FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

新参者・・・現る!!

新参者・・・スキルフルのジャークベイトでキャッチ!!
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、しのはら 巻き巻きカップ でした。

男引きマニアのみなさん51組の参加で
優勝1950g(3本)5位のラインで1630g・・・

巻き巻きオンリーの大会とは思えない
ハイウエイトでした。

さすがです。

湖は全ターンに向けてリアルタイムに変化を続けている
タイミングだった故に 非常に読みにくかったと思います。

私的には、本湖に点在する どシャローフイッシュがキーとなるんでは・・
なんて、勝手に予想してたんですが、

蓋を開けると
ターンに早めに突入したエリア=水質が改善方向のエリア
のシャローグルーザー・・具体手には2~3mラインの攻略

そして、最もターン突入が遅かったエリアの沖回遊
具体的には、5mのディープクルーザー攻略

この両極端な2つのロケーション攻略がキーとなった結果したね。

本湖のどシャローサスペンダー・・・と言う可能性は??
と、気になって 大会終了後に このポジを攻略してみたんですが

かなり難しくなってました・・・

ちなみに↑のバスが、その どシャローのサスペンダー

スキルフルの岡本君がコツコツ作っている 開発中のジャークベイトのプロト
を使って無理矢理引き出した感MAXのお魚ちゃんでした。

釣ってみた感じ、下手すれば明日には崩壊するかも・・・
と思わせるほどに、このロケーションは不安定になってましたね。

湖はリアルタイムで変化を続けている

判っていながら・・・再認識でございました。


話は、若干飛んで・・・

今日使ってみた スキルフルのジャークベイト。
私の欲しい 北山湖でのジャークベイトの守備位置の一角を担う候補生です。

具体的に言うと、STOOP MRシリーズと
同一線上の攻略守備位置で 異波動

と言う、ローテーションポジを担う存在。

私的には、
現在モデル不在の このポジションを担うモデルが具現化されれば、
強力クリンナップが完成し 攻撃効率は飛躍的に伸びるイメージなんですね。

いやはや・・人間は欲深い生き物ですね。

可能性に気付かない時は、どうでもいいのに、
一度 可能性に気付いてしまえば 欲しくてたまらない・・・。

そんな感じで 期待してる発泡ウレタン製のジャークベイトです。

このジャークベイトの基本骨格は、
発泡ウレタンボディで固定重心・・・

そんで、水の切り押しが可能なリップデザイン
&タイトピッチのロールアクション。

ウレタンの持つ 全浮力、全比重という、
通常のルアー(インジェクション成型)

とは一線を介す素材特性から引きだせる最大効率を追求
・・・と言う方向性の追求なんですね。

前にも書いた覚えがありますが
発泡ウレタンボディは、ジャークベイトの性能を高次元で引き出す
相性の良い素材。

なのに、皆無なんですよ・・・このカテゴリーに属するルアーが・・
故に欲しいんです。

そんなこんなで、趣味で開発をサポートしている訳ですね。

まだまだ走りだしたばかりで、
数回のモデルチエンジでやっと基本骨格が見えてきた・・・
といった感じの 超赤ちゃんルアー ですが、

素材からくる基本レスポンスが高いだけに 今後 期待大 ですね。

そんなこんなで又次回。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2012/10/14(日) 21:52:17|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する