fc2ブログ

GBI日報

釣り道具屋 GROOVER’S BEND の店主 「桑野」の日記でございます。

GBツアー ウエイクアップOPEN 開催!!

ウエイクアップOPEN お立ち台
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

本日、2月12日【日】ウエイクアップOPENが開催されました。

本大会は、GBツアー本戦の準備運動的位置付けのトーナメントでして
毎年、このタイミングで極寒の北山湖を舞台に行われる一戦です。

今年は、水温4度台前半。先週の降雪がもたらした雪代が流入した状態とった
最悪のバットコンデョン下でで開催となり、

結果、29艇参加で、ウエイインが10艇
といったGBツアーの歴史上最低のウエイイン率をマークした
”激シブ”のバットコンデョン下での開催となりました。

そんな激シブの北山湖を制したのは、
優勝おめでとう の図
↑久野賢太 松村伸一ペア。

久野 松村ペアは、本湖の代表的な越冬エリア「学校下」のDEEPラインを
リトルマックスを駆使したリアクション攻略で攻略。

水深11~12mラインの越冬をリアクションで攻略する事で
5本のリミットをメイク。

最大魚430gを筆頭に1960gをマークし、
見事ウエイクアップOPENの頂点をマークしました。
優勝 久野賢太 松村伸一 ペア
久野、松村ペア 優勝おめでとうございます!!。

2位 実松孝昭 江頭拓也 ペア
そして2位↑。

2位は、BIG410gを筆頭に5本1880gをめいくした実松孝昭 江頭拓也 ペアが入賞。

実松、江頭ペアは、前日のプラクティスから本湖井田に越冬バスを発見。

本戦ではこの越冬スポットに的を絞り、ルートフイッシングを展開。
結果、このスポットでフイネス系のリグを駆使する事でリミットをメイクしまして

最終的に更に1本を入れ替え、
トータル1880gまでウエイトをアップ。

見事2位入賞を果たしました。

3位 片渕智裕 藤田潤一郎 ペア
続いて3位↑

3位は、本大会の最大魚 580gを筆頭に4本をメイクし、トータル1860gをマークした
片渕智裕 藤田潤一郎 ペア。

片渕、藤田ペアも又 プラで本湖伊田エリアのスポットで越冬バスを発見。

魚探を駆使したシューティングスタイルで
6時間攻略し続け、結果4本をキャッチ。

この4本のウエイト1860gで見事3位入賞を果たしました。

4位 松吉久信 選手
そして4位。↑

4位は、BIG390g。5本トータル1700gをメイクした松吉久信選手。

松吉選手は、前日のプラで、陣の内エリア、うおまんしのはらワンドの2ヶ所で
越冬バスを発見。

当日は、本命である陣の内エリアが、冷水ターンで沈黙した為、
急遽バックアップである”うおまんしのはらワンド”を攻略。

このワンドを数回に分け攻略する事で徐々にウエイトを伸ばし
結果、1700gまでウエイトアップし
4位入賞を果たしました。

5位 和田昇 大熊宏崇 ペア

そして、5位。↑

5位は、BIG480g2本で860gをマークした和田昇 大熊宏崇ペア。

和田、大熊ペアもまた本湖井田エリアで越冬バスをプラから発見。

このエリアをフイネスで攻略し、2本をキャッチし、
激シブの北山湖戦で5位入賞を果たしました。

上位入賞のみなさん
おめでとうございました。

そんで、
激シブの北山湖で6時間戦い抜いた
参加者のみなさん 本当におつかれさまでした。

次回、3月4日 【日曜日】の公式戦 第1戦でまたお会いしましょう。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2012/02/12(日) 18:25:32|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する