FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

うなベース マグナムトリック

IMGP2827.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

完全に 店主が欲しいから・・の軸線上からのスピンオフなんですが・・・

近頃 ハマって使ってます うなベース
ZBC社のマグナムトリック の店主部隊配属分を
本日 確保完了しまして、

その おすそ分け の提案です。


この マグナムトリック は、昨年から個人的に
非常に お世話になっている機体の1つでして・・

1本 約13グラム という圧倒的な ウエイトをマークし、

横方向の水押し=圧倒的
縦方向の水押し=ナチュラルの範囲内で まぁまぁの大きさ
シルエット=ハイ インパクト

といったアビリティを活用する事で
「バスに見つけさせて バスを動かす」
事を可能とする・・と言うか、

バスを動かす事で 結果バイトを生み出す事を
可能とする 特殊攻略機体
です。

このワームの特性を最大に引き出す為に心掛ける事は
フォール時に横方向の水押しを演出する事。

もっと具体的に言うと 斜めのスライドフォールを心掛ける事。
落とす時にはボディ横面の水押し=水押し 大
そして引く時は ストレート故に 水を受け流す=ナチュラルな水押し
(そこそこ太いので 超フィネスというよりは ナチュラルの範囲内で大きめの波動)

この2つの水押しのスイッチを使いこなす事で バイトを誘発する機体
これが 野太く 長く、水押しに負けない張りを持った存在
=マグナムトリック なのです。



お勧めの リグとしては
ます、最もお世話になっているリグ
IMGP2838_2018082816525660e.jpg
ノーシンカー カバーフリップリグ

カバーにフリップ&ピンチング して 平行フォールで
カバーの中層サスペンダーをバイトに持ち込むリグです。

キャスト性能 &カバーでフォールした後の引き出し、すり抜けを
考えて ワッキースタイルではなく 通し刺しでセッテイング。

IMGP2837.jpg
フックでセンターバランスを作るので フックは大きめ(3/0)を使用し、
写真の位置(ちまきの後ろ部分±5mmの位置にフックを配置
します。

使い方は、13グラムのウエイトを利用して
カバーにノーシンカーでピッチング&フリップ。

後は フリーで落としこむだけです。

これだけの存在感で、これだけの ゆっくりとしたスピードで
13gの質量&素材の張り が生み出す波動を発しながら
カバーに滑りこみ フォールできるリグは 意外に存在しません。

使ってもらえれば その可能性に ときめく筈 ですよ。


IMGP2734.jpg
うな リグ
通常のウナギリグとは・・もしかしたら少し異なるのかもしれません。

キモは、6節目にウエイトを配置すること。(基本3フシ目 最大8フシ目)
フックの位置はバランスを取るために ちまきの後ろ±5mmから
ノガレスシステム5のキンク部分が出る様にする
事がベストセッテイングです。

ウエイトは2g~7gを条件によって使い分けます。

使い方としては
バスのサスペンドラインとクロスオーバーするバンクを
フォール&シルエットで見せる事で 沖からヒット&ウェイを発動させて
ズル引きで食わせる・
・・・これが基本となります。


2.5mサスペンダー(想定)なら、沖から岸に向かい 
水深1.5m部分にダイレクトに フォールさせ、
後は 極ゆっくりと水深3.5mを目処に ラインスラッグでズル引きする。


この他にも

〇 ネコリグ
〇 ジカリグ
〇 フリーリグ


にも 愛称抜群です。


今回のカラーは、 事前に今回の生産ロッドを サンプルとして取り寄せ
素材の張り、ソルトの量、比重、発色 の4点を
確認、吟味して決定しました。

生産ロッド毎に異なるバラツキを確認し、
今回の生産ロッドにおいて ベストだと判断できる
モデル×カラーの組み合わせをセレクト
しています。

今回 実戦配備用として セレクトしたカラーは、
IMGP2766.jpg
〇グリーンパンプキン
ソリッドカラー代表。

IMGP2767.jpg
〇ウオーターメロンシード
透過カラー代表

IMGP2768.jpg
〇スカッパノン ブルー
ハーフスケルトンカラー

今回の生産ロッドは、特に色調が濃く仕上がっているのでお勧めです。
見た目は かなり暗い色調ですが、
IMGP2771.jpg
光にかざすと スカッパノンに発色。

これは、正直 生産ロッド的に偶然良く出来た 買い のカラーだと思います。

IMGP2773.jpg
〇ブルーギルフラッシュ
スローシンキング(低比重)モデル
IMGP2775_20180827194337bcc.jpg
今回の生産ロッドは、ハーフソルト仕様
=半分に塩が入って(白) 半分はノンソルト(スモーク) になっています。

塩が入っている と言う絶対条件をマークしつつ
半分が ノンソルトで成形されていて、

通常使用での上面=平面(白)が重くなっているので
不安定なアクションを演出可能となっています。


以上、4色。

シュチエーション別に運用できる ソリッド、透過、半透過、不安定バランス
の アビリティを持たせた4色
 です。

準備数は、各色30~50パック (カラーによって異なります)
価格は、1パック (8本) 880円+消費税 です。

部隊への配備希望のみなさんは↓の
注文フォームより ご注文お願いしますね。



マグナムトリック(うなベース) 注文受付フォーム


機体は、只今 飛んでる最中でして
8月31日(金曜日)の到着予定です。

若干モビルアーマー的な迫力のある機体ですが、
使ってみると 丁度良いインパクト感の 使い易い機体です。

是非、皆さんの部隊への導入 前向きにご検討下さい。

ではでは。

スポンサーサイト
  1. 2018/08/29(水) 16:37:57|
  2. お知らせ
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する