FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

ベイブ再調整 はじめました

IMGP8813.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

3月も半ばとなりましたので、本日より開発中の
G-フラット【+B】ベイブ(仮)の再調整 始めました。

このベイブは Gフラ と 【+B】 の間を埋める存在ですので
威力を発揮するのは 4月第1週過ぎ位から GW直前の期間。

Gフラの威力が終息し、【+B】の魔法力がその鎌首を
持ち上げだすまでの間が目標とする守備位置です。

昨年のテストで圧倒的に釣果は叩きだせていたんですが、
この守備位置へのシンクロ度合いに 納得がいかなかったので
今期リリースを延期したんですよね。

故に、この機体の再調整の目的は、
目的の期間に魔法力が最大となるように
アクション軸、幅 そしてピッチ の組み合わわせを追求する事。

この目的に向かい 本日より再調整開始なのであります。



と、言っても 現時点は、Gフラットオリジナルが
最大値で威力を発揮するタイミング。

つまり、このタイミングではベイブは目的の守備位置の外側となり
その威力を発揮できない事になります。

では何故 この早すぎるタミングに再調整スタートなのか?

それはですね・・・
このタイミンでベイブで釣れない事 を 確認する為です。

目的の守備位置にキッチリはめ込む事に拘ってるのですから
このタイミングで釣れる=Gフラ と性能=守備位置がかぶる
と、いう事になります。

なので、Gフラで釣れて、ベイブで釣れない事 の確認
は、再調整の最初の一歩となる訳です。

そんなこんなで 再調整の第1歩 「このタイミングのバスからスカされる事」
の 確認作業から開始でございます。
IMGP8818.jpg

具体的には、1スポット毎に
まず、ベイブを数等投げ、その後に G-フラ【改】オリジナル
今日の場合は、ver2017を同じ場所に投げる。

これを繰り返し、先に数回投げたベイブで反応しなかった魚が
後から同じ場所に投げた オリジナルに反応すれば、
今現時点にシンクロしていない証明となる・・と言う按配です。

この数投 投げてオリジナルにチェンジ。
そんで 数歩 歩いて又ベイブにチエンジして投げる、巻く

この ローテーションを延々と繰り返す要領 で
3時間 集中して巻き倒した店主でございました。

ちなみに、ベイブを地形変化へ数投 投げた後の
ver2017を 一発でプン と吸ってきたのが 冒頭の戦艦級。

この1本は、先に投げたベイブには引き出せなかったのに
このタイミングで最大値を発揮するGフラに引き出せた
という事になる訳でして・・

目標の方向に期待性能が向いている事
を 感じられた1本でしたね。
(データーの分母が小さいので 鵜呑みには出来ませんが・・)


今日の模様は 動画でも納めてますので
いつの日か ベイブ開発日記の一編で お届けしする予定です。

そんなこんなで 今期はベイブを再探求。

ではでは。

スポンサーサイト



  1. 2017/03/21(火) 19:52:20|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する