FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

カットマミーでマテリアル探究

IMG_20191116_002650_046.jpg
みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、居残りで 集中探究作戦を展開でした。

今日のお題は、昨日の反対と言うか
本命 DEEPクルーザー。

この数的には最大派閥 だけど、
タイミング的には、ご機嫌ナナメ(シャローと比べて)
な存在をターゲットに戦術展開なのでございます。

ちなみに探究軸は、
IMG_20191115_223434.jpg
只今というか、ここ2年取り組み続けてます↑
スマイルワームマーミーのカスタム機体です。

ブログに上げれる様になった と言う事は、
開発は最終段階に突入している事を意味している訳でして、

今現時点は、
私的な マテリアルの硬さと比重のバランス・・
いわゆる 黄金比 と言うヤツを 最終確認しております。

このバランスが決まれば、あとは色調調整を残すのみ!!。

つまり、2年間 延々探究を続けて
残す階段は あと2段 な訳なんですな。

この2段を登りきれば、
いよいよ実戦投入が視野に入ってきます。

そんなこんなで 気合はMAX!!
気合120%で カットマミーを介してバスさんと対峙です。


IMG_20191116_002650_048.jpg
今日のメイン攻略レンジは
DEEPエリアの中の 比較的浅目のレンジ。

具体的には、6~8mレンジを攻略です。

この6~8mにベイトがリンクするエリアの中層。

具体的には10~13mボトムの
中層6~8mにサスペンドするバスに対して
カットマミーをアジャストして行く戦術で攻略を展開しまして、

IMG_20191115_222515.jpg
1本、また1本 と言った感じで
丁寧に誘い、そして食わせる感覚で カウントして行った次第です。

型的には、イマイチ詰め切れなかった感は否めませんが、
マテリアルがモノを言う形で、カウントを重ねれましたので
その部分は、評価できると 判断です。

次は、色素調整=実戦配備カラーに調整した時に起こる
マテリアル質感の ほんの少しの変化を 実戦を介して確認。

実戦配備試作が到着次第 更なる探究!! ですな。

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2019/11/15(金) 21:04:53|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する