FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

マグナムバド電撃戦 作戦開始は21日 23時00分00秒!!


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

GBチューニング マグナムバド電撃戦の
作戦開始時間が決まりましたので お知らせします。

作戦開始は、明日、21日(月曜日)23時00分00秒
つまり、夜の11:00ジャストから受付開始でございます。

欲しい!! と思っていただけるみなさんは、
21日23時ジャストにUPされるブログ内にある
注文フォームより ご注文ください。

よろしくお願いします。


GBチューニング マグナムバド インフォメーション

ここからは、今回 再リリースされます
マグナムバッド ベースのチューニング マグナムバドの仕様や、
なんちゃら かんちゃら に関するインフォメーションです。

このマグナムバドは、ビックバドのパチモデルです。
大抵 オリジナルのコピー品は、性能的にダメダメ 
というのが相場なんですが・・・

この マグナムバドは、その相場に 当て嵌まらず
化けまくった 偶然が作った逸品です。

ビックバド戦のローテーションでは
ホームランバッター的な守備位置で、

「大波動と、アクションピッチの緩急の差 を使いこなす」
この事を 考え 使いこなす事で 真価を発揮するルアーです。

今回のチューニングは、この立ち位置 を軸として捉え
「更に高効率を考えるならば どうあるべきか?」
という 観点から チューニングを施したモデル。

つまり マグナムバドの釣れる理由から
伸ばすべきアビリティをピックアップし、
その部分を更に向上させたモデル・・
これが GBチューニング マグナムバド なんですね。

チューニングにおいて重視した部分は、
○ノーマル=不規則なアクション→ チューン=規則正しいアクション。
○緩急における アクションの幅と反応値を向上=緩急の表現力をUP。
○フックオーダーで フッキング効率と、障害物回避能力の
 バランスを考える。

以上、3点。

元々 出力の大きなボディですので、
贅沢に この出力の分配を考える方向で再調節。
IMGP5994.jpg
主に、リアブレイドの形、大きさ、ウエイト、そして
ハンガー高、オフセット値 の設定でパフォーマンスを追及しています。

今回、搭載するフックは、
元々の針から
IMGP6011.jpg
スティンガートレブル ST-56の#2に変更。

太軸にして標準より少しだけ小さくし、
針の高さを フロント=標準位置
リア=ボディに数ミリチ近づける
方向でフックオーダーを 出してみました。


今回 用意したモデルは、
ベースが ボーン と クリアー
この 2つのベースに対して それぞれ
クリッカー(ラトル) と、 ノンラトルを用意しました。

ベース2つは、素材による 浮力の差
=アクション の スピード と幅 のバリエーション
という考え方で 2つのスピード と 幅のモデルを用意。

クリッカーと、ノンラトルは、
IMGP6019.jpg
ノンラトル=約29g(フック付き)

IMGP6018.jpg
クリッカー=約31g

ボーンと、クリアーの素材比重差を含めてですが
ノンラトルとクリッカーで約2gの差があります。

この2g(実際には素材比重差を差し引くと1gチョイ)の
ウエイトがアクションに連動して動くので

当然アクションの幅と 倒れ角 が異なってきます。
音だけではなく、こう言った意味での
ラトル、ノンラトルのバリエーション だと言う事です。


IMGP6001.jpg

そんな感じで 再設定を施した GBチューニングバド。

今回のリリース数は、4アイテム ×各30 で、
合計 130機。

価格は、4モデル共に 1機 1890円 +消費税 
(スティンガー トレブル ST56 標準装備)
です。

受付は、明日21日の23時より 注文fォームで受付開始。
完全早いモン勝ち方式 で、 無くなり次第終了 となります。

尚 納期は、1月10日前後 を予定しています。

ベースが再発掘・・・故に再リリースが実現した
GBチューニング マグナムバド。

みなさんの バド運用の引き出しの1つとして
ぜひ、このモデルを ご活用ください。

使い所が 理解できれば 強力な武器になりますよ。

みなさんからの ご注文 心よりお待ちしております。

ではでは。


スポンサーサイト



  1. 2015/12/20(日) 18:02:56|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する