GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

フィネスな巻き巻き 癖になる面白さです!!


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、昼イチまで学校で講師業。
そこから ちょい外仕事を終らせたのがPM3:00.

現場着は、4:00過ぎとなる・・少し、遅めだな。
なんて、思いつつ

「春分の日を過ぎているということは、
既に夜より昼の方が長いということた!!」

と、自分に言い聞かせて、夕方からの数時間
気合をれて巻き倒した次第です。

今日は、登りの中潮1日目。
新月回りなので、潮的には半潮ズレが起こっているので
正確には、午後潮から中潮 と言う 中潮の走りのタイミングです。

と、言う事は
生態的トリガーは 確率的に引かれ易くなっているので
(あくまでの走りの状態ですが・・)

G系の波動軸で メスのヘットアップを掛けていくイメージで
ゆっくり 丁寧に 巻いてみて、

ハマればそれを突き通し、
ダメならラウンド回しで確率勝負

と言った戦術で 数時間を集中でした。


巻き始めて早々に
IMGP1878_2018041318373631c.jpg
↑この時期の波動に照準を合わせた機体
G-フラット【+】に プッ と来て、

G系の波動パターンに確信を持つ訳です。

この触りで G系の軸線上で 突き通す事が まず決定され、

そこから生態色、環境色を回しながら バイト(触り)を探して行きます。

丁寧に複数回のアプローチを入れながら巻いて行きまして、
最初にバスの口にアジャスト出来たのは、環境色(イエロー:試作色)。

このイエローに 今日としては強め (と言っても かなり微弱ですが・・)
に、プッとキスしてきたのが 冒頭の豊満ボディのバスさんでした。

因みに・・・
この1本で、店主の気分は、
ご満悦モードに突入した事は・・否定しません。


この1本で 環境色かな?? とは考えたのですが、
なんか違う・・と言いましょうか?

キスが強めだった事に対して 直感的に 「・・・」と感じたので
ここでは、あえて1本化せず、
更に環境色、生態色を回して更なるデーターを探す事に決定。

そこから 更に色を回す事で、
徐々に 生態色の方が触りが多い事に気付き始めまして・・
最終的には、1本目をキャッチしたカラーではない
生態色を 主軸に決定となりました。

この生態色への絞り込みは、 結果的に 吉となりまして、
ここから バスの触り(=クランクに軽く絡む行動)を
テイップを介して感じる回数は、確実に増えていきます。

IMGP1880.jpg
そんな過程を経て 最終的に フッキングに持ち込む事ができたのが
↑この巨大戦艦級。

この1本のキヤッチで
更に ご満悦 となった事は、言うまでもありません。

どちらかと言うと「ドン」と来る 雄とは間逆の
軽すぎるバイトを感じて フッキングに持ち込むクランキングは、
正直に 癖になる面白さ です。

近々に また 堪能ですな・・これは。

そんなこんなでクランク最高!!。巻き巻き最高!!。

ではでは。


スポンサーサイト
  1. 2018/04/12(木) 18:37:42|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する