FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

SDSでスォッシュ三昧

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、燃える男でお馴染み 山崎バーニング大君の
身柄を確保してからの動画撮影三昧。

何の動画? ですか?

↑この新鋭機体のHOW TO &実釣動画 ですよ。

この機体 FCLの新鋭機でして
名を SDS90 と申します。

この機体が具現化されるキッカケと言いましょうか?
早い話、言いだしっぺ がバーニングさん でして、

なので バーニングさん × SDS90で動画撮影
な次第なんです。


今日の撮影の舞台となるリザーバーは、
増水傾向にありまして

数時間の捜査(実釣)の結果
ワームでのフィネス展開ならカウント可能。

巻き系は 高速巻きシャッドの魔法をキッチリ使って
なんとかバイトを引き出す事ができる・・
と、言った状態だと判断されました。

早い話、ワームなら釣れるけど
ハードプラグは「・・・」な状態にある訳ですな。

バスのポジションンは、バンクから5~10mのオフセット。
サスペンドラインは魚探読み で4mだと推測です。

つまり、バンクから離れた ワームならギリ喰う状態の
4mサスペンダーを SDSをフル活用して浮かせて釣る といった
ミッションに挑むわけですな。


そんな、無理矢理感MAXな状況でも
IMGP4309_201907121834485ae.jpg
↑この 燃える男 はキッチリ見せてくれる訳でして、

カメラの前で
オープンウォーターのチョイ沖4mサスペンダーを相手に

SDSを最大活用して 浮かせて そしてバイトに持ち込む訳ですから、
流石の一言 です。


この日は、午前中にHOW TO編を撮影していた関係で
午後2時位からの実釣撮影だったんですが、

IMGP4304.jpg
昼までも ↑ドン!!・・と言うか バシャッ。

そして夕方になるにつれて ピッチアップして行きまして、
IMGP4307.jpg
バーニングさんが、↑この表情になった位で

操船担当の船頭も
我慢が出来ない感じになって来る訳でして・・

旧試作機を格納庫から引っぱり出し
そして参戦(笑)。

私も このタイプの操縦に関しては
腕に覚えがあるので・・ 
IMGP4312_2019071218344638c.jpg
ファンタスティックな位置(=結構沖目という意味)から コールアップを
演出 な次第です。

そこからは ワイワイ言いながら 楽しく そして真剣にスゥオッシュ!!

撮影そっちのけ気味になった事は否めませんが・・
楽しい時間を過ごしたのでありました。

フィネス系コールアップベイト SDS90
良い仕事してくれますな。

そんなこんなで 今日の模様は
今月末の月報
デカクロ&SDS特集
 でお届けです。

ではでは。


スポンサーサイト



  1. 2019/07/12(金) 19:52:03|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する