FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

北山湖でリールの味見


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、大海原でGO!!の予定だったんですが・・
北東風に阻まれ順延。

そうと決まったら・・
と言う事で 北山湖へ舵を切りなおしGO!!。

昨晩イジイジしてました 巻き巻きリールのニュアンスを
確認三昧でございました。
IMGP7738.jpg

6時間巻き倒し感じた事は、3設定中 2つの設定は〇。
内1つは、非常に可能性を感じました。

まぁ・・全開で手前味噌ではあるのですが・・・ね。


具体的には、
現時点でブレーキの調整範囲が約2倍まで伸ばせてます。

キャスティングのウエイトキャパは、最小で
IMGP7737.jpg
↑バーニング3 が気持ち良く使える位をマーク。

7g(5gのプラグ+フック)以上あれば
キャステイングストレスほぼゼロといったニュアンスです。

今日のテストでは9gまでの確認でしたが、
9g以上はノーマルでも楽勝でコントロールできるので、
その事を考慮すれば、

現在のキャステイング対応キャパは、
バーニング3以上、(DTN位だと解釈ください)投げれる所まで
という事になりますね。

引き続き探求推進 でございます。


ちなみに、今日は 軽いルアーを何処まで?と言ったテストで
ローテーションした バーニング3・・・つまりスキルフルで言う所のラウールが
バスの嗜好にアジャストしたらしく、このルアーの独り舞台でした。

なにせ、それまでぜんぜん当らなかったのに、交換して2投目で クン。
そこから 他の可能性にローテーションすると「・・・。」

しばらく試行錯誤し、確認でバーニング3に戻すと クン と言った感じ。

更に言うと、先日、山崎バーニング大君から 無期限で我が隊に研修に来た
彼プロデュースの秋赤カラー・・この子の 独り舞台でした。

他のカラーでの釣れない事は無かったと思うんですが・・・
色をまわして秋赤に戻るとクンと言った感じでして、

結果的には 現在の北山湖では結構な数 と呼べる本数をキャッチしたんですが
全てが このカラーでしたモンね。

開発中のプロトを見た時に 秋に有効な赤の特徴を持たせた
特殊なトーン のカラーだったので、

強引に我が隊へ・・といった経緯で配属してもらったので、
良い とは最初から思ってたんですが、秋赤 やっぱアリですね。


ちなみに 拡大写真はNGらしい
(私が作っているカラーではないので・・)

ので、気を使って白黒です。

IMGP7733.jpg
そういえば、つい先日、同じようなシュチェーション
大雨、濁り、急増水といったタイミングがあったんですが、

その時も、WA-TOの赤にバイトが集中してましたね。

あの時は、水温が4度くらい一気に落ちたので ワイド系に振れてワート。

今回は、水温の落差が小さかった&落ちて数日経っていたので
タイト系のバーニング3

・・と、言った違いは有るものの、赤の傾向は同じです。

元々、秋に起こる水質の変化での透明の低下
と、秋のバスのサスペンドラインの関係性に対応するカラー
として 秋赤 は存在しているので、

そういった意味では、秋序盤の濁り=赤。
これも 当然アリなのかも知れませんね。

そう考えると、秋の赤 春の赤とは異なったトーンの赤。
欲しくなってきます。

そんなこんなで 巻き巻き最高!! クランク最高!!

ではでは。

スポンサーサイト



  1. 2016/09/23(金) 20:07:57|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する