FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

GBツアー第2戦 開催!!

神谷、篠原ペア
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

本日、6月22日(日曜日)は、GBツアー第2戦
モンスーン ラウンド の開催日です。

今回の第2戦は減水傾向の北山湖を舞台に
熱い戦いが展開されました。

今回は、19組のエントリーで、ウエイインが10組。
リミットメイク(5本)達成は、僅か1組
(3本持ち込んだペアが、3組)

といった 現在の激シブ状態が反映している
結果となりました。

そんな、激シブの2014年シリーズ
第2戦のウイナーに輝いたのは、
第2戦 優勝 神谷 篠原ペア
今回の最大魚 1370gを筆頭に 3本のGOODフイッシュを持ち込み
トータル 2600gをマークした 神谷毅 篠原広法 ペア。

神谷、篠ペアは、明神原ワンド&奥南のアッパーエリア
の2ヶ所で攻略を展開。

絞り込んだストレッチにタイミング変えて
複数回入りなおし、攻略を続け、
終了間際のタイミングでキッカーとなる
この日の最大魚 1370gをチャーターベイトでキャッチし、

3本で、トータル2600gをメイクし、見事優勝に輝きました。
神谷、篠原ペア おめでとうございます。

2位 江頭 播磨 ペア
2位は、この日唯一の5本リミットを持ち込んだ
江頭 麗鷹 播磨 直希ペア。

江頭、播磨ペアは、陣の内のインレット+フラット地形を
高速巻きシャッドで攻略。

雨が降り始めたタイミング前後で
高速巻きシャッドを使い、効率良く
バスをバイトに持ち込み、

今大会唯一の5本リミットを達成。
結果、570gを筆頭に 5本で1640gを持ち込み
見事2位入賞を果たしました。

3位 松吉久信 選手
3位は、今大会2番目に大きなバス 1020gを筆頭に
4本 1580gを持ち込んだ 松吉久信選手が入賞。

松吉選手は、本湖の岬上の地形を
ワーム&ムービングベイトで攻略し、

1スポットから1本を確実に引き出して行き
結果、4本1580gをメイクして

3位入賞を果たしました。

4位 南 木山 ペア
続いて4位。
4位は、BIG870gを筆頭に2本 1040gを持ち込んだ
南 敏哉 木山宙明 ペアが入賞。

南、木山ペアは、南エリアで
降雨によりできたドレインを中心に攻略。

BIG870gを含む 2本 1040gをメイクして
4位入賞を果たしました。

5位 林 洋一 選手

そして、今第2戦入賞の最後の一角
5位をモノにしたのは、BIG540gを筆頭に
2本で980gをメイクした 林 洋一選手。

林選手は、スピナーベイトでバイトを感じて、
ワームにスイッチする戦術で攻略を展開。

陣の内エリアを攻略する事で2本980gをメイクし
見事5位入賞を果たしました。
第2戦お立ち台
第2戦 上位入賞のみなさん おめでとうございました。

そして、参加いただいた選手のみなさん おつかれさまでした。

次回、第3戦でまたお会いしましょう!!
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2014/06/22(日) 22:24:20|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する