FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

九州北西部イカ調査報告

本日のアオリです。

みなさんこんにちは。
金曜漁協で漁労長やっとります桑野です。本日は北九のHGとカマエモンの2名の隊員を引き連れ、九州北西部のアラカブ&フラットヘッド及びアオリイカの調査に行ってまいりました。

本日の最大の調査対象はアラカブの夏期の動向調査。九州は風習的にアラカブを夏の間釣りませんよね。まあアラカブのほとんどがDEEPラインに落ちるのでシャローの個体が減るので釣り難い・・というのが理由なのですが、この夏アラカブをDEEPまで追っかけて夏の攻略理論を確立しよう!!というのがお題な訳です。つまりショアからDEEPラインが隣接している地形をピックアップし岸からのアプローチで夏アラカブ!!なのです。

そう行った位置にあるポイントをピックアップし朝8時ごろから攻略開始。いよいよ先日完成したスーパーカブver3の実践投入です。水深10mから15mまでのブレイクに詰まれた縦穴型のテトラ付近をメインエリアに設定しボトムをチエック。

チエックを開始すると、予想通りカワハギ、フグ等のいわゆる「サクサク系」の猛攻でワームが原型をとどめない状態。ワームの形で猛攻を交わしながら攻略すると縦穴(ここの穴は3mぐらいの奥行きがあります。)の最奥付近でファーストフィッシュ。アラカブは、穴の奥付近に集中している様子でした。その後2本目を掛けるもライントラブルで潜られてしまいアウト。それでも何とか釣れる状態だな・・と判断した時・・・・視界に「黄色い尾っぽ」が飛び込んできました。

何かな?(本当は判っていたんですが・・認めたくない自分がそう思わせた・・多分)と思いつつ何気にキャスト。するとその尾っぽはジグヘッドをもんどりうってバイトするじゃないですか。途端にドラグはジーッと引き出され黄色い尾っぽはジャーンプ、ジャーンプです。
ペンペン級シイラ君です。

・・・・そうです黄色い尾っぽの正体は「ペンペンシイラ」なのでした。シイラはペンペン(写真のサイズ)の時はそんなにトルクのある魚ではありません。ソリッドテイップのスーパーカブで楽勝です。難なく取り込んで記念撮影。そしてリリースと高さ8mほどの防波堤の上から落としたんですが・・・その時外したハズのフックがまだ口に・・・そんでもってテイップは写真撮影の間に暴れられて第2ガイドに絡んでる・・・・何!!・・・と思った瞬間ペンペンシイラの自重が8mからの落下で加速されラインがピンと張ります。・・・・リーダーは最強の強度を誇るエギングリーダー2.5号・・メインはPE16ポンド・・切れろ!!切れるんだと願った思いも伝わらずシイラはその状態で宙釣りに・・・・。

たとえペンペンとはいえ約6mの工程差で加速した加重は想像を絶します。この加重を通常のソリッドでは受け止めて耐えうる訳がありません。しかも第2ガイドに絡む=テイップは90度以上の角度でねじれる訳で・・・結果、我がスーパーカブver3はわずかカブ1本&ペンペンだけの釣果でテイップが粉砕された訳です。

この後、そこら辺にいるペンペンの部隊を反応が無くなるまで伝家の宝刀「サイトスイーパー」を使い釣りまくった事は言うまでもありません。

これで本日の調査対象の1つはロッドのブレイクにより強制終了された訳でして、この後必然的にアオリイカ調査となるんでした。

現時点の九州北西部は個体こそ少ないもののまだまだ釣れる状態ですね。この日は、写真のサイズを頭に5時間で5杯でした。この他にも後1回BIGサイズを捕捉したのですが横から800サイズに横取りされてしまい、少々悔いが残る結果でしたが・・・まあシイラが居る状態だったのでヨシとしましょう。

明日は、今日粉砕した「スーパーカブ」の修理・・・かんばります。
そんあこんなでまた次回。
ではでは。





スポンサーサイト



  1. 2006/08/10(木) 21:42:28|
  2. エギング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する