FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

スモーキンダット 試食会 開催!!

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、NOIKEからの使者 藤原さんが
NOIKEの新鋭機を自慢しに 遊びに来たので
急遽 フィールドで試食会 開催でした。

今回のNOIKEの新鋭機
IMG_20190726_1624151.jpg
スモーキンダット3。

スモーキンシャッドのテールが付いた
UVSC的な立ち位置の機体だと推測されますね。

藤原さん的に 本気で自慢したかったらしく
背中から 自信が なんとなく見える感じ・・
判りやすく言うと オーラが見える感じです。

そして 桑野さん 使ってください!!
と自信有りげに差し出したサンプルは・・

僅か数本。
通常の1パックに満たない位の弾数です(笑)。

彼曰く 現時点では 本当に無いらしく・・
あるだけ掻き集めて持って来た との事でした。

まぁ・・冗談ですが、
「本気でヤルなら 100本は持って来ないと!! 」
と、一応 言って於きました(笑)。

そんな感じで NOIKEの新鋭機の試食会
開催なのでございました。


67354476_682228538888523_70.jpg

試食会を行なうに当って
まずは、状況判断。

今日のフィールドは、
豪雨→超増水→強制減水中 という状況。

湖は全体的に濁っている状況で
水温は高い所で28度台、
低い所で23度後半と言った感じ。

湖のエリアで水温がバラバラになっている
と、言う事は、そう言うことでして、

優しい状況ではない と、言う事なんだろうと
そう想像される訳です。

現に 少し状況をリサーチして見た訳ですが、

巻き物30分=ノーバイト。
カバー打ち30分=1バイト→食い込まない
と、いった感じ。

早い話、想像通り 簡単では無い と言う事ですな。


そんな中で 試食会は開始された訳ですが、

私は、私の流儀に従って
あくまでも懐疑的な位置から この機体の検証を始めます。

本質を見極めるのなら
マイナス位置から見ないと
正確な判断は出来ませんので・・です。

そんな感じなので、疑いの色眼鏡越しに
まずは 藤原さんの攻略観察から開始です。

IMG_20190726_002357.jpg
観察開始直後
藤原さんのロッドは簡単にベンドカーブを描きます。
なんか今回、半端ない覇気を感じますな。

そして、続けざまに 更に1本。

私が駆る NOIKEのクロー系が スカされて
バックシートの藤原さんに複数カウント。
私が前で先に打っているのに・・です。

まぁ・・状況が新鋭機の方に傾いている
意味は それだけだと判断なのですが・・

簡単ではない状況で
新鋭機が優位に攻略を進めている事
これもまた 揺るぎない事実なのでして・・

この事実を確認して
「ならば 使ってみよう!!」 と、
当然 そうなる訳なのでした。

そして、私の心の評価ゲージは 
この時点で、マイナス領域から プラス方向へ
動き出す次第です。

IMG_20190726_002104.jpg
使って感じる事は、
見た目はUVSC系の存在に見えるのですが
実際は、そこに止まらない存在であると言う事。

守備範囲が広い存在であると言う事は
カウントを重ねる毎に 事実として認識できましたね。

IMG_20190726_002155.jpg
そんな感じで、理解を深める毎に
カウントのスピードは加速していきまして

途中から 久々ぶりの
ライターで溶かして 刺し直す作戦を展開開始!!。

腕が無くなるまで 溶かして刺し直すを繰り返し
弾数ゼロになるまで 延々カウントなのでありました。

IMG_20190726_002502.jpg
まさか・・
釣具屋の店主になってまでも
ライターで炙ってワームを使う事になるとは・・

少年時代に戻ったような
そんな感覚に襲われた試食会でしたね。

弾数が弾数なので
全開で丁寧に リペアしながら使っても
限界は来るものでして・・

遅めのお昼ご飯を 喰う位の時間には
残弾ゼロ で強制終了なのでありました。

弾数が弾数なので 限界はありますが
この弾数にしては 充分過ぎるカウントを
捻出できましたので 「良し」 だと そう判断です。


IMG_20190726_1625001.jpg

いやはや・・
今回のスモーキンダット

正直、懐疑的に見ていたのですが、
最終的には、アリだと そう判断でしたね。

詳しい事は別の機会に書かせていただくとして・・
コイツは ただのUVSC系クローワーム
ではありませんな。

UVSCの領域と、別の領域を網羅した
そんな存在です。

このギミックは、
単純なデザインからの物理作用では成し得ないので、

デザインからの物理作用とマテリアルとの相関関係を
追及して探究し尽くした
その結果故に成せるモノなのだと・・そう判断です。

形状ではなく
形状とマテリアルとのバランスで始めて発動するギミック。

このバランスを見つけるのに
いったい どの位の時間を費やしたんでしょう?。

それを考えると 正直、脱帽 ですな。

そんなこんなで
そんな弾数で試食会に挑むから
ライターの投入を見るハメになる・・的なお話でした(笑)。

ではでは。


スポンサーサイト
  1. 2019/07/25(木) 23:44:54|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する