FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

大潮トラップ・・・

マサ子さん・・キャッチ!!
みなさんこんにちは。

今日はソルトウオーターのシュートフイッシング修行に行ってきました。

お題的には、サワラ&青物混成ナブラの「もぐらたたき」をTOP&フライで追求し、青物を選んでキャッチしようと言うもの。

今日のタイミングだったら悪くないと言う判断で水曜日に急遽アタックチームが結成され本日の作戦行動となったのですが・・・。
実にこの時点で大きな勘違いをしておりまして、今朝港に着いた時点での何気ない会話でその勘違いが判明な訳です。

漁労長「今日は長潮だろ?満潮時間をモードで調べてみて・・」

作戦工作員内本「何言ってんですか!!今日は大潮ですよ隊長。」

漁労長「・・・・ん、????お、大潮!!・・・・・・・。」

そうです!!あまりの忙しさ(言い訳)の為か??1週間先のタイドテーブルが頭にイメージされておりまして・・・早い話10月30日(今日)を11月6日と勘違いしていた訳です。

「お、お大潮なのか・・・。」
漁労長の発した語尾がいやに力抜けした・・・そして言葉が含む一抹の不安。
そしてまるで仕組まれたかのように「大潮」に起因した嫌なニュアンスは現実となり、その後アタックチームに試練として降りかかる結果となる訳ですよ。

通常大潮といえば基本海の魚にとってはアクレッシブモードになりやすい流れ(潮流)が大きく起こる潮周り。パッと見、ベストだ・・と判断しやすいのですが、今日の場合はそうとも限らない訳でして・・・。
と、言うのも・・・
今回のナブラはここんとこのデータから超小型の鰯をベイトとして構成されていまして、この鰯のタナが表層付近をキープできないと遊泳力の弱いベイトに対する「ジャンジャンバリバリ系」のナブラは起き難いと安易に予想される訳です。

この表層に溜まる条件を崩すもの・・それが潮流だとすれば・・・・
必然的にアップタイドでは表層。ダウンタイド=流れを生みますから泳層が深くなりやすい・・といった予想が生まれる訳でして・・・

ちなみに今日の満潮は10時前後・・・つまり10時以降ナブラは急減する(可能性が高い)かも??なのです。

そして・・・あくまでも確率からの予想である「ダウンタイドナブラ消滅説」は・・AM10時を境に現実のものとなった訳です。いやはや当たらんで良い予想は良く当る・・・・人生の縮図を垣間見たAM10時過ぎでした。

10時まではナブラシュートの模擬演習を楽しめなのですが、タイドチエンジ以降は「ナブラが立たなきゃナブラは撃てない・・のである」的現実が襲い掛かりまして・・・

そこから打開策を見つけ出す旅の始まりです。
まず考えたのは
①ベイトフイッシュ自体が鰯ではないエリアの探求。(=鰯でなければ沈まない・・かも?)
=相当走りました(約1時間)が戦艦やまだの制海域にそのような表層キープの他のベイトは存在しておりませんでした。
②鰯が沈まないエリアを地形から追求
=結果的にこの選択はある程度捉える事ができました。
このエリア発見=打開策の構築完了に有した時間は約3時間・・・つまりPM2時から潮止まりまでの時間をなんとか演習可能に持ち込めた・・訳です。
ただ、地形の干渉がゴツくないと鰯に泳層が守れなかったので青物の居るエリアからは大きく離れてしま・・結果サワラメインとなってしまった・・とうオチもおまけでついてきましたけど・・・ね。
自作のフライです。

ここからは、サワラの中から青物・・ではなく、かなりキョドッた感じの薄いサワラの群れをピンポイントで撃ちTOP&フライでバイトに持ち込む・・とった演習内容に変更となまして・・・

その後、見せる(漂わせる)TOPテク&鰯の薄い群れをフライでブレイクしコールアップを演出するシュートテクの巧い下手が勝敗を分ける・・といったサワラ相手にガチな攻略が展開された訳です。

これはこれで非常に面白かった。喰わない状態のサワラは「簡単に釣れるそれ」とはまったく別物。ゲームとしては喰わない方が面白い・・ですね。
ここからストップフイッシングまでサワラ相手に雄叫びを上げてやりましたよ大人気なく・・ね。

いやはや・・オオボケでしたが面白い1日でした。



話は変わって・・
明日はガイドですので開店時間が遅れます。
明日の開店時間はPM5:00です。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくおねがいします。

ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2008/10/30(木) 23:20:04|
  2. ソルトウォーター
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する