FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

寒の戻り=SH60の出番です!!

ご満悦の1本でございます
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、木下マリンの大ちゃんのバックシートをジャックして
某ダムへGO!!なのでございました。

まず最初に 大ちゃん ありがとう!!

激タフの状況下なのに
非常にエキサイテイングで、充実した体験ができました。

この場を借りて 感謝 感謝・・です。


そんな感じで始まった今日の釣行ですが・・

今日のお題は、大型のプリにターゲットを絞っての
サスペンドシャッド攻略。

いわゆるシーズンの後半戦を楽しむ!!と言う企画です。

そんな感じで、楽しく満喫・・の予定だったんですが、
蓋を開けると 湖は

シャッド後半戦に突入する前の中弛み期間で足踏み状態?

更に寒の戻り+強風と言う悪条件が影響したのか??
サスペンドラインまで押し下げられてて
まさに 想定外の状況 となってましたね。

予定では 2.5~3mのサスペンダーをシャッドで・・・
と言うイメージだったんですが、

実際は4m前後(エリアによっては5m)
にターゲットとなるプリバスはサスペンドしているようで、

活性面まで考慮して 攻略を考えるのであれば
どちらかと言うとライトリグでの攻略の方に分がある状況だと・・・
そう 判断される状況でした。
(実際にライトリグの方が攻略の効率は高かったです。)

このポジションにおいて 効率を求めるのであれば
やっぱりライトリグだとは 思うのですが・・・ね。

しか~し 旬を楽しみに来た訳ですから、
やっぱりシャッドで楽しまないと、
そして腹いっぱい楽しまないと・・ですもんね。

そういった邪??な理由で
半ば強引に、
シャッドをひたすらポンプ、ポンプなのでございました。


今日は、無理矢理感がある攻略だった為、
当然の如く4時間はノーバイト。

そして4時間をちょこっと過ぎたあたりで
バスのポジションを捕捉でき、

そこから更に30分ほど“食わせる為の微調節”を行いまして、
やっと最終的な攻略のパターンへとたどり着いた次第です。
     
SH60【改】良い感じです!!

この日の具体的な攻略としては、
SH60の波動力を活用して
4m前後にサスペンドしたプリを
コールアップさせて食わせると言うもの。

SH60を一気に2.5m+アルファまで送り込み、
そこからスローテンポでショートポンプ。

各ポンプの間のストップモーションは
できるだけショートを心掛ける事がキモでしたね。

最大到達水深より更に下にいるバスに発見させる事、
そしてフローしてくるバスに見失わせないようにアピールを続ける事
を意識する事。

・・・この2つのシンクロで
ご満悦なサイズが登場といった感じでございました。

ちなみに 当日は、SH以外にも 
色々とローテーションしてみたのですが、
結果を引けたのは、結果的に SH60【改】だけでしたね。

SH60【改】ver0

理由は長くなるので割愛なんですが・・

多分 更に深いレンジまで潜るシャッドだと
今日に限っては見切られていたハズ・・・なので・・・

波動のみで発見させ、行動をスタートさせて
そして水深=間合いを詰める間に興奮させて
見切らせずにバイトさせる・・・

と 言ったSHでフローさせる手法は正解なんだと
そう判断でございました。


話は変わって・・・
経験的な話なんですが、

10~15℃の水温の時期で
“寒の戻り等の水温的なマイナス要因”が影響して、
状況が悪化したタイミングになると

SH60・・なぜだか効く事が多いんですよね。

多分・・・波動力とピッチの間隔が
この状況のバス特有の嗜好にマッチするんでしょうね。

状況的にはシャッドではない・・・
そんなタイミングでバスとの出会いを演出してくれた
SH60に 感謝 感謝な1日でございました。

難しい 故に 充実!!。
シャッドでの攻略は 正直 たまらん面白さ。

だから ポンプ!ポンプ!! なのでございます。

ではでは。


今日のタックル
ROD BOOST【TI】イグナイター
REEL イグジスト2500
RINE デット オア アライブ 4lbs
LUER SH60【改】
スポンサーサイト



  1. 2013/04/11(木) 18:46:57|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する