FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

アクセルレーターを体感三昧


みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は・・と言うか 今日も
只今、隠し味部分を思案中の ↑MOーSA アクセルレーター
のテストで リザーバーへGO!! でした。


フィールドに立ち、
頭では無く 体が判断してくれるまで
ひたすら釣りを続けながら探求する・・・

これが私流のニュアンス調整の基本姿勢。

なにせ、机上では算出できない
言葉では表現し難い部分=ニュアンス の調整ですので
拘らなければ・・なのですよ。

故に、お店を休んでも GO FISHING!! な訳です。

IMGP3501.jpg
今日も、7:3&6:4 の2本の試作を持ち込んで、
↑シャッド、そして ライトリグを使いまわしながら
ひたすら釣り なのでございました。



ちなみに、今日のフィールドの状況は、
急減水がカウンター的に効きまくった状態のようで、

DEEP越冬は、沈黙 と、言うか居留守。

シャロー越冬は、減水にビビッてなのか?
レンジを下げヘットアップしないしない状態
といった感じでしたね。

そんな状態で、ターゲットとなるのは 
渋いながらも居留守はまだ使って無い シャロー越冬のバス達。

IMGP3500.jpg
このポジションを軸に、シャッド&ライトリグ(ミドスト)で
攻略戦展開 で ございました。

時間配分的には、私のエゴも作用して
半分以上の時間をシャッドに費やし
ヘッドアップさせる事のできる エリア、スポット等を探したんですが
無反応。

IMGP3487.jpg
結果、チョイ下がった(であろう)バスのレンジ
(=その日のワカサギのレンジ)

具体的には4~5mをダイレクトにライトログの横方向展開=ミドスト
での攻略にて、この日の全てのバスをキャッチ でした。

やはりこうなろと・・こうなりますか・・
的な攻略戦でしたね。

そんなこんなで 次は 鱒を相手に
バイトの瞬間の弛緩性部分を お題に
体に聞いてみる予定です(笑)。

ではでは。






スポンサーサイト



  1. 2019/01/15(火) 17:11:04|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する