FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

アライブ4 ver2020 試食会開催



みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

午前中は欲望に任せて
突っ走った感じっとなりましたが・・

心を入れ替えまして 今日の本題
アライブ4 ver2020 の試食会を開催でした。

今回の試食会の主旨は、
今期よりアライブ4に搭載された新マテリアルの
素材的評価をする事。

P3270719.jpg

合わせて、今期の春の生態色
スプリングマジック【+CN】 のカラーの出来具合の判断。


この2つを バスさんに実際に試食していただき
判断する事
にあります。

午前中の巻き場(巻きに適したフィールド) より
ワームに適したフィールドへ大移動し、
昼イチからのショートタイムとはなりましたが

徹底的に試食していただいた次第でございます(笑)。


今期のアライブ4ver2020は、
新しいマテリアルを採用


具体的には、アライブの能力を決定付けている
浮力&素材の張りというアビリティはそのままに
耐久力が向上したマテリアル
 となっています。

P3270717.jpg
このマテリアルを判断する目的で
今回の試食会はスラッグ(ミドスト)のみで
あえて突き通す
方向で展開。

1/16oz×6ポンドのベイトミドストスタイルで
丁寧に攻略する事で バスの反応からマテリアルの癖を判断です。

試食会を始めるとすぐに
IMG_20200327_220718.jpg
おいしい を頂きまして、

そこからコンスタンスに、
カウントを積み重ねれたので ひと安心。

釣れる事は判っているのですが・・
カラーの色素等が関係してマイナス方向へ振れない可能性は
正直 ゼロではないので・・

毎年、最初の試食会は 緊張するものなのです。


丁寧に攻略する事で カウントは重ねれるのですが、
P3260707.jpg
サイズ的には↑↓駆逐艦級~ギリ戦艦級といったところ
大型のバイトが引き出せない感を感じるんですよね。

IMG_20200327_220609.jpg
今までのマテリアルの感じで振りこんでて
釣れるものの なんか違う感じを受ける・・・

このなんか違う部分が、
旧マテリアル と新マテリアルの特徴の差なんだと、
そう理解
しまして、

ここからは
振り方を変えながら この差の探究を開始です。

そんで、カウントしながら 試行錯誤を繰り返しまして
IMG_20200327_220501.jpg
↑このサイズにたどり着き なんとなく 理解出来た・・
そんな試食会でございました。

釣れる事・・と言うか 釣れるマテリアルである事は太鼓判!!。
ただ、昨年とは ほんの少しですが
特徴が異なるマテリアル
となってますね。

耐久力を上げれば 絶対に同じな筈無いので・・
当然と言えば 当然ですが・(笑)。

この新型マテリアルの登場で
新旧のローテーションは 確実に可能となりますし、

バスに対するアピールの方向が若干違う
使い分けで可能と言う事なので、
なんか、わくわくしますね。

この新マテリアルの特長については
もう少しだけフイールドで釣り込んだ上で、
近々に 改めてブログに書かせていただきますね。

そんなこんなで 試食会 無事終了。

ではでは。

スポンサーサイト



  1. 2020/03/26(木) 23:30:59|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する