FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

7:3?それとも6:4? 答えを探しにGO!!

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、フィールドテストでリザーバーへGO!!。

何の?ですか?
IMG_20190108_233704.jpg
↑MO-SAシリーズの 2018新鋭機 アクセルレーターの・・ですよ。

このアクセルレーターの開発最終関門
・・いわゆる隠し味的部分
に 現在取り組んでおりまして

その部分の調整を どうすべきなのか?
を フィールドで探求な次第なんです。


IMGP3423.jpg
具体的には
シャッド専用機としてのベイトロッド=アクセルレーター
の アビリティバランスの最終調整を行なってる訳でして、

シャッド攻略 7 : フィネス攻略 3
のバランスなのか?
IMGP3426_20190112151502d89.jpg
それとも
シャッド攻略 6 : フィネス攻略 4
のバランス を採用するのか?

という かなり細かいバランス部分の検討
バスさん相手に 確認作業な訳でなんですな。

そんなこんなで、冬のリザーバーを舞台に
IMGP3420_20190112151459bdf.jpg
シャッド&フィネスアプローチ の二刀流で
納得行くまで探求 なのでございました。


流石に水温一桁なので、簡単ではないのですが、
この簡単ではない状況は、
アクセルレーターの進化が発揮される状況
でもありますので、

DEEP越冬に対するフィネス攻略 & シャロー越冬に対するシャッド攻略
この2ポジションのバスを 攻略です。

この日のDEEPは、満水からの急な減水過程といった
水位の不安定が バスのポジションを甘くしてしまってる
そんな感じ。

具体的には ボトムからチョイ浮きでサスペンド といった感じで、
そんな状況に対して、6ポンド+3/32ozJIGヘッド+ガルプフライ3
の組み合わせでの デットリーワーミングを展開。
IMGP3432.jpg
空中戦で、姿勢を長く見せる事を心掛け
↑DEEP越冬を攻略 でございました。


DEEP攻略でニュアンス確認をした後、
シャロー越冬のシャッド攻略へシフト。

ベビーシャッド60SP+6ポンド+アクセルレーター
の組み合わせを駆使して攻略でした。

ベイトタックルのシャッドにおけるメリッドは
ジャーク時の波動ピークが早い事。

そして低水温期の基本アクション=前跳びアクション
での ワープ感の演出効率が高い
事。

つまり、ショートポンプでは
リアクションに傾いた攻略に特化した形となる部分が特徴でして、

この2点を確認しつつ 丁寧にショートポンプを繰り返し、
IMGP3445.jpg
シャローの侍 攻略でございました。

いやはや この時期に シャローでヘッドアップさせる1発は
心を一気に熱くする たまらん味わい。

充実の1本でしたね。


今日1日の探求で また1歩前進。
やっぱ、フィールドでの もの作り 拘らんと ですな。

ではでは。


スポンサーサイト



  1. 2019/01/08(火) 21:13:18|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する