FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

男前STOOP フックセッテイング!!

フックセッテイング 1
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

10日完成予定のSTOOP男前カスタム!!

・・・生産が遅れてます。

それも 私のワガママのせいで・・・です。
すみません。

このままで行くと 13日の土曜日から
納品開始できそうです。

と、言うか 13日には間に合わせんと・・・ですモンね。

なにせ、次の日は しのはら巻き巻き大会。

この子を使いたいアングラーのみなさんが多いハズなので・・
(希望的観測ですが・・)
そのタイミングには間に合わせますよ。
(スキルフルが・・・ですが・・・)

なにせ、シバリが多い”しのはら巻き巻き”のルールで、

男前STOOP&本家STOOPは、
しのはらさんから直々にOK出てますからね
(その他のMDリップは篠原さんに要確認です。)

使えるとなれば 使うでしょう・・・
私なら使いますモン。

そんなこんなで 13日 土曜日から納品開始です。
しばし、しばし お待ちください。

PS.カラーサンプル いまさらですが・・
数日内に スキルフルのブログで公開します。

スキルフルブログをチエックくださいね。

スキルフル ブログ



ちなみに・・・

男前カスタムリリースを前にして
この手のジャークベイトのフックセッテイングについて

今日は書いてみたいと思います。

ジャーク系のミノーにとってフックセッテイングは、
クランクベイトのそれと同じぐらい 重要なファクター。

なにせ、このフックセッテイングの良し悪しで
キャッチ確立は大きく変化しますモンね。

故に、フックセッテイングには拘っていただきたい!!。
 
そんな理由で、男前STOOPのセッテイング案 の提案でございます。

まず、セッテイングの軸となるフック。

今現在3アイテムをT.P.Oで使い分けてます。
まず、フック1
ST26
お馴染み ST26シリーズです。

コイツは、3つの中で最もウエイトがある(と言っても 僅かですが・・)
ので、 2次フッキング対応用で愛用してます。


つまり、口に掛かる針で無い方が このモデルになる訳ですね。

2本とも外掛りといった
外掛りが多発する時は2本共にこのフックにする場合もありますが、
基本的には1点使いです。

秋時期の2次フッキング用には、このフックを信用していいと思いますよ。

トレブル RB-M
そんで、↑コイツ ガマのRB-M。

このモデルも良いフックですね。
主にメインフッキングポジ用に使用・・・

つまり、実際に口に掛かる方のフックとして
使用するモデル2種類の内の1つです。

バスが反転する様なバイトスタイルの時には
迷わすこの子をセレクトして損はありません。

針先の持ちもすこぶる良いので フック交換が苦手なアングラーさんにも
このフックは、おすすめできます。

デコイ YS25
そんで、最後は 究極の低活性対応フック
デコイのYS-25です。

このフックは、メインのフッキングポジ用の1つ。

つまり ガマのRB-Mと使いまわすモデルの1つです。

このフックは、活性が下がった時のパクパク食いや、
口を開かない状態でのボディアタック系に めっぽう強い信頼のモデル です。

高活性の時には出番なしですが、低活性の時には大活躍してくれますんで、
STOOPに限らず低活性時のメインフックとして信用してやって間違いなし!!
・・・ですよ。

自信を持ってお勧めできるフックだと思いますし、
私自身、愛用してるフックです。
(まあ・・そう言ってしまうと3アイテム全てがそうなんですが・・)



この3種類を軸に、
活性や、バイトスタイルでそれぞれの配置を決めるのが
私流なんですが、

リリースから10月いっぱいは、
フックセッテイング2

↑この布陣
つまり、ST26&RB-Mの組み合わせがおすすめです。

その日のバイトを見て、

口に掛かる方をRB-M、
掛からない方をST26

と言ったセッテイングです。

ボディ側は#10
リア側は、#12
と言った配置が基本ですが、

あくまでも基本ですので
状況に合わせて10-12番 を使い分ける事を心掛けてください。
そうすることで より確率を上げる事ができますよ。

ちなみに、一番上の写真が、
RB-Mを私が認める前までの セッテイング。

掛かる方にST21
掛からない方にST26
と言う組み合わせです。

これもアリなんですが・・・

ジャーク&シャッドに関しては
RB-MとYS25を知ってしまえば 
やはり メインフッキングポジにはこの2つですね。

以上、日々探求で変化を続けているジャンルの
今現時点の到達点

・・・早い話、思い込みの激しいお話でした。

信じるも八卦・・・一度お試しください。


ちなみに・・・この3タイプは 基本的にバーブレスで使用してます。
バーブレスを忘れるほどのキープ力も私の選考基準ですので

この3タイプに関してはバーブレスで使用していただいても
それを感じさせない最高の使い心地ですよ。

(バーブレスが不安な方は、
ST26&YS25のどらかからチャレンジしてみてください。)

バーブレスは、
バーブのあるフックに比べて1/2~1/3の力でフッキングできますし、
外掛り等を含めてバスの対してのダメージを最小で抑えられますし・・・

自身に刺さった時もバーブレスだと安心です。

是非、バーブレスで試してみてくださいね。

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2012/10/08(月) 20:02:18|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する