FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

明日は、わくわく釣りツアー 開催です

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

明日、5日(火曜日)は、
わくわく釣りツアー で 「行きた~い!!」コールを
いただいた皆さんと世保沖に行ってきます。

その関係で、明日のショップはお休みとさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。



そんな関係で、今日は空き時間で ソルトウオーターフライの準備でした。

久々なので、2系統の ラインシステム の 組みなおし からスタート。
明日は、インターミディのST &フローテイングのWFでアタック!!
ちなみに、明日のメインラインは

インターミディエイトのシューテイングヘッド#11をカットして
ランニングの F#1 とループでコネクトした シューテイングライン。

そんで、王道の #9フローテイングのウエイトフォワードライン

この2系統で決定。

昨年までは、ボートの場合
ST+フラットビームの組み合わせを愛用してたんですが、

小型ボートからのキャステイングを考えると
ランニングラインの方が有利な事が多く感じるので、
今年はこの組み合わせでアタックしてみようか・・と、ですね。

そんで、間髪いれず フライタイイング!!
まず、
シルエット追求型モデル
リアルシルエット追求の方向で、
↑マジックミノー系でイワシをタイイング。

そんで、
アクション=波動演出型モデル
王道の、アクション=波動系のストリーマーをバリエーションで複数

といった感じで巻いてみました。

ナブラの形で この2系統を使い分けてみようかな?
なんて企んでます。


実は、明日は、キャプテンのリクエストで
小一時間だけ フライを振ってみて欲しい・・との事なんですよね。

まあ、私も同意見なんですけど、
シーズナルのようなサイズのボートって 
フライフイッシングでの遊漁に かなりベスト なんですよね。

フライを楽しもうと思うと、
ルアーマンと同船は 釣りのスタイルの違い、
キャステイングの安全性 などの面から
正直 難しいんです。

故に、フライマンだけで、それも息の合った仲間と乗りたい。
これが、フライマンの立場からのニーズ。

となると、結論は チャーター となってしまいます。

しかし、大きな船は 価格の面でチャーターは難しいし、
キャビンその他の船備の関係でキャストに制約が生まれたり
目線の高さが高いのでリトリーブ等にも色々と制限がついてしまいます。

故に 2人でチャーター できて
2人で 自由にキャストできる シーズナルのサイズ&フラット形状は
フライフィッシングの遊漁船 としては、 理想なんですよね。

その部分があるから、
キャプテンは、フライでの操船を覚えたいんだ と そう解釈してます。

ゆえに、身近にいる なんちゃってフライフイッシャーの
私に声がかかったんでしょうね。

明日は、キャプテンの操船 見せてもらいますよ。
だって、ルアーよりもフライの方が 操船の制約 が多く 難しいですから・・ですね。

まあ、フライに付き合ってもらった分、遅くまで やってもらうんで
文句はないんですけどね。

そんなこんなで、明日は、フライでナブラシュートを堪能です。

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2013/11/04(月) 20:51:14|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する