ちしておりま~す。



MOVE C-フラットカスタム フェーズ3
話は変わって…
今期用の漁労長モデル…試行錯誤の結果、本日”形”となりました。
このモデルは、昨年の春の陣で実戦投入されたアウルクローの後継機
”フェ-ズ3”。

ハイアングルCSグラスチューブラーにソリッドテイップをコンポジットした
ハイアングルソリッドコンポジットグラスを採用したグラスロッドです。

このソリッドテイップとハイアングルCSグラスの融合は、
2010年春にチャレンジの一環で可能性追及課題に上げられたテストショット。

机上の理論ではダメダメな筈だった1可能性は、
フイールドテスト投入直後から、想像を超えた部分で、
その秘めた可能性の露呈を始めます。

実に、このコンポジットは、
”クランクの見えない性能を引き出す…”という
私の想像を遥かに超えた次元で高い能力を具現化した訳です。

その可能性に一発でノックアウトされた私は、
この可能性に惚れてしまい…
そんで、そこからコツコツデザイン探求を進めた結果がコイツです。

まだまだ試作段階で、ロールダウンまでには、数年を要する段階なのですが…
漁労長専用機完成記念…ということで、

現時点の到達点で良いと言うアングラーのみなさんの分を限定で製作使用かな??
なんて、さっき思いついて、今書いてます。はは。
いわゆるアウルクローの新型です!!

このブランクは、手作業で組上げるので、かなりの時間を要する
いわゆるファクトリーチューン。

数本まとめて製作しないと、時間的にもコスト的にも合わないので、
カスタムオーダーさえもお断りしてたんですが…

”フェーズ3”とりあえず自分の分完成記念&Gベイト完成記念として
今期1回限りの限定生産で、気合を入れて組上げてみたいと思います。

欲しい方は、今週末 26日までにお問い合わせの上、ご予約ください。
長さは、限りなく8Ftに近い7ft台。
仕様その他は、完全お任せでお願いします。

納品は、3月11日を目標に、最大5本。
完全早いもん勝ちで受注お受けします。
(完全に、思いつき&勢いで書いてますので、一応お早めに!!)

申し込み条件は、
○ クランクが好きな事
以上。

スペックは、長くなるので、直接TELで聞いてください。
(文章だと説明が長くなるので、必ずTELにてお問い合わせください。)

このロッド…アキュラシーに若干の難はありますが、
それを凌ぐ性能には圧倒です。

度を過ぎた柔らかいテイップは、
アナタの想像を超えた次元で新しい何か??をアナタに感じさせてくれるでしょう。

興味のある方は是非。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2011/02/14(月) 01:25:04|
  2. お知らせ
  3. | コメント:1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/02/15(火) 09:09:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する