FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

復元完了・・続いて微調節開始!!

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。
GB マグナムバド 電撃作戦は、
昨晩 オリジナルの復元まで 完了しました!!。

IMGP5993.jpg
ちなみに↑この機体です。

このマグナムベースは、主に
リアブレードの交換と、ハンガー高、オフセット値の設定がキーでして、
今回の 復元初号機 は
IMGP5994.jpg
↑こんな感じ。

ちなみに
オリジナル=マスターベースは、
IMGP5981.jpg
↑こんな感じ。

・・・・といっても適当に撮った写真では 判りませんよね。

基本的に オリジナルと同じハンガー高で
現在のリアブレードと、昔のものとの重量差を考慮して
リアヒートン自体をチエンジしました。

そんで ここからオフセット値を微調整するつもりです。
(ちなみに ブレードの大きさは 同じです。)

ここから先は、フィールドでの確認ですので
引き倒してみる次第・・・です。


ちなみに・・・
マグナムバド・・なんぞや?
と、言った皆さんの為に 比較です。
IMGP5990.jpg
↑上マグナムバドベース 下 BIGバドベース です。

感覚的には一回り半 大きな感じですかね。

更に比較。
IMGP5996.jpg
ハイフィン クリーパーとの比較。
クリーパー程は ボリュームありません。

ただ、オリジナルと比べると 確実にハイボリュームでして、

このボディが発する大波動と 
ボディの大きさから来る アクションピッチの緩急の差

この2点が、このモデルの”真価を発揮する部分”です。

引き抵抗的には、ビックバド チョイ重 位。
BIGバドのタックル(スタンスラスター)で 
問題なくキャスト&操作可能です。

ちなみに、ウエイトは、
IMGP5992.jpg
フック無しで↑この位。

これはノンラトル仕様ですので、
クリッカーモデル(ラトル仕様)は、約2g重い と思ってくださいね。

どちらにしろ 問題なく使える範疇のウエイトです。

このルアー バチにしては 出来過ぎ でして、
正直、使える逸品です。

最初は 大きい・・と感じるかもしれませんが、
一度使って バスがバイトしてくることを体感すれば
全然気にならなくなりますし、

使いどころが理解できれば 強い武器となりますよ。

使ったことが無い皆さんは、是非 攻撃隊の一角として
配備をご検討ください。

多分、数回の微調節で 電撃戦にGOサイン だと踏んでます。

そんな こんなで 寒風の中 書き倒し!!

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2015/12/16(水) 11:00:05|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する