FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

蛙のフォローに うなベース

IMGP2786.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、新規開拓DAY と言う事で
新規の蛙場を探して 午前中 プチ旅でした。

今日新しく開拓したスポットは、蛙に向いていると言えば NO。

だけど蛙で攻略は可能 と言った感じの場所で、
魚的には少なく、型も小型中心で、発展途上と言った感じ。

水質的に蛙に出難いと言うか、蛙が出る場所が点になってしまう
そんな癖があるフィールドだと予想されまして、

実際に攻略してみても 出るけど 打率が低目・・そんな感じでした。

こんな癖のある場所特有の あるあるなんですが、

出るのは1発のみ。
この1発をミスしたら 2回目からは蛙には出ない・・

今日のフィールドは この傾向がドンピシャでして、
打率を上げる為には、 蛙で出す → ミス → 蛙以外でフォロー

と言ったフォローゲームの展開が必要だと判断でした。


基本、蛙のフォローは蛙。

蛙場 と呼ばれる 蛙に適した環境であれば
基本 この方向性で ほぼ ゲームの構築は可能です。

ですが、今日の様なロケーションだと、
単発ゆえに 探すのに 蛙は有効 だけど、

1発をミスすると 蛙とフィールドのシンクロ率の関係で
2回目=食わせは 蛙では× と なりがちなんですよね。

そんなロケーションで 昨年位から重宝しているフォローベイト
これが、近頃ブログに良く登場する うなべーすと呼ばれる機体。
IMGP2735_2018082522075816d.jpg

具体的には、マグナムトリック のノーシンカーです。

このワーム、ノーシンカー状態で約13gありまして、
蛙侍+PE4~5号のタックルで 余裕でアプローチ可能
そんな存在です。


蛙は、攻略効率(アブローチの深さ、強引さ) と スピード がウリの戦術。
その攻略スピードを有効活用する為に 基本 蛙竿1本で攻略に臨みます。

つまり、フォローも蛙竿で行なわないと・・なのです。
蛙竿、PEの組み合わせで 蛙に2回は出ない=上を向き難いターゲットを
攻略しようとすると、意外に適したフォローベイトは皆無なんですよね。

基本、食わせ系は軽いので 投げれないし、
投げるウエイトのモノだと 早く沈みすぎてフォローにならない
となる訳です。

そんな中、この うなべーすは、13gでキャストは容易。
ノーシンカーで、適度なフォールスピードを マークしてくれるんです。

昨年までは、単に オフセットをセットして使用していたので
釣果的にも そこそこだったんですが、
IMGP2736_20180825220800590.jpg

先日から、 うな の応用で、オフセットフックを
ワームの中心位置にセット出来る様に改良してまして

この事で ワームのバランスがミッドシップとなり、
結果、平行フォールが可能となりまして・・

攻略効率が飛躍的に上昇したんですよね。


今日の攻略戦においても 良い感じで
この うなベース のノーシンカーが活躍してくれまして、

蛙へのミスバイトの後に、フォローとしてアプローチする事で
取れない運命の魚を カウント なのでした。

特殊な環境下での 限定的な運用機体ですが、
うなベースの ミッドシップノーシンカー

運用次第では 良い仕事してくれますよ。

そんなこんなで 又次回。

ではでは。

スポンサーサイト
  1. 2018/08/25(土) 22:04:19|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する