FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

MO-SA アクセルレーター 勇者募集!!インフォメーション

IMGP1467.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

2018年度 新鋭機ジエットストリームアタック企画 第1弾
MO-SA アクセルレーター の インフォメーション お届けです。

このアクセルレーターは、
ソリッドリンク+チタンブレーティング でテーパー構築された
ベイトフィネス シャッド&スモールクランク カスタム
 です。

レングス6,9FTで、
フロロライン6ポンドを中心とした
アクションを付ける事を前提とした 巻き倒し専用機
です。

シャッド、スモールクランク からネコリグ系までを広く網羅できる立ち位置で、
設定されている許容範囲の広いモデルですが、

使用の軸・・いわゆるメインストリームとして意識したのは
ズバリ シャッド

具体的には、ベビーシャッド60~SH60 を 圧倒的に使いやすい事。
これが ニュアンス調整の軸です。

と、言っても 素材的な特徴から 必然的に 許容範囲は広くなりますので

実際には、ベビーシャッドよりかなり小さいモデルから
SH60よりはるかに大きなモデルまで 

を守備範囲として運用可能
となってます。

IMGP1472.jpg

アクセルレーター最大の特徴は、
スピニングと比べて パワー伝達曲線がまったく違う事。

具体的には、スピニングでシャッドを操るよりも
高負荷時のパワー伝達効率が圧倒的に高効率
な設定となっています。

これは、、ジャークにおける強 ポンプにおけるストローク後半

そして、物にコンタクトさせた時のアクションに対しての
波動表現がスピニングとは別物になる・・
と言うことを意味してまして、

この部分が スピニングとは別角度でシャッドを活用する
といった アクセルレーターに求めた メイングミックの根源となっているのです。



ノリノリで書いてしまってますが、
難しい事はこの辺にしないと・・ですね。

思いの全て・・と言いましょうか?
考えたた事を 文章にすると 延々と長くなってしまうので・・・

早い話、アクセルレーター+6ポンドフロロでの運用は、
スピニングで 反応させられなかったバスに対して

違ったアプローチで反応を引き出せる可能性
 なんだという事です。

これは実際に 使ってみないと 判りませんが、
明らかに スピニング+4ポンドフロロ とは 
違った反応を 引き出せます。

この別腹的な 反応に、可能性を感じ
店主的に部隊導入を決定した新鋭機 これが アクセルレーター。 

本来なら2~3年後にリリースされるべき存在を
今回 限定で おすそ分け といった次第なんですね。


因みに・・
明日公開(予定)のGBI月報の 2本目
TD-Z フィネスカスタム(仮)のテスト風景動画

で、使用しているのが アクセルレーターの試作機 です。
(製品版の1つ前の機体) 

使用方法は、鱒相手のクランキングなので 勝手が違いますが、
2.1gのクランクをキャストしてますので

キャsステイング フィール等は感じていただけると思います。

是非、参考に ご覧下さい。


IMGP1468_2018012920210541b.jpg

MO-SA アクセルレーター
レングス   6.9
ブランクス  ソリッドリンク+チタンブレーディング
ガイド     チタンSIC マイクロガイド設定
リールシート PMTSM マイクロトリガーシート
グリップ   セパレートEVA +EWBCバランサー
IMGP1466.jpg

価格 46500円(税込み) 

注文受付は、
2月11日(日) 21:00にUPする
ブログ内の注文受付フォームより

完全早いモン勝ち 方式で
限定5本にて 受付
させて頂きます。

因みに 納期は 3月上旬を予定しています。

そんなこんなで アクセルレーター
皆さんの部隊への導入 ぜひ ご検討下さい!!。

ではでは。



スポンサーサイト
  1. 2018/01/30(火) 21:00:00|
  2. ロッド製作
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する