FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

ベイトとスピニングは別腹です


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日のお休みは、冬らしい釣を思う存分・・な方向で
腹一杯 楽しんでみました。

今日のターゲットは、DEEPの越冬バス。
具体的には、10~12mラインに展開する
半分寝てる感じの魚達の攻略です。

今日の攻略は、
IMGP3390.jpg
ベイトフィネス=アクセルレーター+6LBS
スピニング=クォーク+4LBS
の組み合わせ をローテーションしながら
バスの嗜好に合わせて行く戦術で展開。

10~12m+地形変化+ベイト この条件のスポットを
フィネス展開で 食わせに徹する感じで攻略でございました。

今日攻略してみた感じでは、

数をカウントするならスピニング
型を追うのであればベイトという方向性のようで・・

ベイトで当てると ↑冒頭の写真のような ナイスボディ
・・だけど単発。

スピニングで当てると、
IMGP3386.jpg
↑この位のサイズにダウンするが キャッチ効率的には 高効率。

そんな感じでしたね。


IMGP3389_20181230134459f14.jpg

今回のように、色々な釣りに対して
同じリグを スピニングタックル&ベイトタックルで使い分ける事で
釣果に なにかしらの変化 が現れる事は、

今までの膨大なデーターを見る限り
揺るがない事実だと判断される訳でして・・・

故に リグに対して タックルをローテーションする事は、
更なる高みを目指す上では、心掛けるべき事なんだと
そう理解しています。

食わせ系の釣りに関しては
1リグに対して スピニング&ベイトの 2タックル活用
正直 アリだと思いますよ。 

気になるみなさんは、せひ試してみてください。
高確率で 可能性を感じれると 思いますよ。

そんな感じで、全体的には渋い感じでしたが、
その部分を含めて楽しい釣でした。

ではでは。
スポンサーサイト
  1. 2018/12/27(木) 13:45:09|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する