FC2ブログ

GBI日報

タックルショップ&カスタムロッドファクトリー「GROOVER’S BEND」の店主「桑野」の日記でございます。

北山湖 男のクランキング・・渋い!!

クランキング・・渋く深い釣りです!!
みなさんこんにちは。GROOBER'S BENDの桑野でございます。
今日は、実習で1日北山湖で鬼教官をやってきました。

今日のテーマは、この時期特有の2極化したバスの把握と攻略。
一気に水温が11度後半まで下がった北山湖で吠えまくりでした。

この時期、バスのポジションは越冬意識タイプと、そうでないタイプに2極化を始めます。越冬を意識しているタイプは越冬エリアに向かい徐々に生活圏を下げながら越冬ポイント付近に終結を始めてます。

そんで、そうでないタイプは根性で・・というよりベイトフイッシュが居るからといった理由(おそらく)でシャローに強引にサスペンドして居残ってまして・・今日は基本ワームを使わないで、前者を鉄板&テールスピナー。後者をクランキングで攻略する事で、それぞれのタイプの存在と特性を把握しよう・・と言った目的で作戦が展開されました。

参加した若人の殆どが鉄板での課題クリアーは簡単にこなしたものの、シャローサスペンダーの攻略に四苦八苦してましたね。

この時期のシャローサスペンダーの難易度はA。鉄板でのDEEP攻略がE位ですから、かなり難しいんです。しかし、一度当てると20~30%位ウエイトがアップするので、選択肢の一つとして使えるか否かで自身の攻撃力が大きく変化するんです。故にシャローサスペンダーの攻略はマスターする価値があるんですね。

このタイプの攻略のキモは、ズバリ!!その日のバスが反応するクランクベイトを選べるかどうか??・・つまりクランク選びで釣れるか否かが決まってしまうんです。
ダブルヒット・・なんかもあったりして・・

ちなみに、今日は急に水温が下がったこと、水位が1mほど上昇した事、そしてターン後に形成された躍層の位置なんかから1.8mラインをマークできる超ハイピッチタイプのクランクがビンゴでした。

本来ならもっと浅いラインとなる事が多いので特別だった・・んですね多分。

結果、このバスの嗜好にアジャストできた若人は良い釣りができ、そうでなかった若人達は表情を曇らせていましたね。まあ、表情を曇らせていた・・そんな経験をできたアングラーの方がその後の努力で大きく伸びることが多々なので、ある意味苦汁は舐めるべき・・だと言えないことはないんですが・・。

かんばってくれたまえ・・若人達よ!!。期待しているぞ!!・・・と鬼軍曹風に締めくくり・・
ではでは。
スポンサーサイト



  1. 2009/11/20(金) 20:25:31|
  2. バスフイッシング
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する