FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

半端なタイミング・・・微妙です

駆逐艦級・・・山椒(中)にて
みなさんこんにちは。GROOBER'S BENDの桑野でございます。

本日は木曜日・・つまり修行の日。
と、言う事でクランク男引き修行にどっぷり漬かってきました。

今日は、ある意味で「凄く興味深いシュチエーション」が展開され楽しかったんですが・・・
その反面、そーと疲れ、そんで釣果的にも微妙でしたね。

今日は、前夜に風を伴った中途半端に冷たい雨が振り、その後高気圧が急速に進行、そのタイミングでこれまた中途半端・・と言える若干南ががった西南西の風。

そんでその高気圧の進行に時間差をつける形でお昼過ぎから急速に寒気が流れ込み超強風の北西風へと移行したんです。

自然環境の移行が2つの軸でそれぞれの可能性を生みだしてしまい、状況は必然的に混沌化してしまい迷宮を作り出した・・これが今日でした。

この混沌と言うべき、活性、ポジション、エリアがそれそれの要因により2極化した状態・・・特に午前中の寒気が流れ込み始めるまでの時間は、私の攻撃範囲の狭間に状況が位置してしまった為、有効な武器が配備されていない為に、なすすべなし・・でした。
G-フラットでキャッチ!!

そんで、寒気が流れ込む時間から真の意味で攻略可能な守備範囲に状況が移行をはじめ、最初の時間帯=山椒(中)、本格的に西北西の強風が吹き始め気温が下がってからはG-フラットで攻略は可能となったんですが・・・状況移行のパターンにより駆逐艦級の個体が異常にアグレッシブとなってしまい、空母級攻略に対しての部厚い壁を形成。

結果、弾を打てども当たるのは駆逐艦級・・といった状況を打破できずに日没を迎えてしまいました。

午前中の攻略に対して有効なウエポンを見出せていれば・・あるいは戦況は変わったかも知れませんが・・午後は、結果を導き出す為に「引き運」が問われる・・といった状況でしたので理論や戦略でなしえる確立は低かったと思います。

まあ、駆逐艦級ばかりでもこの時期にクランクで釣れることは非常にエキサイティングて、楽しい事には変わりはないんですが・・・ね。

とにかく、守備範囲の隙間は努力で埋めないと1シーズンに数回、このような狭間にハマってしまいます。まだまた探求の旅を続けないと・・そんで実戦面でも修行あるのみ・・です。
山椒(中)・・本当の名前はま決まってないんです。

そんなこんなで又次回。
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2008/12/25(木) 16:32:25|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する