FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

極上伊藤K・・最終チエック!!

極上伊藤KでGET

みなさんこんにちは。

今日は、朝8:00起きで男のクランク1本勝負・・に行ってきました。と、言うのも昨晩極上伊藤Kの販売版サンプルが上がってきまして・・・その動きの最終確認の意味で実釣テストなのです。

現場に到着してみると、予想通り今日のエリアもドチャ濁り・・・まあ、フラットウオーターでは「濁り」は100%バットの方向にはむかないので、攻略法とエリア選びさえ間違わなければ何かしらの反応はあるはずなので、昨日の北山湖よりマシなのですが・・。

状況を分析し、エリアを決定。その後、本気モードで約3時間引きまくって見ました。結果写真のサイズを筆頭にキャッチ。今回の最大魚は残念ながら大台には乗らなかったのですが、納得のナイスプロポーションでしたよ。

話しはいきなり変って・・・
昨日のGOODサイズ、そして今日の1本共にクランクは丸呑みでした。(写真にクランクが写っていませんよね・・いわゆる口の中・・と言うことです。)これは実に良い傾向でして、アクションの軸の調整が目的通りにうまく行っている証拠なんです。

事実、最初の方のテストショットだと「外がかり」が多かったのですが、試作を繰り返す内に口の中に納まる確率は確実に向上していきました。この確率は5つの部分のクロスオーバーで向上できたのもでして、目的がクリアーされている証なのです。

(ちなみにこのデーターは、テスト開始からロッド、リール、ライン全て同じですので、自然状況の変化部分の影響以外は、すべてクランクベイトの性能が反映している・・と判断できると思います。)

細かいようですが・・・この小さい部分の積み重ねが「ターケットをキャッチする」という結果をアシストするのだと私は考えています。今回のコール地点・・「強力なバキューム力、そしてアタック~吸い込み~フッキングの一連の確率の向上」は、いわばこの部分に集約されているといっても過言ではありません。

今日の結果で、上記の結果を踏まえた細かい部分を確認し最終テスト終了となりました。
まさに・・めでたし、めでたし・・です。


そんでもって、またまた話しは飛んで・・
開発が終了して振り帰り思うに、今回は本当にビルダーの岡本君には「わがまま言い放題」でした。

私の指摘する「見た目ではわかりにくい改善点」を一つ一つ理解し形にしていける才能には正直脱帽です。結果、極上モデルと、更にアクションの質を変化させた極上スクエアーモデルという答えを創造でき本当に満足です。

後は、皆さんに極上伊藤Kという「結論」を提供するのみ。私と、スキルフルの作り出した「拘り」を是非体感くださいね。

最後に、ビルダーの岡本君、本当にお疲れさまでした。そんでもって生産の方・・遅れないようにヨロシク!!。

次は「リザーバー対応の例のヤツ」を、気合を入れてアレンジ三昧。
楽しみ楽しみ・・。
ではでは。

PS:明日は北山湖でガイドです。したがって4:30分開店です。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
スポンサーサイト



  1. 2007/02/16(金) 23:06:49|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する