FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

亜細亜修行 セール編 1

セールフイッシュ・・さすが最速の魚類って感じでした
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。
今日は、修行の後半戦
セールフイッシュ編を書いてみたいと思います。

今回のメインのターゲットであり、
前回苦汁を飲まされたターゲット・・・
これが、セールフイッシュ。

魚類で最速を誇り、
そして、あがらない魚。

フッキングし、
スプールの文字が見えないくらいのスピードで
走るだけ走って・・・そしてバレる。

何本掛けても・・・フックアウトの連続。
地元のアングラーは、
「100バイト・・・1キャッチ」
的なニュアンスで、ルアーでの釣りの難しさを称してる位
とにかくバレまくります。

何故ならば、セールの口の周りは、ビル(角)を含めてほぼ骨。
骨には基本針は刺さらないので、
骨の関節等に存在する柔らかい部分に掛ける訳なんですが・・・

他の魚類に比べて、セールは口の周りで針が刺さる面積が、
「・・・これじゃぁ・・」と、感じるくらい
とにかく狭いんです。

故に
針が刺さらない
=バレル
=上がらない魚
なんですね。


難攻不落の好敵手 セールフイッシュ

よく、「セールフイッシュは、ルアーで釣ってこそ、真の意味がある。」
的な、言葉を耳にします。

この言葉は、、セールフイッシュは、
”ベイトフイッシュの泳がせ”で攻略すると簡単に釣れてしまう魚だが、
ルアーでの攻略となると、途端に相当難しい対象魚へと変貌する
と言うことを意味してまして・・・

ベイトフイッシュを使ったムーチング
=基本飲み込む。
=口の奥には柔らかい部分が存在する
=ほぼ100%フッキング

ルアーでの攻略
=基本、飲まないから口の周りのフッキングを狙う
=パーフエクトフッキングは、確率的に非常に難しい
=高い確率でフックオフする。

と、いったプロセスが、そういった結果を生み、
故にそういった言葉が語られる訳ですね。

この言葉通り、
ベイトフイッシュを使えば意外に簡単に釣れてしまうこのセールは
ルアーで釣る事に拘ると、途端に難攻不落のターゲットとなります。

ちなみに、私の先輩の談。
「キャッチできたセールは、角にルアーが絡まったり、
フッキング時にアウトフック(スレ掛かり)した魚が殆どだよ」

それって、基本的には掛からないって事を意味していますよね。

現に昨年のアタックでは、

「ヨッシャー」と叫びながら全開フッキング!!
そして、数秒~数分後のファイトを経て、
湧き上がってくる「今回こそは大丈夫!!」といった
淡い期待は、その後、フックアウトで無残に砕け散る・・・

2日間のバイト全てがこの結末。

言葉を無くす位、心を折られて・・・
そんで、その言葉の意味を再認識されました。

なにせ、2日間、全てが長、短はあったものの
このプロセスを経てフックアウト。
結果、完全試合ですから・・・ね。

そのターゲットとの
1年越しの対峙。

今年こそは・・
と、思いながら亜細亜の地でスタートラインに立ち、
修行は開始されたのでした。

そんなこんなで又次回。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2011/10/10(月) 19:56:02|
  2. 修行
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する