FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

お次はマッシュの攻撃です!!

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

小春日和ですね。
非常に クランク巻き巻き したい衝動にかられている
釣具屋の店主でございます。

先日、お伝えしておりました
2014春のクランク ジエッとストリームアタック企画の
第2の刃・・・マッシュ のターン がやってまいりました。

このクランク 実にプラ です。
非常に意外ですよね。

なにせ、私自身が 意外だと思っているくらいなので・・
確実に 意外 だと判断されます。

春のクランキング に限っては、
自他共に認める 高浮力素材最強主義を貫く 私が、

バルサや、上質のシダーウッド、高倍率発泡のウレタンを
選ぶのであれば、ごく自然な事・・だと思うのですが・・

春戦線 にプラステック を実戦配備 ですからね。

いやいや、一応言っておきますが、
プラのクランクを馬鹿にしている訳では決してありませんよ。

春の、シャロー攻略・・具体的に言う所の9度~15度までの
低水温のバスを攻略するにあたっての持論として、

高浮力素材最強主義 なのであって、

プラにはプラの良さがあり
プラでしか成し得ない 活用範囲があり、
そして布陣があると、そう思ってますよ。

ウイグル、ボーンのバンデイット、ストライキンのシリーズ3や、
DTN,フラットA などなど、

言い出したらキリが無いくらい ブラにも好きなクランクは無限にあります。

ただ、春攻略に関しては・・という区切りを入れてしまうと
正直 ここ5年くらいピン!!とくる存在は皆無でして・・

今回の マッシュ は 久々の ときめき なんですね。


と、話は横道にそれてしまってましたが・・・

とにかく、この コードネーム マッシュ は、
久々に 学ばせてもらった・・・そう感じる 存在です。

シャローリップのクランクベイトを考える時
クランクベイトのレスポンスは、出力に所以します。

出力は、言い換えれば 強い浮力。
この浮力が高ければ、浮力が生み出す力が大きい訳で、
大出力であれば、
元々大きな力を X,Y、Zのどの軸に どう分配するか?

を調節する事で 色々な性能を伸ばすことは容易だと言えます。

故に、素材全体が浮力を持ち、更にその浮力が強力な
バルサや、高発泡のウレタンは 基本性能が 高くなる訳
つまり、スタートラインが 別次元なんです。

車に例えると 
4000cc越えの高出力モンスターエンジン
=バルサ等の高浮力素材 だと言えますね。

それに比べて、素材自体に浮力を持たない ブラステイックは、
ボディ内の空気量=浮力ですので、面積に対する出力はどうしても
低くなりがちになってしまいます。

車に例えると 2400cc位のノーマル出力エンジンですね。

こう考えると、高いレスポンスを必要とする低水温期・・
つまり 春戦線 においては、
アクション変換効率の低いシャローリップが中心となる
攻略条件が相まって 

4000cc越えのモンスターエンジン搭載機 が
必然的にピックアップされる訳です。

ならば、どうして 今回 マッシュ をして
学ばしてもらった・・と感じたのでしょう?。

それは、 出力が全てではない と言う 可能性を
この マッシュ を介して 理解できたから・・です。

マッシュは、出力的には2400ccクラス・・
つまりノーマルの出力です。

しかし、このエンジンは、2400ccながらに
非常に 燃焼効率が 飛びぬけていたんです。

この燃焼効率=限られた浮力から捻出される力を
ロス無く高効率でアクション転換できている 部分に、
目からウロコ だったんですね。

排気量は低くても
燃焼効率を追求すれば ここまで出力は捻出可能なんだ!!
と言う部分に強い感銘を受けまして、

これだけの出力があればプラで攻略可能。
と言う事は、

これに プラ特有の性能をクロスオーバーさせれれば 新しい可能性が?
と言う風に 思考が働きまして、

その部分を軸に使い倒す事で 
プラ=外側が重い と言う 慣性力 とのクロスオーバーにたどり着き

結果、プラ特有の条件が生み出す慣性力が
バルサや、ウレタンでは 出来ない芸当をやってのけれるという事実

=新しい戦略の引き出し 発見 
へと 繋がったんですね。

まあ、早い話が
このアクションを 見て、「もしや・・」と感じて、
そんで、使い倒して 釣果という 結果から

新しい戦略の引き出しを見つけれた・・ということす。

そんな経緯で 生まれた 新しい攻略の可能性 は
迷わず 実戦配備 な訳です。


いやいや、書き始めたら止まらないですね。
長々すみません。

とにかく、
故に、今年の2枚刃目 はあえて 高燃焼効率系のプラで
行かせていただきます。

カラーチャート等の 情報は、明日公開。
気になる方は 是非 チエック!! です。

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2014/01/27(月) 18:46:47|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する