fc2ブログ

GBI日報

釣り道具屋 GROOVER’S BEND の店主 「桑野」の日記でございます。

マイクロクランキングのススメ vol4 タックル解説

みなさんこんにちは。GROOVER’S BENDの桑野です。

今回は、マイクロクランキングのススメの vol4

マイクロクランキングのタックルについて
書かせていただこうと思います。

それでは張切って行ってみましょう!!。


IMG_20210820_194947.jpg
マイクロクランキングは、

特定のクランクベイト
アンカー効果がマイナスに働く機体
を使用し、

細いライン+オールソリッド
+ノーマルキアのスピニング

の 組み合わせで巻くテクニック。

このバランスで ギミックが発動するので
タックルチョィスは マジで重要
です。

ここでは、私のタックルをベースに
解説をしてみたいと思います。

 
IMG_20210820_190142.jpg
クランクベイト
=アンカー効果がマイナスに働く機体をセレクト。


前回 書かせていただきましたが
マイクロクランクに対応できるのは
アンカー効果がマイナスに働く 希少機体のみ。


このアンカー効果がマイナスに働く機体は、
正直、少なくて
今 現在 見つかってるのは3種のみ。

その内2機種は、既に廃盤なので、
実質 入手可能なのは、
P8272294.jpg
ラッキークラフトLC0.3 一択となります。

今から先 新しく有能な機体が
生まれてくるかもしれませんが、
現時点では一択なので、

マイクロクランキングをマスターする為には
まず LC0.3 を ある程度潤沢に
準備することが重要
となりますね。


P8162269.jpg
ライン=フロロカーボン4ポンド以下

ラインに求められるのは、高比重の細いライン
=フロロカーボンの4ポンド以
下 となります。

3ポンドでも、2.5ポンドでもOKなのですが、
マスターすれば
意外な程 大型がバイトして来ますので

可能な限り太い方が有利=4ポンド
という判断です。

因みに、今現在4ポンドだと決めてる理由
現在の一択=LC0.3が 5ポンドだと
レスポンスが下がるから・・
です。

LC0.3以外に 有能なクランクが見つかれば
もしかすると今後 5ポンドまでOKと
なるのかもしれません
が、

現時点では4ポンドだと言う判断です。
P8212277.jpg

因みに 私は、デット オア アライブの4ポンド
で覚えたので この4ポンドを使用しています。

(感覚的な部分が大きいので
 ミドストがそうであるように
 ラインの銘柄は途中で変えない方がGOODです。)



P8212280.jpg
ロッド=オールソリッド

これは、絶対ではありませんが・・

正直 大きく効率が伸びるので
高次元での運用を考えるのであれば
オールソリッドを使うことをオススメ します。

具体的には、
オールソリッドのシャッド用ロッドがベスト。

シャッドとの併用が基本なので、
シャッドロッド=マイクロクランクロッド
という考え方でOKです。

私は、試作機のFC60専用機
クイックブースター
を愛用してますが、これは手に入らなので・・(笑)

P8162268.jpg
既存のラインナップからのチョイスでは、
BOOST【TI】イグナイター(推奨)
or BOOST【TI】インデックス(GOOD)

の2機の内のどちらか がオススメです。


P8162270.jpg
リール=ノーマルギア(重要)

リールは、ノーマルギアのスピニングがマストです。

飛距離が出やすい
ドラグ性能の高いモデルの2000番~2500番

をセレクトすることが基本。

マイクロクランクキングは
基本 低速域を軸に展開しますので

1回転の巻取り距離と、
巻き感のバランスが重要でして

私は、巻き感の観点から
2500番クラスを使用しています。


以上が、今現在のベストバランスです。

参考にしてください。

そんでもって 次は具体的な使用方法ですが、
これを書き出すと 不毛な長さに成るので、

百聞は一見に・・と言う事で
↓GBI月報内の マイクロクランキング特集
 を
参考にして下さい。


因みに、ユーザーの皆さんには、更に掘り下げた??
ユーザー限定動画が届いている
と思います。

そちらも 合わせて 参考にして下さいね。

そんなこんなで 心に移りゆく事を
そこはかとなく書いてみました。

参考にしていただければ 幸いです。

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2021/08/29(日) 08:00:00|
  2. ルアーマニアックス
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する