FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

ショートタイムで攻略戦

P3300750.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

外仕事が予定より早く終ったので、
その足で ちょこっとフィールドへ。

アライブ4 ver2020の第2回試食会として、
新採用されたマテリアル×アンダーショットで
バスさんの ご意見を聞かせていただいた次第です。

P3300758.jpg
今日のフィールドは、
水温低下&濁り+増水 という状況下だったので
スローな展開を余儀なくされましたが、

アライブ4は、任務をキッチリ決めてくれる
そんな頼れる存在なので、
短時間ながら 確実にコンプリートでした。


そうそう、今日は もう1つ 書く事がありましたね。

前回スペースの関係で書けなかった

「今期から採用の新マテリアルは、
今までのマテリアルと どう違うのか?」

このお題について 書いてみようと思います。

P3300763.jpg
まず マテリアルが確実に違う事
これは ワームにフックを刺した瞬間に
その抵抗と言うか 感触の違いで体感できると思います。

少しグリップを感じると言いましょうか?
刺した時に滑り難い抵抗感を感じるんですよね。

実際、マテリアルの強度は向上してますし、

このグリップ感の効果なのか?
ジグヘッド、オフセットフック共に
以前よりも 格段にズレ難くなっています。


P3270719.jpg
アライブのマテリアルが釣れる理由
素材浮力&素材の張り
は そのままに
粘り がブラス>されたようなニュアンスのマテリアル

新マテリアルは そんなイメージの素材となってます。

今までの素材に 粘り がプラスされた事で
マテリアル的な方向性は
より水を押す方向性に 若干ですがシフト
しまています。
この部分が新マテリアルの最大の特徴ですね。

因みに 水を押す方向にシフトした分
ピッチスピードが若干ですが抑えられている
そんな感じがありまして・・
この部分が欠点 ですね。

新マテリアルは 今までのマテリアルとの比較で、
〇波動=大 方向へシフト。
〇ピッチ=スピード(アクションのキレ)は若干マイナス
      逆に 表現力は 若干プラス。

といった特徴を持った素材。

この特徴を踏まえて
今までのマテリアル と 新マテリアルを運用する事で、

それぞれのマテリアルの性能を120%引き出すことが
可能
となりますよ。

是非、意識して運用してみてください。

そんなこんなで 作戦は 
攻略戦立案フェーズへと移行します。

作戦立案次第 インフソメーションお届けです。

ではでは。

スポンサーサイト



  1. 2020/03/30(月) 20:01:21|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する