FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

寝坊のち 春満喫



みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、休日と言う事で
朝早起きして 遠賀で1日どっぷり・・と目論んでしたのですが、

目覚めると2時から始まるワイドショーがテレビから流れている・・・
と、いった いわゆる寝坊展開からのスタートでした。

この頃 色々なカードを切り巻くってたんで
意識はして無かったんですが、疲れてたんでしょうね・・きっと。

そんなこんなで
昼過ぎ と言うか 夕方手前では
流石に遠賀は無理なので・・

グラス片手に 巻き巻き攻略戦 展開でございました。


今日は、大潮から中潮へと繋がる日。
いわゆる下りへのタイドチエンジのタイミングです。

このタイドチエンジ直後は
方向性が有る様で無い というか、

生態色に反応する個体と 環境色に反応する個体が
別腹で混在するような
そんな状況になり易いものなのですが、

まさに、この状況を絵に書いたような
そんな状況が フィールドでは展開されてましたね。

最初は、ミスバイトの連続で
バスの口にアジャストできない感じが先行したんですが、

反応が出る波動を追求した結果
波動的には G-FLAT と マツ吉
この2つがピックアップされ

カラーローテーションでは、逆光色が蹴られ、環境色はチャート

あと 生態色は、守備範囲が広めのレッドグラデーション
この2つに絞り込まれたそんな感じでした。


P3120566.jpg
そんな紆余曲折を経て 結果↑こういう結論に
辿り付いた次第です。

1スポットを この2つでローテーションすることで
どちらかで反応が出る そんなイメージで、

マツ吉だと環境色(チャート)で反応が引き出せて
環境色に傾いたっぽい個体がお出まし。

P3120561.jpg
G-FLAT×生態色(レッドグラデーション) だと、
春っぽい個体 が引き出せる・・そんな 感じでしたね。

生態系の個体&環境系の個体 が混在していて

それぞれを マツ吉×環境色 G-FLAT×生態色が
効率良く誘惑してくれてるんだと そう判断なのでありました。


フィールドは、潮を重ねる毎に 春っぽくなってきてますね。

魚のボディを見る限りは
陽気ほどは春は深くないと、判断されますが、
それでも確実に春は深まってます。

これは、また近々に
春を感じにGO!! ですな(笑)。

寝坊した割には、春を満喫出来た
そんな休日なのでありました。

ではでは。



スポンサーサイト



  1. 2020/03/12(木) 22:54:09|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する