FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

水面に蓋が掛かった早朝・・そんな攻略戦


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、早朝より数時間バスリバーで攻略戦展開でした。

今日の攻略戦は、夏の朝・・・と言う事で
TOP軸からの攻略展開をイメージ。

昨日、久々の夕立による 若干まとまった降雨があった事を考えても
期待値は大きく膨らむ訳です。

6時半現着。
さてさてと、フィールドを観察して見ると

水位=チョイプラス・・・GOOD!!
水温=29.8・・30をギリ下回っているのでGOOD!!
水質は・・・一面 膜を張ったような粉吹き状態・・BAD!!

と言う事で、最後の水質が全てを台無しにしてくれたな これは・・・
といった判断に 朝一発目から 至る訳です。


温かいシーズン(春~秋)に 久々雨が降ると どうしてなのか?
この状況 起こりますよね。

河川での あるある ではあるのですが・・
泡 ならまだしも 膜は・・ ですね。

今日のフィールドは いわゆる 水面に蓋が掛かった状態。
この薄膜が張ると 水面を割らない(TOPに出ない)状況に陥るのは多々。

故に TOP軸で・・という当初の計画は 必然的に再構築となる訳です。


とは言っても 実際引いてみないと・・
粉吹き状態は幻かもしれませんからね。

と言う事でパタクロからスタート。
そして30分後 TOPで・・という計画は捨て
素直に状況に向き合う事にした訳です。

この状況になると バスは、基本日光の到達レンジ付近にサスペンド。

浮いているけど 水面には出難い・・と言うか
30分引いた感じでは出ない と言って良い状況。

と言う事で 攻略レンジは バスのサスペンドラインより上
そして水面から約10センチより下の範囲内 と、言うことになります。

このレンジを バスを振り向かせる事のできる波動を持った存在 で攻略
これが 今日の早朝に軸となる機体に 課せされた条件だと言えます。

そんな条件からの逆算で 私が選ぶのは、
IMGP2705.jpg
スピナーベイト・・と、言うか SR-MINI です。

経験からの逆算なんですが、
水面がいきなり 薄い粉を吹いたら SR-MINI。

夏=高水温期 特有の
TOPで釣らなければならない位 ルアーを見るターゲットを
水面を活用しない=高解像度で分析されてしまう状況で・・

と、なると 答えは 形を持たない存在↑に 落ち着きますよね。


そんなこんなで、
SR軸で 急遽再構築した攻略プランは、
「SRのギミックを活用した喰わせ方向での波動合わせ」

1/2OZを基準とし(サスペンドラインからの逆算)
リアブレード№3 1/2(ノーマル) と リアブレード №3(カスタム)
をローテーションしながら 反応を確認し、喰う波動を検索。

そこから ブレードカラー、スカートカラーの順で ローテーションし、
確率追求をして行く と言うもの。

IMGP2694.jpg
この戦術に移行すると 15分くらいで↑本日のファーストフイッシュが
軽めのバイトで お出迎え してくれまして、ビンゴ!!。

そこから 更に絞り込んでいく事で
〇 リアブレード№3 1/2(ノーマル)
〇 ブレードカラー=シルバー
〇 スカートカラー=ホワイトチャートリュース 

と言った結論で まとまった次第です。

そして最終確認で残り数十分の時間を使って
ワームでスローな展開を確認しましたが ノーバイト。

そして やっぱSRなんだな・・と、変に納得なのでございました。


今日の攻略戦は、
残念ながら TOPでは楽しめませんでしたが、

プラン変更で挑んだ割には
コンスタントにカウント出来ましたので
楽しかったですね。

また 近々に参戦です。

ではでは。



スポンサーサイト
  1. 2018/08/14(火) 17:20:09|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する