FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

タイニーカイシン 攻略インフォメーション

P9011287.jpg

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今日は、店主の心変わりで
急遽 実戦配備が決定しました新鋭機 

NOIKE タイニーカイシン
の攻略インフォメーションお届けです。


最初は全くピンとこなかった・・そんな存在

私自身、最初 この機体のアクションを見たのが 早春だった為
まったく ピンとこなかった事を 強く覚えています。

最初の頃にも、釣れるには釣れたのですが、
他のチャターを 凌駕 できてる感覚(重要!!)が全く感じられず
「だったら コレで無くてもいいな・・」 という判断止まりでしたね。

そんな状況が一変したのは 今年の7月ごろ・・
ちょうど 水温26度位に さしかかったタイミング位から
その評価が一変します。

ある日 偶然攻略の流れで
このタイニーカイシンを試しに使ってみた所、

チャターに有利ではない
沖のサスペンダーの捕食スイッチがポンと 入ったんです。

最初は偶然かな?なんて感じで捉えてたんですが、
その後、タイニーカイシンは
延々とヒットを量産し続けまして、

気付けば、探究機体の1つにピックアップされ
「来年まで大切に暖めよう!!」と、思ってましたモンね。

後々 冷静に考えれば 
この超高速ピッチだからこそ
高水温のを魅了できる。

そして気弱なサスペンダーを誘惑出来る訳でして、
いわば必然。

この事に気付かないなんて 俺の目はフシ穴なのか?
と、正直 ちょっと落ちましたモンね(笑)。



P9011294.jpg
NOIKE タイニーカイシン (7g)

このタイニーカイシンは、
チャターといえば確かにチャターなのですが、

通常のチャーターとは一線を介した存在
タイトハイピッチアクションの高速ピッチ型チャターです。

見た目のアクションは、非常にタイトで早い。

通常よくある チャターの多くが
早目のアクション×大きな波動 といった設定なのに対し、

このチャターは、波動の大きさを無視し、
全ての出力を振幅数=ピッチに持って行った
特殊設定仕様のチャター。


通常のチャターの立ち位置をストライクゾーンだとすれば
ストライクゾーンを 大きく外した位置に居る位
その持って行き方が ハンバ無い・・・

そんな ある意味 唯一無二な存在です。

IMG_20200902_141506.jpg
タイニーカイシンの最大の特徴 それは

高水温下のバスのトリガーを引きまくる高速波動
これに尽きます。

更に 1つ特徴を上げるのであれば、
圧倒的にサスペンダーに効く
と言う部分。

この2つの特徴は、
高速ピッチアクションを実現して
始めて可能となる性能
でして

大きくストライクゾーンを外した立ち位置にいる
タイニーカイシンだからこそ実現できる性能です。

タイニーカイシンは、
通常のチャターと同一線上には並ばない存在。


〇高水温対応型チャター
〇サスペンダー攻略型チャター
〇フィネスチャター

という3つの特徴を持った 別腹のチャターベイトです。

故に、使いこなせば 別腹で武器になる。
部隊採用して損は無い存在ですよ。


タイニーカイシンの性能は トレーラーで決まる

タイニーカイシンを使っていて強く感じる事
それは 組み合わせるトレーラーの重要性。

正直、組み合わせるトレーラーの性能次第で
この機体の性能は大きく変化
します。

求められるトレーラーの性能は、

〇自発的に動かない事
 =せっかくの高速ピッチの妨げになるので・・

〇高速波動を増幅するマテリアルの張り
 =タイニーカイシンのアクションにターボを掛ける役割です。

〇タイニーカイシンのアクションに連動して
 ボディ全体でアクションする事

 =波動の捻出

以上、3点。

考え方は タイニーカイシンは
高回転域まで回る高性能エンジン。


そして トレーラーは それに駆動されたブロペラです。

プロペラが勝手に形を変えると エンジンの負荷になる
プロペラのトルクが大きいとエンジンは高回転域まで回らない。
そして、プロペラが効率よく空気を捉えないと 風=波動を生み出せない

故に、流体的に水を受け流す形で
張りのあるマテリアル
そして 水を捉える事の出来る面をもっている事


この3つが重要となる訳です。

その3点を兼ね備えたトレーラーとして
私が推奨するのは、
IMG_20200903_204124.jpg
アライブ4 との組み合せ。

高水温期攻略 & サスペンダー攻略 を重視するのであれば
間違いの無い1択 
です。

P9051349.jpg
因みに 今現時点で 多用しているアライブ 3タイプ。

写真上 カマシャッド(裏カラー)
      =タイトバイブレーティング+プレアクション
写真中 カマンチュ(熟成ワカサギ)
      =タイトバイブレーティング
写真下 モエモエサンダー(熟成)
     =ワイドバイブレーティング
の 3つの震え特性をローテーションしてバスの嗜好に合わせてます。



序にタイニーカイシンには もう1つ有効なテクニックがありまして
それはズバリ「高速巻き」

これは、夏のオーバーハング下等で行うテクニックでして、
NOIKEのF提督が得意とする戦術です。

影の中にアプローチして
高速でリアクションを引き出すテクニック
でして
河川&野池等で非常に有効な夏攻略の引き出しの1つです。

このテクニックに対してのトレーラーは、
P8311271.jpg
↑タイニーカイシン+スモーキンスイマー3
この設定が、ベスト(F提督談)です。

私も、使ってみましたが 釣れますね。

高速巻きをすると
タイニーカイシンの出力自体が上がるので
スモーキンスイマーとの関係性が絶妙になる
みたいです。

この組み合わせも 是非 試してみてください。


今回 実戦投入されるのは
今期攻略を念頭に 傾向から逆算にて選抜した4色。

P9031331.jpg
セクシーブルーシャッド
唯一のガンメタブレード
 ×見え難いクリアースモーク系スカートの組み合せ

絶対に必要な1色です。

P9031333.jpg
ホワイトチャート
シルバーブレード×逆光色+環境色の組み合せ

基本軸の1つとして外せないカラーです。

P9031332.jpg
ピンクシャッド
いわゆる コットンキャンディですね。

シルバーブレード との組み合わせで
河川&リザーバーで強い 夏カラーです。

P9031330.jpg
チャートアユ
 今回のラインナップ中 最もバキューム力の強いカラーです。

シルバーブレードとの組み合わせで
サーチベイトとしての活用価値大 のカラーです。

以上、状況対応を考えた 布陣4色で、お届けです。


今回の確保数は 各色 約100機
(サイド3に現存する全てを確保しました
 よってカラーによりバラバラです。)

価格は、1機 1000円+消費税 です。

攻略戦は
9月11日(金) 21:00より開始!!


21:00にUPされます
ブログ内の注文受付フォームより
完全早いモン勝ち 売切れ御免にて受付です。


因みに 部隊配備は9月12日(土)より随時OKです。


店主の心変わりから急遽実戦投入が決定した
高速ピッチ型チャター タイニーカイシン。

この新しい可能性には乗っからなきゃ損
何故なら 完全な 勝ち馬だからです(笑)。

是非前向きに ご検討 よろしくお願いします。

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2020/09/08(火) 23:30:31|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する